ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

アプリの作成

App Designer、GUIDE、またはプログラム ワークフローを使用したアプリ開発

アプリとは、自己完結型の MATLAB® プログラムであり、シンプルなポイント アンド クリック インターフェイスをコードに提供します。アプリには、メニュー、ボタンおよびスライダーなどの対話制御があり、それらをユーザーが操作すると、特定の命令が実行されます。また、アプリには、データの可視化や対話型のデータ探索のためのプロットを含めることもできます。アプリは、パッケージ化して他の MATLAB ユーザーと共有するか、MATLAB Compiler™ を使用してスタンドアロン アプリケーションとして配布します。

アプリを作成する複数の方法を次の表にまとめます。詳細な比較については、アプリの作成方法を参照してください。

アプリ作成のアプローチ説明
App Designer

これは機能豊富な開発環境であり、ゲージ、ノブ、スイッチなど、多数の対話型のコントロールを備えています。ほとんどの 2 次元および 3 次元プロットもサポートされます。このアプローチは、極座標プロット、サブプロット、またはマウスやキー押し下げのカスタマイズなどのグラフィックス操作を必要としない、ほとんどのアプリの作成に適しています。MATLAB Compiler をお持ちの場合、App Designer を使用して Web アプリを作成できます。

GUIDE

このドラッグ アンド ドロップ環境は、多くのリリースで利用可能です。GUIDE で作成されたアプリは、他のほぼすべてのリリースと互換性があり、MATLAB のすべてのグラフィックス機能をサポートします。あらゆるタイプのプロットを表示できる簡単なアプリを作成するには、このアプローチを使用します。

プログラムのワークフロー

このアプローチでは、MATLAB 関数を使用して従来の Figure を作成し、プログラムによってその Figure に対話型コンポーネントを配置します。結果のアプリは、GUIDE アプリがサポートする機能と同じ機能をサポートします。あらゆるタイプのプロットを表示できる相互依存コンポーネントを多数使用して複雑なアプリを作成するには、このアプローチを使用します。