最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

アプリの作成

App Designer、プログラムのワークフロー、または GUIDE を使用したアプリ開発

アプリとは、自己完結型の MATLAB® プログラムであり、シンプルなポイント アンド クリック インターフェイスをコードに提供します。アプリには、メニュー、ボタンおよびスライダーなどの対話制御があり、それらをユーザーが操作すると、特定の命令が実行されます。また、アプリには、データの可視化や対話型のデータ探索のためのプロットを含めることもできます。アプリは、パッケージ化して他の MATLAB ユーザーと共有するか、MATLAB Compiler™ を使用してスタンドアロン アプリケーションとして配布します。

次の表は、アプリを作成するためのさまざまな方法をまとめています。詳細な比較については、アプリの作成方法を参照してください。

アプリ作成のアプローチ説明
App Designer

App Designer は MATLAB でアプリを作成するのための推奨環境であり、GUIDE 開発環境の後継になります。

App Designer は機能豊富な開発環境であり、対話型コンポーネントの大規模なセット、ロバストなプログラミング ワークフロー、レイアウト マネージャー、およびアプリが画面サイズの変更に応ずるようにする自動リフロー オプションが提供されます。MATLAB Compiler をお持ちの場合は、App Designer を使用して Web アプリを作成できます。

プログラムのワークフロー

このアプローチでは、MATLAB 関数を使用して従来の Figure を作成し、プログラムによってその Figure に対話型コンポーネントを配置します。

GUIDE (非推奨)

GUIDE は推奨されないドラッグ アンド ドロップ環境で、App Designer に置き換えられており、将来のリリースで削除される予定です。

既存の GUIDE アプリは、GUIDE が削除された後も引き続き MATLAB で動作しますが、GUIDE 環境を使った編集はできません。既存の GUIDE アプリを引き続き編集するには、将来の MATLAB リリースとの互換性維持に役立つ方法について、GUIDE の移行策を参照してください。新たなアプリの作成には、App Designer を使用してください。