Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

コード生成、GPU、サードパーティ サポート

C/C++ コードおよび GPU コードの生成と高速化、HDL コード生成、MATLAB および Simulink 用の OpenCV インターフェイス

MATLAB Coder™Simulink Coder™、および Embedded Coder™ は、C/C++ コード生成をサポートする Computer Vision Toolbox™ の関数から ANSI 準拠 C/C++ コードとスタンドアロン実行可能ファイルを生成します。

GPU Coder は、GPU コード生成をサポートする関数に対して CUDA® コードとスタンドアロン実行可能ファイルを生成します。Computer Vision Toolbox には、自動的に GPU で実行できる関数も含まれています。このサポートには Parallel Computing Toolbox™ が必要です。

Computer Vision Toolbox には、OpenCV インターフェイス C++ API および光学式文字認識 (OCR) 言語データ ファイルのサポート パッケージが用意されています。この API は OpenCV C++ コードを MATLAB® に統合するために使用します。また、このサポート パッケージを使用して OpenCV 関数を呼び出す MEX ファイルをビルドすることもできます。サポート パッケージには GPU サポートも含まれます。

カテゴリ

  • C コード生成
    ツールボックス関数、オブジェクト、およびブロックのための C/C++ コードおよび MEX 関数の生成
  • GPU コード生成と高速化
    MATLAB からの CUDA コードの生成
  • OpenCV のサポート
    カメラ パラメーターの変換、MEX ファイル サポート、および OpenCV へのプリビルド MATLAB インターフェイス
  • Simulink の OpenCV インターフェイス
    Simulink® への OpenCV コードのインポート
  • HDL コード生成
    HDL Coder™ の使用および Vision HDL Toolbox™ のハードウェアと親和性の高いブロックの使用による、ビジョン アルゴリズム用の HDL コードの生成