Main Content

このページは機械翻訳を使用して翻訳されました。ここをクリックして、元の英語を参照してください。

サポートされている EDA ツールとハードウェア

協調シミュレーションの要件

開始するには、 MATLAB-HDL シミュレータ接続のセットアップまたはSimulinkでコシミュレーション用の HDL シミュレーターを開始しますを参照してください。

Cadence Xcelium要件

MATLAB®およびSimulink®は、 Cadence®を使用したHDL Verifier™ 検証ツールをサポートしています。64 ビット バージョンのXcelium™のみが協調シミュレーションでサポートされています。現在のリリースに対して完全にテストされているこの推奨バージョンを使用してください。

  • Xcelium 2022.09

HDL Verifier共有ライブラリ (liblfihdls*.soliblfihdlc*.so ) は、 TGに含まれるgccを使用して構築されますCadence Xceliumシミュレータ プラットフォームのディストリビューション。独自のアプリケーションを構築している場合は、使用しているgccのバージョンと一致するライブラリのバージョンを選択してください。独自のアプリケーションを構築してリンクする方法の詳細については、HDL シミュレーターのドキュメントを参照してください。

Mentor Graphics QuestaおよびModelSimの使用要件

MATLABおよびSimulinkは、 Mentor Graphics®を使用したHDL Verifier 検証ツールをサポートしています。以下の推奨バージョンを使用してください。各バージョンは、現在のリリースに対して完全にテストされています。

  • Questa®コア/プライム 2022.4

  • ModelSim® PE 2022.4

メモ

HDL Verifier は、次のバージョンのModelSimをサポートしていません。

  • ModelSim私

  • ModelSim- Intel® FPGA エディション

  • ModelSim- Intelスターター エディション

  • Questa Sim- Intel FPGA エディション

  • Questaシム - Intelスターター エディション

Vivadoシミュレーターの要件

MATLABおよびSimulinkは、Xilinx® TGVivado®検証ツールをサポートしています。現在のリリースに対して完全にテストされているこの推奨バージョンを使用してください。

  • Xilinx Vivado 2022.1

FPGA検証要件

Xilinx使用要件

MATLABおよびSimulinkは、 Xilinxを使用するHDL Verifier 設計ツールをサポートします。次の推奨バージョンで FPGA インザループ (FIL) ツールを使用します。

  • Xilinx Vivado 2022.1。

  • Xilinx ISE 14.7

    メモ

    Xilinx ISE は、Spartan®-6、 Virtex®-4、 Virtexの FPGA ボードに必要です。 -5 家族、 Virtex-6 家族。

ツールのセットアップ手順については、 FPGA 設計ソフトウェア ツールのセットアップを参照してください。

Intel Quartus使用要件

MATLABおよびSimulinkは、 Intelを使用するHDL Verifier 設計ツールをサポートします。FIL ツールは次の推奨バージョンで使用してください。

  • Intel Quartus® Prime Standard 21.1

  • Intel Quartus Prime Pro 22.4 ( Intel Arria® 10、 Cyclone®でサポート) $ 10 GX、 Intel Agilex® 7 のみ)

  • Intel Quartus II 13.1 ( Intel Cyclone III ボードのみでサポート)

ツールのセットアップ手順については、 FPGA 設計ソフトウェア ツールのセットアップを参照してください。

マイクロチップの使用要件

MATLABおよびSimulinkは、 HDL Verifierを使用するマイクロチップ設計ツールをサポートします。FIL ツールは次の推奨バージョンで使用してください。

  • Microchip Libero® SoC v12.6 ( SmartFusion® 2 およびRTG4®ボードをサポート)

  • マイクロチップLibero SoC v12.0 ( Polarfire®ボードをサポート)

これらの機能には、Microchip のゴールド ライセンスまたはプラチナ ライセンスが必要です。ツールのセットアップ手順については、 FPGA 設計ソフトウェア ツールのセットアップを参照してください。

FPGAボードの接続

FPGA Board Managerを使用して追加のボードをカスタム追加できます。ボードのカスタマイズでサポートされている FPGA デバイス ファミリを参照してください。

JTAG接続.  ボードへの JTAG ケーブルを介して FPGA インザループ、FPGA データ キャプチャ、または AXI マネージャーを実行できます。ただし、各機能は JTAG ケーブルを排他的に使用する必要があるため、複数の機能を同時に実行することはできません。FPGA やXilinx ChipScope のプログラミングなど、他のツールが JTAG ケーブルにアクセスできるようにするには、 MATLABで JTAG 接続を中止する必要があります。JTAG ケーブルを解放するには:

  • FPGA インザループ — Simulinkモデルを閉じるか、 releaseのSystem object™ メソッドを呼び出します。

  • FPGA データ キャプチャ - FPGA データ キャプチャ ツールを閉じるか、 System objectを解放するか、 Simulinkモデルを閉じます。

  • AXI マネージャー — オブジェクトのreleaseメソッドを呼び出します。

ただし、ノンブロッキング キャプチャ モードでは、共通の JTAG インターフェイスを共有する FPGA データ キャプチャと AXI マネージャーを同時に使用できます。詳細については、FPGA データ キャプチャと AXI Manager の同時使用を参照してください。

ベンダー必要なハードウェア必要なソフトウェア
Intel

USB Blaster I または USB Blaster II ダウンロード ケーブル

  • USB Blaster I または II ドライバー

  • Windows® オペレーティング システム: Quartus Prime 実行可能ディレクトリはシステム パス上になければなりません。

  • Linux® オペレーティング システム: Quartus II 13.1 より低いバージョンはサポートされていません。Quartus II 14.1 はサポートされていません。64 ビットのQuartusのみがサポートされています。 Quartusライブラリ ディレクトリは、 LD_LIBRARY_PATH MATLAB に存在する必要があります。Quartus ライブラリの LD_LIBRARY_PATH の先頭に Linux 配布ライブラリ パスを付加します。たとえば、/lib/x86_64-linux-gnu:$QUARTUS_PATH のようになります。

Xilinx

Digilent® ダウンロード ケーブル

  • ボードにオンボード Digilent USB-JTAG モジュールがある場合は、USB ケーブルを使用します。

  • ボードに標準 Xilinx 14 ピン JTAG コネクタがある場合は、Digilent からの HS2 ケーブルまたは HS3 ケーブルを使用します。

  • Windows オペレーティング システム: Xilinx Vivado 実行可能ディレクトリはシステム パス上になければなりません。

  • Linux オペレーティング システム: Digilent Adept 2。インストールの手順については、Digilent Adept 2 ランタイムをインストールするを参照してください。

FTDI USB-JTAG ケーブル

  • オンボード FT4232H デバイス、FT232H デバイス、FT2232H デバイス搭載の、USB-to-JTAG を実装しているボードでサポート

次の D2XX ドライバーをインストールします。

  • Windows オペレーティング システム: 2.12.28 (64 ビット)

  • Linux オペレーティング システム: 1.4.22 (64 ビット)

インストール ガイドについては、FTDI Chip Web サイトのD2XX Driversを参照してください。

MicrochipJTAG 接続はサポートされていません。

メモ

  • Xilinxプラットフォーム ケーブル USB II は、FPGA 検証ではサポートされていません。

  • Digilent JTAG ケーブル(SimulinkまたはMATLAB )を介して FPGA デザインをシミュレーションする場合、JTAG へのアクセスを必要とするデバッグ ソフトウェアは使用できません。 Vivadoロジック アナライザーなど。

イーサネット接続.  FPGA インザループ、FPGA データ キャプチャ、または AXI マネージャーをイーサネット接続経由で実行できます。単一の HDL プロジェクトでイーサネット接続を介して FPGA データ キャプチャと AXI マネージャーを使用するには、異なるポート アドレスを使用して、FPGA データ キャプチャ IP と AXI マネージャー IP を同じイーサネット MAC ハブ IP に接続します。

Zynq® SoC デバイスでは、処理システム (PS) を介してのみイーサネット インターフェイスにアクセスできます。ホストとハードウェア ボード間のイーサネット通信を実装するには、オペレーティング システム (OS) および関連ソフトウェア アプリケーションが PS 上で実行される必要があります。ハードウェア セットアップ アプリを使用して、SD カードのセットアップをガイドし、互換性のある OS でボードを起動します。

必要なハードウェアサポートされているインターフェースa必要なソフトウェア
  • ギガビットイーサネットカード

  • クロスオーバーイーサネットケーブル

  • イーサネット接続をサポートするFPGAボード

  • SD カード ( Zynq SoC デバイス用)

  • Gigabit Ethernet — GMII

  • Gigabit Ethernet — RGMII

  • ギガビットイーサネット - SGMII

  • Ethernet — MII

  • Ethernet — RMII

イーサネット接続にソフトウェア要件はありませんが、ホスト コンピュータ上のファイアウォールが UDP 通信を妨げないようにしてください。

a The HDL Verifier Support Package for Microchip FPGA Boards supports only SGMII interfaces.

メモ

  • FPGA データ キャプチャと AXI マネージャーは、GMII、MII、および SGMII インターフェイスのみをサポートします。

  • RMII は、2019.2 より古いVivadoバージョンでサポートされています。

  • Virtex-7 VC707 へのイーサネット接続は、2013.4 より古いVivadoバージョンではサポートされていません。

  • HDL ワークフロー アドバイザーの AXI マネージャーと FPGA データ キャプチャは、プログラマブル ロジック (PL) イーサネットのみをサポートします。PS イーサネットはサポートされていません。

  • HDL ワークフロー アドバイザーの FPGA データ キャプチャは、SGMII インターフェイスをサポートしていません。

FPGA検証用にサポートされているFPGAデバイス

HDL Verifier は、次の表に示すデバイス上の FIL シミュレーション、FPGA データ キャプチャ、および AXI マネージャーをサポートします。これらのボードのボード定義ファイルはFPGAボードサポートパッケージをダウンロードにあります。FPGA ボードのカスタマイズ (FPGA ボードのカスタマイズ) を使用して、FIL、FPGA データ キャプチャ、および AXI マネージャーで使用する他の FPGA ボードを追加できます。

メモ

AXI マネージャーは、 Xilinx Zynq UltraScale+™ MPSoC ZCU102 評価キットの USB イーサネット インターフェイスのみをサポートします。

デバイス ファミリボードイーサネットJTAGPCIエクスプレスコメント
FILFPGA データの取得AXI ManagerFILFPGA データの取得AXI ManagerFILaFPGA データの取得AXI Manager

Xilinx Artix®-7

Digilent Nexys™ 4 Artix-7

x  xxx    
Digilentアーティ ボードxxxxxx    

Xilinx Kintex®-7

Kintex-7 KC705 開発ボードxxxxxxx x 

Xilinx Kintex UltraScale™

Kintex UltraScale FPGA KCU105 評価キット

xxxxxx  x 

Xilinx Kintex UltraScale+

Kintex UltraScale+ FPGA KCU116 評価キット

 xx xx  x詳細については、PCI Express AXI Managerを参照してください。

Xilinx Spartan-6

Spartan-6 SP605 開発ボードx         
Spartan-6 SP601 開発ボードx         
XUP アトリスSpartan-6x         

Xilinx Spartan-7

Digilentアーティ S7-25   xxx    

Xilinx Virtex UltraScale

Virtex UltraScale FPGA VCU108 評価キット

xxxxxx  x 

Xilinx Virtex UltraScale+

Virtex UltraScale+ FPGA VCU118 評価キット

 xxxxxx x 

Xilinx Virtex-7

Virtex-7 VC707 開発ボードxxxxxxx x 
Virtex-7 VC709 開発ボード   xxxx x 

Xilinx Virtex-6

Virtex-6 ML605 開発ボードx         

Xilinx Virtex-5

Virtex ML505 開発ボードx         
Virtex ML506 開発ボードx         
Virtex ML507 開発ボードx         
Virtex XUPV5–LX110T 開発ボードx         

Xilinx Virtex-4

Virtex ML401 開発ボードx        

メモ

Virtex-4 デバイス ファミリのサポートは、将来のリリースで削除される予定です。

Virtex ML402 開発ボードx        
Virtex ML403 開発ボードx        

Xilinx Zynq

Zynq-7000 ZC702 評価キット

x xxxx   

このボードは PS イーサネットをサポートしています。

Zynq-7000 ZC706 評価キットx xxxx   

このボードは PS イーサネットをサポートしています。

ZedBoard™x xxxx   

プログラミングには「PROG」とマークされた USB ポートを使用します。

このボードは PS イーサネットをサポートしています。

ZYBO™ Zynq-7000 開発ボード

   xxx    
PicoZed™ SDR 開発キット   xxx    
MiniZed™    xx    

Xilinx Zynq UltraScale+

Zynq UltraScale+ MPSoC ZCU102 評価キット

x xxxx   

このボードは PS イーサネットをサポートしています。

このボードは、USB イーサネット インターフェイス上の AXI マネージャーをサポートします。詳細については、USB Ethernet AXI Managerを参照してください。

Zynq UltraScale+ MPSoC ZCU104 評価キット

   xxx    

Zynq UltraScale+ MPSoC ZCU106 評価キット

   xxx    

Zynq UltraScale+ RFSoC ZCU111 評価キット

x xxxx   

このボードは PS イーサネットをサポートしています。

Zynq UltraScale+ RFSoC ZCU216 評価キット

x xxxx   

このボードは PS イーサネットをサポートしています。

Xilinx Versal®

Versal AI コア シリーズ VCK190 評価キット

x  xxx    

Intel Arria II

Arria II GX FPGA 開発キットx xxxx  x 

Intel Arria V

Arria V SoC 開発ボード - Rev. C  xxxx    
Arria V スターター キットx xxxx  x 

Intel Arria 10

Arria 10 SoC 開発キットx xxxx   

イーサネット接続の場合は、 Quartus Prime 16.1 以降を使用します。

Arria 10 GX FPGA 開発キットx xxxxx x

イーサネット接続の場合は、 Quartus Prime 16.1 以降を使用します。

Quartus Prime 18.0 は、 Arria PCI Express® 10 GX には推奨されません。

Intel Agilex 7Intel Agilex 7 FPGA I シリーズ トランシーバー SoC 開発キットx        

このボードは PS イーサネットをサポートしています。

Intel Cyclone IV

Cyclone IV GX FPGA 開発キットx xxxx  x
DE2-115 開発教育委員会x xxxx   Altera® DE2-115 FPGA 開発ボードには、2 つのイーサネット ポートがあります。FIL はイーサネット 0 ポートのみを使用します。必ずイーサネット ケーブルを介してホスト コンピュータをボードのイーサネット 0 ポートに接続してください。
BeMicro SDKx xxxx    

Intel Cyclone III

Cyclone III FPGA スターター キット  xxxx   

Altera Cyclone III ボードはQuartus II 13.1 でサポートされています

メモ

Cyclone III デバイス ファミリのサポートは、将来のリリースでは削除される予定です。

Cyclone III FPGA 開発キットx xxxx   
Altera Nios II 組み込み評価キット、 Cyclone III エディションx xxxx   

Intel Cyclone V

Cyclone V GX FPGA 開発キットx xxxx  x 
Cyclone V SoC 開発キット   xxxx   Rev.CまたはD
Cyclone V GT FPGA 開発キットx xxxxx x 
Terasic Atlas-SoC キット / DE0-Nano SoC キット  xxxx    
Arrow® SoCKit 開発キット  xxxx    

Intel Cyclone 10 LP

Altera Cyclone 10 LP 評価キット

  xxxx    

Intel Cyclone 10 GX

Altera Cyclone 10 GX FPGA 開発キット

  xxxx  x

Quartus Prime Pro と一緒に使用する必要があります。

Intel MAX® 10

Arrow DECA MAX 10 FPGA 評価キット

x xxxx    

Intel Stratix® IV

Stratix IV GX FPGA 開発キットx xxxx  x 

Intel Stratix V

DSP 開発キット、 Stratix V エディションx xxxxx x 

マイクロチップSmartFusion 2

マイクロチップSmartFusion 2 SoC FPGA 高度な開発キット

x        Microchip SmartFusion 2 SoC FPGA アドバンスト開発キットのインストールを参照してください。

マイクロチップPolarfire

マイクロチップPolarfire評価キット

x        Microchip Polarfire 評価キットのインストールを参照してください。Libero SoC v12.0 で使用します。

マイクロチップRTG4

RTG4-DEV-KIT

x         

a FIL over PCI Express connection is supported only for 64-bit Windows operating systems.

制限

  • 複数の FPGA デバイスを備えた FPGA 開発ボードの場合、FIL で使用できるデバイスは 1 つだけです。

FPGAボードサポートパッケージ.  FPGA ボード サポート パッケージには、サポートされているすべてのボードの定義ファイルが含まれています。1 つ以上のベンダー固有のパッケージをダウンロードできます。FIL を使用するには、これらのパッケージの少なくとも 1 つをダウンロードするか、独自のボード定義ファイルをカスタマイズします。カスタム FPGA ボード定義の作成を参照してください。

HDL Verifierサポート パッケージのリストを確認するには、 HDL Verifier Supported Hardwareにアクセスしてください。FPGA ボード サポート パッケージをダウンロードするには:

  • [MATLAB HomeタブのEnvironmentセクションで、 Add-OnsGet Hardware Support Packagesをクリックします。

ボードのカスタマイズでサポートされている FPGA デバイス ファミリ

HDL Verifier は、ボードのカスタマイズのために次の FPGA デバイス ファミリをサポートします。つまり、独自のボード定義ファイルを作成する場合です。FPGA ボードのカスタマイズを参照してください。PCI Express は、ボードのカスタマイズでサポートされている接続ではありません。

メモ

Microchip FPGA ボード用のHDL Verifierサポート パッケージは、ボードのカスタマイズをサポートしていません。

デバイス ファミリ制限
XilinxArtix 7 
Kintex 7 

Kintex UltraScale

 

Kintex UltraScale+

 
Spartan 6

イーサネット PHY RGMII はサポートされていません。

Spartan 7 
Virtex 4

メモ

Virtex-4 デバイス ファミリのサポートは、将来のリリースで削除される予定です。

Virtex 5 
Virtex 6 
Virtex 7

イーサネット PHY SGMII のみをサポートします。

Virtex UltraScale

 

Virtex UltraScale+

 
Zynq 7000 

Zynq UltraScale+

 
IntelArria II 
Arria V 
Arria 10  
Cyclone III

メモ

Cyclone III デバイス ファミリのサポートは、将来のリリースでは削除される予定です。

Cyclone IV 
Cyclone V 
Cyclone 10 LP 
Cyclone 10 GX 
MAX 10  
Stratix IV 
Stratix V 

UVM および DPI コンポーネントの生成要件

UVM および DPI コンポーネントの生成は、同じバージョンのCadence XceliumおよびMentor Graphics Questaおよびをサポートします。 $ModelSim は協調シミュレーションと同様です。64 ビットまたは 32 ビットのXceliumで使用する DPI コンポーネントを生成できます。

さらに、UVM および DPI コンポーネントの生成では、以下もサポートされます。

  • Synopsys® VCS® mT-2022.06-SP2

メモ

ModelSim Debian® 10.5b の DPI コンポーネントを実行すると、ライブラリの非互換性エラーが発生する場合があります。

** Warning: ** Warning: (vsim-7032) The 64-bit glibc RPM 
does not appear to be installed on this machine.  Calls to gcc may fail.
** Fatal: ** Error: (vsim-3827) Could not compile 'STUB_SYMS_OF_fooour.so':
この問題を回避するには、 [コンフィギュレーションパラメーター]の[Code Generation]ペインで、次のオプションを試してください。

  • Build configurationFaster Runsに設定します。

  • または、 Build configurationSpecifyに設定し、コンパイラ フラグ-O3を指定します。

UVM の生成には、 UVM standard websiteからダウンロードできる UVM リファレンス実装も必要です。この機能は、サポートされている各シミュレータのデフォルトの出荷バージョンでテストされています。

TLM 生成の要件

現在のリリースでは、TLMG には次のサポートが含まれています。

  • コンパイラ:

    • Visual Studio®:VS2008、VS2010、VS2012、VS2013、VS2015、および VS2017

    • Windows 7.1 SDK

    • gcc6.3

  • システムC:

    • SystemC 2.3.1 (TLM を含む)

      SystemC および TLM ライブラリはhttps://accellera.orgからダウンロードできます。ダウンロード後にこれらのライブラリを構築する方法については、Accellera Systems Initiative の Web サイトを参照してください。

  • システム C モデリング ライブラリ (SCML):

トラブルシューティング

パスが Windows の制限を超えています.  HDL Verifier製品サンプルをWindowsマシンで実行すると、Windowsの 260 文字制限によりエラーが発生する可能性があります。状況によっては、次のようなエラーが発生する場合があります。

Build failed because the build file name(s) exceed the Windows limit of 260 characters. Build from a working directory with a shorter path, to allow build files to be created with shorter filenames.

ただし、多くの場合、 VivadoやQuartusなどのサードパーティ ツールの実行中に長いパスが作成され、それらのツールから生じるエラーは無関係であるように見えます。このようなエラーの例は次のとおりです。

  • ERROR: [Common 17-680] Path length exceeds 260-Byte maximum allowed by Windows: 
    c:\Users\user\OneDrive - MathWorks\Documents\MATLAB\Examples\R2022a\xilinxfpgaboards\
    ZynqEthernet\ethernetaximanagerzynq.srcs\sources_1\bd\design_1\ip\design_1_mig_7series_0_0\
    _tmp\/design_1_mig_7series_0_0/example_design/rtl/traffic_gen/mig_7series_v4_2_axi4_tg.v 
    Please consider using the OS subst command to shorten the path length by mapping part 
    of the path to a virtual drive letter. See Answer Record AR52787 for 
    more information. 
    Resolution: In Windows 7 or later, the mklink command can also be used to create a 
    symbolic link and shorten the path. 

  • WARNING: [Vivado 12-8222] Failed run(s) : 'clk_wiz_0_synth_1', 'simcycle_fifo_synth_1'
    wait_on_run: Time (s): cpu = 00:00:00 ; elapsed = 00:02:16 . 
    Memory (MB): peak = 1636.988 ; gain = 0.000
    # if {[get_property PROGRESS [get_runs synth_1]] != "100%"} {  
    #   error "ERROR: Synthesis failed"
    

  • Error (12006): Node instance "ident" instantiates undefined entity 
    "alt_sld_fab_altera_connection_identification_hub_171_gdd6b5i"
    Ensure that required library paths are specified correctly, 
    define the specified entity, or change the instantiation.
    If this entity represents Intel FPGA or third-party IP,
    generate the synthesis files for the IP.  

例を実行するルート フォルダーがすでにかなり長い (100 文字を超えるなど) 場合は、長いパスが疑われる可能性があります。

長いパスが検出された場合と検出されなかった場合の両方のシナリオで、エラーを回避するには、次のいずれかの方法を使用します。

  • サンプル ディレクトリを短い文字のドライブ エイリアスにマップします。たとえば、次の例ではパスから 122 文字が削除され、260 文字の制限に対してさらに大きな余裕が得られます。

    cmd> subst W: “C:\Users\janedoe\OneDrive - Personal\Documents\MATLAB\Examples\R2021b\hdlverifier\GettingStartedWithSimulinkHDLCosimExample”

  • サンプルを開いた後、サンプル ディレクトリを短い名前 ( /tmpなど) のディレクトリにコピーします。

認識されない機能.  サードパーティ ツールの複数のバージョンがあるが、ライセンスが付与されているバージョンが 1 つだけの場合 (またはHDL Verifierでサポートされているバージョンが 1 つだけの場合)、 MATLAB でエラーが発生する可能性がありますそのツールを呼び出すときは、 "Unrecognized function"で出力されます。

MATLAB がシミュレータのライセンス版を確実に開くには、次のことを行う必要があります。

  • ライセンス ファイルへのパスを含む正しいライセンス変数を設定します。

  • Path変数がライセンスを取得した実行可能バージョンを指していることを確認してください。