最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

カスタム リファレンス設計のためのカスタム パラメーターおよびコールバック関数の定義

カスタム リファレンス設計を定義する場合、オプションで hdlcoder.ReferenceDesign オブジェクトのプロパティを使用してカスタム パラメーターおよびコールバック関数を定義します。

カスタム パラメーターの定義およびコールバック関数ハンドルの登録

この MATLAB® コードは、カスタム パラメーターの登録方法およびリファレンス設計定義関数内にあるカスタム コールバック関数の関数ハンドルの登録方法を示します。

function hRD = plugin_rd()
% Reference design definition

% Construct reference design object
hRD = hdlcoder.ReferenceDesign('SynthesisTool', 'Xilinx Vivado');
hRD.ReferenceDesignName = 'My Reference Design';
hRD.BoardName = 'ZedBoard';

% Tool information
hRD.SupportedToolVersion = {'2018.3'};

%% Add custom design files
% ...
% ...

%% Add optional custom parameters by using addParameter property.
% Specify custom 'DUT path' and 'Channel Mapping' parameters. 
% The parameters get populated in the 'Set Target Reference Design' 
% task of the HDL Workflow Advisor.
hRD.addParameter( ...
    'ParameterID',   'DutPath', ...
    'DisplayName',   'Dut Path', ...
    'DefaultValue',  'Rx', ...
    'ParameterType',  hdlcoder.ParameterType.Dropdown, ...
    'Choice',       {'Rx', 'Tx'});
hRD.addParameter( ...
    'ParameterID',   'ChannelMapping', ...
    'DisplayName',   'Channel Mapping', ...
    'DefaultValue',  '1');

%% Enable JTAG MATLAB as AXI Master IP Insertion. The IP
% insertion setting is visible in the 'Set Target Reference Design'
% task of the HDL Workflow Advisor. By default, the
% AddJTAGMATLABasAXIMasterParameter property is set to 'true'.
hRD.AddJTAGMATLABasAXIMasterParameter = 'true';
hRD.JTAGMATLABasAXIMasterDefaultValue = 'on';


%% Add custom callback functions. These are optional.
% With the callback functions, you can enable custom 
% validations, customize the project creation, software 
% interface model generation, and the bistream build.
% Register the function handle of these callback functions.

% Specify an optional callback for 'Set Target Reference Design' 
% task in Workflow Advisor. Use property name 
% 'PostTargetReferenceDesignFcn'.
hRD.PostTargetReferenceDesignFcn = ...
    @my_reference_design.callback_PostTargetReferenceDesign;

% Specify an optional callback for 'Set Target Interface' task in Workflow Advisor.
% Use the property name 'PostTargetInterfaceFcn'.
hRD.PostTargetInterfaceFcn     = ... 
    @my_reference_design.callback_PostTargetInterface;

% Specify an optional callback for 'Create Project' task
% Use the property name 'PostCreateProjectFcn' for the ref design object.
hRD.PostCreateProjectFcn       = ... 
    @my_reference_design.callback_PostCreateProject;

% Specify an optional callback for 'Generate Software Interface Model' task
% Use the property name 'PostSWInterfaceFcn' for the ref design object.
hRD.PostSWInterfaceFcn         = ...
    @my_reference_design.callback_PostSWInterface;

% Specify an optional callback for 'Build FPGA Bitstream' task
% Use the property name 'PostBuildBitstreamFcn' for the ref design object.
hRD.PostBuildBitstreamFcn      = ...
    @my_reference_design.callback_PostBuildBitstream;

% Specify an optional callback for 'Program Target Device'
% task to use a custom programming method.
hRD.CallbackCustomProgrammingMethod = ...
    @my_reference_design.callback_CustomProgrammingMethod;

%% Add interfaces
% ...
% ...

カスタム パラメーターの定義

hdlcoder.ReferenceDesign クラスの addParameter メソッドを使用して、カスタム パラメーターを定義できます。前述のコード例では、リファレンス設計は 2 つのカスタム パラメーター DUT Path および Channel Mapping を定義します。addParameter メソッドの詳細については、addParameterを参照してください。

AXI Master IP としての JTAG MATLAB の挿入の指定

既定では、HDL Coder™ によりパラメーター [Insert JTAG MATLAB as AXI Master (HDL Verifier Required)] がすべてのリファレンス設計に追加されます。このパラメーターを on に設定すると、コード ジェネレーターによって自動的に JTAG MATLAB AXI Master IP がリファレンス設計に挿入されます。JTAG MATLAB AXI Master IP を使用すると、FPGA ボードで生成された DUT IP コアの AXI レジスタに MATLAB JTAG 接続を通じて簡単にアクセスできます。Set Up for MATLAB AXI Master (HDL Verifier)も参照してください。

この機能を使用するには、HDL Verifier™ ハードウェアのサポート パッケージがインストールされ、ダウンロードされていなければなりません。Download FPGA Board Support Package (HDL Verifier)を参照してください。

コード ジェネレーターは、AXI Master IP 接続として MATLAB に対応するように [AXI4 スレーブ ID の幅] を調整します。HDL IP コアを生成してリファレンス設計プロジェクトを作成すると、Vivado® ブロック設計を開いてリファレンス設計に挿入されている JTAG MATLAB AXI Master IP を表示できます。

前述のコード例では、リファレンス設計により hdlcoder.ReferenceDesign クラスの AddJTAGMATLABasAXIMasterParameter プロパティと JTAGMATLABasAXIMasterDefaultValue プロパティが定義されます。これらのプロパティは、HDL ワークフロー アドバイザーの [ターゲットのリファレンス設計を設定] タスクで [Insert JTAG MATLAB as AXI Master (HDL Verifier Required)] 設定の既定の動作を制御します。hdlcoder.ReferenceDesign クラスでこれらのプロパティのいずれも指定しない場合、[Insert JTAG MATLAB as AXI Master (HDL Verifier Required)] パラメーターは [ターゲットのリファレンス設計を設定] タスクに表示され、値は off に設定されます。このコード例は、既定の動作を説明しています。

%% Default behavior of Insert JTAG as AXI Master option

% This parameter controls visibility of the option in 
% 'Set Target Reference Design Task' of HDL Workflow Advisor
% By default, the parameter value is set to 'true',
% which means that the option is displayed in the UI. If
% you do not want the parameter to be displayed, set this
% value to 'false'.
hRD.AddJTAGMATLABasAXIMasterParameter = 'true';

% This parameter controls the value of the option in the
% the 'Set Target Reference Design Task' task. By default,
% the value is 'off', which means that the parameter is
% displayed in the task and the value is off. To enable
% automatic insertion of JTAG AXI Master IP in the reference
% design, set this value to 'on'. In that case, the 
% AddJTAGMATLABasAXIMasterParameter must be set to 'true'.
hRD.JTAGMATLABasAXIMasterDefaultValue = 'off';

以下の例を参照してください。

IP コアの生成ワークフローの実行

HDL ワークフロー アドバイザーを開くと、HDL Coder により [ターゲットのリファレンス設計を設定] タスクにリファレンス設計名、ツール バージョン、指定したカスタム パラメーターが入力され、[Insert JTAG MATLAB as AXI Master (HDL Verifier Required)] オプションが on に設定されます。

HDL Coder は次に、これらのパラメーター値をコールバック関数の入力構造体に渡します。

合成ツールが Xilinx® Vivado である場合、HDL Coder はリファレンス設計のパラメーター値を変数に設定します。変数は、ブロック設計の Tcl ファイルの入力となります。このコードの抜粋は、リファレンス設計プロジェクト作成の Tcl ファイルの例です。

update_ip_catalog
set DutPath {Rx}
set ChannelMapping {1}
source vivado_custom_block_design.tcl

コードは、HDL Coder がカスタム ブロック設計の Tcl ファイルに値を設定する前に、リファレンス設計パラメーターを設定する方法を示します。

コールバック関数ハンドルの登録

リファレンス設計定義では、カスタム コールバック関数を参照するために関数ハンドルを登録できます。次を行うことができます。

  • カスタム検証を有効にする。

  • リファレンス設計を動的にカスタマイズします。

  • リファレンス設計プロジェクト作成の設定をカスタマイズ。

  • 生成されたソフトウェア インターフェイス モデルを変更。

  • FPGA ビットストリームのビルド プロセスをカスタマイズ。

  • カスタム FPGA プログラミング方法を指定。

hdlcoder.ReferenceDesign クラスを使用して、コールバックのプロパティ名を定義できます。コールバック プロパティには命名規則があります。コールバック関数には任意の名前を指定できます。HDL ワークフロー アドバイザーでは、コールバック関数を定義して次のタスクをカスタマイズできます。

ワークフロー アドバイザーのタスクコールバックのプロパティ名機能

ターゲットのリファレンス設計を設定

  • CustomizeReferenceDesignFcn

  • PostTargetReferenceDesignFcn

  • PostTargetReferenceDesignFcn はカスタム検証を有効にします。[リセット タイプ][同期] であることを確認する方法を示す例については、PostTargetReferenceDesignFcnを参照してください。

ターゲット インターフェイスを設定

PostTargetInterfaceFcn

カスタム検証を有効にする。特定のカスタム パラメーター設定向けに特定のインターフェイスを選択していないことを確認する方法を示す例については、PostTargetInterfaceFcnを参照してください。

プロジェクトを作成

PostCreateProjectFcn

HDL Coder がプロジェクトを作成するときにカスタム設定を指定します。例については、PostCreateProjectFcnを参照してください。

ソフトウェア インターフェイス モデルの生成

PostSWInterfaceFcn

生成されたソフトウェア インターフェイス モデルを変更。例については、PostSWInterfaceFcnを参照してください。

FPGA ビットストリームのビルド

PostBuildBitstreamFcn

FPGA ビットストリームを作成するときにカスタム設定を指定します。例については、PostBuildBitstreamFcnを参照してください。

ターゲット デバイスをプログラム

CallbackCustomProgrammingMethod

カスタムの FPGA プログラミング メソッドを指定します。例については、CallbackCustomProgrammingMethodを参照してください。

カスタムのコールバック関数の定義

  1. HDL Coder がタスクの実行後に実行する各コールバック関数について、任意の名前をもつ MATLAB 関数を定義するファイルを作成します。

  2. コールバック関数には、ドキュメンテーションにある入力引数と出力引数があることを確認します。

  3. MATLAB パスから関数にアクセスできることを確認します。

  4. コールバック関数の関数ハンドルをリファレンス設計定義関数に登録します。

  5. コールバックのプロパティ名の命名規則に従います。

これらのコールバック関数の詳細については、hdlcoder.ReferenceDesign を参照してください。

参考

|

関連する例

詳細