Main Content

コード生成、GPU、サードパーティ サポート

C/C++ および GPU コードの生成、OCR 言語データのサポートの詳細、OpenCV インターフェイスの使用、固定小数点データ型のサポートの詳細、HDL コードの生成

MATLAB Coder™Simulink Coder™、および Embedded Coder™ は、C/C++ コード生成をサポートする Computer Vision Toolbox™ の関数から ANSI 準拠 C/C++ コードとスタンドアロン実行可能ファイルを生成します。

GPU Coder は、GPU コード生成をサポートする関数に対して CUDA® コードとスタンドアロン実行可能ファイルを生成します。Computer Vision Toolbox には、自動的に GPU で実行できる関数も含まれています。このサポートには Parallel Computing Toolbox™ が必要です。

Computer Vision Toolbox には、OpenCV インターフェイス C++ API および OCR 言語データ ファイルのサポート パッケージが用意されています。この API は OpenCV C++ コードを MATLAB® に統合するために使用します。また、このサポート パッケージを使用して OpenCV 関数を呼び出す MEX ファイルをビルドすることもできます。サポート パッケージにはグラフィックス処理装置 (GPU) のサポートも含まれます。OCR 言語データ サポート パッケージには、OCR エンジンの tesseract-ocr のページからの学習済みの言語データ ファイルが含まれています。これは関数 ocr で使用します。

注目の例