Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

AUTOSAR 通信

通信ポートとインターフェイスの設定

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントの通信インターフェイスは適切に定義されたポートで構成されます。AUTOSAR コンポーネントはそのポートを通じてその他の AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントまたは基本ソフトウェア (BSW) サービスと通信します。ポートはその通信パートナーに情報を提供するか、その通信パートナーから情報を要求します。コンポーネントが所有する各ポートは、コンポーネントの機能要件に基づいて通信インターフェイスにマッピングされます。次に例を示します。

  • メッセージ パッシング用の送信側/受信側 (S-R) インターフェイス

  • 関数呼び出し用のクライアント/サーバー (C-S) インターフェイス

  • モードベースの実行管理用のモード/スイッチ (M-S) インターフェイス

  • NV データに対するポートベースのアクセス用の非 volatile (NV) データ インターフェイス

  • パラメーター データに対するポートベースのアクセス用のパラメーター インターフェイス

  • トリガーベースの実行管理用のトリガー インターフェイス

コンポーネント ポートの AUTOSAR 通信を設定するには、AUTOSAR インターフェイスを作成し、ポートをそのインターフェイスにマッピングして、インターフェイスの種類によって必要とされるルートの inport または outport などの Simulink® 要素を AUTOSAR ポートにマッピングします。AUTOSAR ディクショナリとコード マッピング エディターまたは同等の AUTOSAR プロパティ関数および map 関数を使用します。

ブロック

Signal InvalidationAUTOSAR ルートの出力端子データ要素の無効化を制御します

関数

getFunctionSimulink エントリポイント関数の AUTOSAR マッピング情報の取得
getFunctionCallerSimulink Function Caller ブロックの AUTOSAR マッピング情報の取得
getInportSimulink 入力端子に関する AUTOSAR マッピング情報の取得
getOutportSimulink 出力端子に関する AUTOSAR マッピング情報の取得
mapFunctionSimulink エントリポイント関数を AUTOSAR ランナブルおよびソフトウェアのアドレス メソッドにマッピング
mapFunctionCallerSimulink Function Caller ブロックを AUTOSAR のクライアント ポートとオペレーションにマッピング
mapInportSimulink 入力端子を AUTOSAR ポートにマッピング
mapOutportSimulink 出力端子を AUTOSAR ポートにマッピング
overflowedメッセージ キューがオーバーフローするタイミングを判定する

トピック