Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

アプリの作成

App Designer を使用した対話的なアプリの開発や、MATLAB® 関数を使用したプログラムによるアプリの開発

アプリとは、自己完結型の MATLAB プログラムであり、シンプルなポイント アンド クリック インターフェイスをコードに提供します。アプリには、メニュー、ツリー、ボタン、スライダーなどの対話制御があり、それらをユーザーが操作すると、特定の命令が実行されます。また、アプリには、データの可視化や探索のためのプロットを含めることもできます。

アプリは、App Designer 開発環境を使用して対話的に作成するか、MATLAB 関数を使用してプログラムで作成します。さまざまなアプリ作成方法の概要については、アプリの作成方法を参照してください。最新のアプリの作成に利用可能な UI コンポーネントのリストを表示するには、アプリ作成コンポーネントを参照してください。

アプリは、パッケージ化して他の MATLAB ユーザーと共有するか、MATLAB Compiler™ を使用して Web アプリまたはスタンドアロン アプリケーションとして配布します。

Samples of some commonly used UI components. Click to view a list of UI components available for creating modern apps.