Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ターゲット周波数

このパラメーターは、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [HDL コード生成][ターゲット] ペインにある [オブジェクティブ設定] セクションに存在します。このパラメーターを使用して、複数の機能とワークフローのターゲット周波数を MHz 単位で指定することができます。ターゲット周波数を設定する前に、[合成ツール] を指定していることを確認してください。

設定

既定の設定: 0

この設定は、HDL Coder™ でサポートされる複数の機能とワークフローのターゲット周波数 (MHz) です。サポートされる機能は以下のとおりです。

  • FPGA 浮動小数点ターゲット ライブラリ マッピング: [ALTERA MEGAFUNCTION (ALTERA FP FUNCTIONS)] を使用する場合に IP で達成するターゲット周波数を指定します。ターゲット周波数を指定しない場合、HDL Coder はターゲット周波数を既定値の 200 MHz に設定します。FPGA 浮動小数点ターゲット ライブラリの HDL コードの生成も参照してください。

  • 適応パイプライン: 設計で乗算器を使用する場合、仮数ツールとターゲット周波数を指定します。これらの設定に基づいて、HDL Coder はターゲット プラットフォームで面積とタイミングを改善するために挿入できるパイプラインの数を推定します。ターゲット周波数を指定しない場合、HDL Coder は 0 MHz のターゲット周波数を使用し、適応パイプラインは挿入しません。適応パイプラインも参照してください。

また、HDL ワークフロー アドバイザーで [ターゲット周波数を設定] タスクの [ターゲット周波数 (MHz)] 設定を使用してターゲット周波数を設定することもできます。

次のワークフローのターゲット周波数を指定します。

  • 汎用 ASIC/FPGA: 設計で達成するターゲット周波数を指定します。HDL Coder はそのクロック周波数のタイミング制約を生成します。この制約は、[プロジェクトを作成] タスクで作成した FPGA 合成ツール プロジェクトに追加されます。ターゲット周波数が実現可能ではない場合、合成ツールによってエラーが生成されます。ターゲット周波数は、Microsemi® Libero® SoC ではサポートされません。

  • IP コアの生成: HDL Coder が、その周波数をもつクロック信号を生成するリファレンス設計のクロック モジュール設定を変更するために、ターゲット周波数を指定します。[周波数範囲 (MHz)] 内のターゲット周波数の値を入力します。ターゲット周波数を指定しない場合、HDL Coder は [既定値 (MHz)] のターゲット周波数を使用します。

  • Simulink Real-Time FPGA I/O: [Xilinx ISE] でサポートされている Speedgoat I/O モジュールの場合は、その周波数をもつクロック信号を生成するクロック モジュールを生成するために、ターゲット周波数を指定します。

    [Xilinx Vivado] でサポートされている Speedgoat I/O モジュールは、[IP コアの生成] ワークフロー インフラストラクチャを使用します。HDL Coder が、その周波数をもつクロック信号を生成するリファレンス設計のクロック モジュール設定を編集するために、ターゲット周波数を指定します。[周波数範囲 (MHz)] 内のターゲット周波数の値を入力します。ターゲット周波数を指定しない場合、HDL Coder は [既定値 (MHz)] のターゲット周波数を使用します。

  • FPGA ターンキー: その周波数をもつクロック信号を自動的に生成するためのクロック モジュールを生成します。

コマンド ライン情報

プロパティ: TargetFrequency
タイプ: 整数
値: 0 以上の整数
既定の設定: 0

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。

たとえば、次のいずれかの方法を使用して sfir_fixed モデル内の symmetric_fir サブシステムの HDL コードを生成する際に TargetFrequency を指定できます。

  • プロパティを引数として関数 makehdl に渡す。

    makehdl('sfir_fixed/symmetric_fir', ... 
            'TargetFrequency','300')
  • hdlset_param を使用すると、モデルにパラメーターを設定してから、makehdl を使用して HDL コードを生成できる。

    hdlset_param('sfir_fixed','TargetFrequency','300')
    makehdl('sfir_fixed/symmetric_fir')

参考