Main Content

AUTOSAR 外部トリガー イベント通信の受信側の設定

AUTOSAR 規格では外部トリガー イベント通信を定義しています。この通信では、AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントまたはサービスが、外部トリガーが発生したイベント (ExternalTriggerOccurredEvent) を別のコンポーネントに通知します。受信コンポーネントは、イベントに応答してランナブルを有効にします。

Simulink® で、AUTOSAR 外部トリガー イベント通信の受信側をモデル化できます。外部トリガーに反応するコンポーネントを選択します。コンポーネント内に、トリガー インターフェイス、ExternalTriggerOccurredEvent を受信するトリガー受信ポート、およびイベントによって有効になるランナブルを作成します。

この例では、外部トリガー イベント通信の受信側として AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントを設定する方法を示します。

  1. AUTOSAR コード生成用に設定されたモデルを開きます。このモデルでは、AUTOSAR ExternalTriggerOccurredEvent の受信に基づいてランナブルを有効にします。

    外部トリガー イベント通信を使用するサンプル モデルについては、autosar_swc_fcncalls を参照してください。autosar_swc_fcncalls では、非同期の Function-Call Subsystem SS1 によって AUTOSAR ランナブルをモデル化します。ExternalTriggerOccurredEvent によってランナブルが有効になります。

  2. AUTOSAR ディクショナリを開きます。[Trigger Interfaces] ビューを選択し、[追加] ボタン を使用してトリガー インターフェイスをモデルに追加します。[Add Interfaces] ダイアログ ボックスで、新しいインターフェイスの名前を指定し、[Number of Triggers] を 1 に設定します。

  3. [Trigger Interfaces] を展開し、[Triggers] ビューを選択します。関連付けられたトリガーのプロパティを調べます。非同期 (非周期) トリガーについては、[CseCode][なし] に設定して、不定のトリガー周期を示します。トリガー周期の指定の詳細については、トリガーのビューでヘルプ ボタンをクリックしてください。

  4. [AtomicComponents] を展開し、コンポーネントを展開します。[TriggerReceiverPorts] ビューを選択し、[追加] ボタン を使用してトリガー受信ポートをモデルに追加します。[Add Ports] ダイアログ ボックスで、新しいポートの名前を指定し、[Interface] を作成したトリガー インターフェイスの名前に設定します。

  5. [Runnables] ビューを選択し、AUTOSAR ExternalTriggerOccurredEvent の受信に基づいて有効にするランナブルを選択します。[Events] サブペインで、[イベント タイプ][ExternalTriggerOccurredEvent] に設定します。イベント プロパティを表示するには、イベント名を選択します。[トリガー] で、作成したトリガー受信ポートとトリガーに対応する値を選択します。

  6. トリガー受信構成を完了するには、コード マッピング エディターを開いて [Functions] タブを選択します。AUTOSAR ExternalTriggerOccurredEvent ランナブルをモデル化するサブシステムに対して Simulink エントリ ポイント関数を選択します。[ランナブル] フィールドでランナブル名を選択します。

関連する例

詳細