MATLAB Live Editor

MATLAB ライブ エディター

対話型の単一環境で視覚的に問題を調査および解析し、既存のコードを独自のストーリーを語る整形済みの実行可能ドキュメントへと進化させることができます。

探索的プログラミングをより迅速に

単一環境での作業によりコンテキストの切り替えが不要になります。結果および可視化された情報は、それらを生成したコードの隣に表示されます。コードを管理しやすい長さのセクションに分割して個別に実行できます。引数、ファイル名、その他のコンテキスト ヒントによりコーディングが容易になります。対話型のツールを使用して Figure を編集したり、書式設定や注釈を追加したりすることができます。

コードから対話型のドキュメントへ

書式設定、イメージ、ハイパーリンクを使用してコードと出力を充実させ、ライブ スクリプトをストーリーに変えることができます。解析で使用する数学的なプロセスまたは手法を記述するには、対話型のエディターを使用して数式を挿入するか、LaTeX を使用して数式を作成します。任意の言語のテキストをスクリプトに追加できます。その後、同僚と直接ライブ スクリプトを共有して、同僚が作業内容を複製したり、拡張したりできるようにするか、PDF または HTML 形式の静的ドキュメントを作成して公開することができます。

ライブ スクリプトを授業へ

説明文、数式、コード、結果を組み合わせた魅力的な講義を作成します。さまざまなトピックを 1 セクションずつステップ実行します。概念を示すために、その場でコードを修正して実行することもできます。エンジニアが数学を活用して、実際的かつ複雑な問題を解決する方法を示す例を作成します。MATLAB コードを含むライブ スクリプトを作成して受講者への課題に使用し、受講者が自主的に調査および学習できるようにします。

Live Editor の特徴