Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

FPGA 浮動小数点ライブラリ

Altera® および Xilinx® FPGA 浮動小数点ライブラリへのマッピング

浮動小数点ライブラリにマッピングすることで、浮動小数点を固定小数点に変換する必要なく浮動小数点設計を合成できます。浮動小数点から固定小数点への変換手順をなくすことで、データ精度の損失が低減し、より広いダイナミック レンジのモデル化が可能となります。Simulink® モデルのコードを生成する場合。

モデル設計で Single データ型または Double データ型を使用する場合は、FPGA 浮動小数点ターゲット ライブラリを使用します。HDL Coder™ は設計を Altera または Xilinx FPGA 浮動小数点ライブラリにマッピングできます。

クラス

hdlcoder.FloatingPointTargetConfigSpecify floating-point target configuration for floating-point library
hdlcoder.FloatingPointTargetConfig.IPConfigSpecify IP settings for selected floating-point configuration

トピック

FPGA 浮動小数点ターゲット ライブラリの HDL コードの生成

HDL コードの Altera および Xilinx 浮動小数点ターゲット ライブラリ用のセットアップおよび生成方法

浮動小数点 IP 構成のカスタマイズ

浮動小数点 IP ライブラリのレイテンシまたはターゲット周波数のカスタマイズ方法を学習します。

FPGA 浮動小数点ライブラリのマッピングに対する HDL Coder のサポート

浮動小数点ターゲット ライブラリへのマッピングにおいて Simulink でサポートされるブロックを説明します。