Main Content

Rectangular QAM Modulator Baseband

長方形直交振幅変調を使用して変調する

  • Rectangular QAM Modulator Baseband block

ライブラリ:
Communications Toolbox / Modulation / Digital Baseband Modulation / AM
Communications Toolbox HDL Support / Modulation / AM

説明

Rectangular QAM Modulator Baseband ブロックは、矩形格子上のコンスタレーションで M-ary 直交振幅変調を使用して入力信号を変調します。出力は、変調信号のベースバンド表現です。

メモ

すべての電力値は公称インピーダンス 1 オームを想定しています。

すべて展開する

doc_qam_mod モデルはRectangular QAM Modulator Basebandブロックを使用してランダム データを変調し、AWGN Channelブロックを使用して信号にノイズを適用します。ノイズを含むチャネルを経由してシンボルを渡した後、モデルはConstellation Diagramブロックを使用して、ノイズを含むデータのコンスタレーション ダイアグラムを生成します。ノイズ レベルを増やすと、コンスタレーション点の信号歪みが増加します。

Random Integer Generatorブロックは、16-QAM を適用するように構成された変調器の範囲 [0,15] の整数を生成します。変調信号が AWGN チャネル経由で渡され、結果のシンボルがコンスタレーション ダイアグラムに表示されます。

AWGN チャネルで Eb/N0 を 20 dB に設定してモデルを実行します。

Eb/No を 20 dB から 10 dB に変更します。ノイズの増加を観察します。

端子

入力

すべて展開する

入力信号。スカラーまたは列ベクトルとして指定します。入力データは、範囲 [0, (M – 1)] のバイナリ値または整数でなければなりません。ここで、M は [M-ary 数] で指定された変調次数です。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean

出力

すべて展開する

矩形 QAM 変調されたベースバンド信号。スカラーまたはベクトルとして返されます。[出力データ型] パラメーターを使用して、出力データ型を指定します。

データ型: single | double | fixed point

パラメーター

すべて展開する

ブロック パラメーターを対話的に編集するには、プロパティ インスペクターを使用します。Simulink® ツールストリップの [シミュレーション] タブの [準備] ギャラリーで [プロパティ インスペクター] を選択します。

メイン

変調次数。2 の正の整数乗として指定します。変調次数は信号コンスタレーション点の数を指定します。詳細については、コンスタレーション サイズとスケーリングを参照してください。

入力タイプ。[整数] または [ビット] として指定し、入力が整数で構成されるかビットのグループで構成されるかを示します。

  • [整数] を使用するには、入力信号が [0, (M – 1)] の範囲の整数で構成されなければなりません。M は [M-ary 数] です。

  • [ビット] を使用するには、入力信号がバイナリ値を含まなければならず、行数は log2(M) の整数倍でなければなりません。

詳細については、整数値信号とバイナリ値信号を参照してください。

シンボルのマッピング順序。[グレイ][バイナリ]、または [ユーザー定義] として指定します。このパラメーターは、ブロックがそれぞれのシンボルを出力ビットまたは整数のグループにマッピングする方法を決定します。

ユーザー定義のコンスタレーション マッピング。範囲 [0, (M – 1)] の一意の整数値をもつ M 要素として指定します。M は [M-ary 数] です。

このベクトルの最初の要素は、コンスタレーションの一番左上の点に対応しており、続く要素は左から右の列方向に実行されます。最後の要素は、一番右下の点に対応します。

依存関係

このパラメーターは、[Constellation ordering]User-defined に設定すると表示されます。

コンスタレーションのスケーリング方法。[Min. distance between symbols][平均電力]、または [ピーク電力] として指定します。詳細については、コンスタレーション サイズとスケーリングを参照してください。

最も近い 2 つのコンスタレーション点間の距離。正のスカラーとして指定します。

依存関係

このパラメーターは、[正規化方式][Min. distance between symbols] に設定すると表示されます。

コンスタレーションのシンボルの平均電力 (ワット単位)。正のスカラーとして指定します。電力値は公称インピーダンス 1 オームを想定しています。

依存関係

このパラメーターは、[正規化方式][平均電力] に設定すると表示されます。

コンスタレーションのシンボルの最大電力 (ワット単位)。正のスカラーとして指定します。電力値は公称インピーダンス 1 オームを想定しています。

依存関係

このパラメーターは、[正規化方式][ピーク電力] に設定すると表示されます。

信号コンスタレーションの回転 (ラジアン単位)。数値スカラーとして指定します。

ブロック マスクで [View Constellation] をクリックして、指定したブロック パラメーターの信号コンスタレーションを可視化します。コンスタレーションを表示する前に、パラメーターの設定を適用します。詳細については、変調器ブロックのコンスタレーションの表示を参照してください。

データ型

出力のデータ型。次として指定します。[double][single][fixdt(1,16)][fixdt(1,16,0)][継承: 逆伝播による継承]、または [<データ型式>]

  • [fixdt(1,16)][fixdt(1,16,0)]、または [<データ型式>] とした場合、より詳しい項目を指定するためのパラメーターが有効になります。

  • 継承: 逆伝播による継承] とした場合、出力データ型とスケーリングは次のブロックに一致するように設定されます。

[データ型アシスタント] は、データ属性の設定を支援します。[データ型アシスタント] を使用するには、[データ型アシスタントを表示] をクリックします。詳細については、データ型アシスタントを利用したデータ型の指定 (Simulink)を参照してください。

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | fixed pointa, b, c | integer | single

多次元信号

いいえ

可変サイズの信号

はい

a 正方の QAM のみ。

b ''input type'' が ''bit'' に設定されている場合、入力が ufix(1) になります。M-ary 変調で ''input type'' が ''integer'' に設定されている場合、入力が ufix(ceil(log2(M))) になります。

c 固定小数点出力は符号付きでなければなりません。

アルゴリズム

すべて展開する

参照

[1] Smith, J. G., "Odd-Bit Quadrature Amplitude-Shift Keying," IEEE Transactions on Communications, Vol. COM-23, March 1975, pp. 385–389.

[2] Proakis, John G. Digital Communications. 4th ed. New York: McGraw Hill, 2001.

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

バージョン履歴

R2006a より前に導入