Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Computer Vision Toolbox Interface for OpenCV in MATLAB のインストールと使用

インストール

サードパーティ サポート ファイルをインストールすると、Computer Vision Toolbox™ 製品でそのデータを使用できるようになります。アドオン サポート ファイルをインストールするには、次のいずれかの方法を使用します。

  • MATLAB® デスクトップの [アドオン] ドロップダウン メニューで [アドオンの入手] を選択する。アドオン ファイルは "MathWorks 機能" セクションにあります。

  • MATLAB コマンド ウィンドウに「visionSupportPackages」と入力し、指示に従う。

メモ

インストール フォルダーへの書き込み権限が必要です。

MATLAB ソフトウェアの新しいバージョンがリリースされている場合、この手順を繰り返して更新を確認します。更新の確認はリリース間でも行えます。

サポート パッケージの内容

Computer Vision Toolbox Interface for OpenCV in MATLAB のサポート ファイルは visionopencv フォルダーにインストールされます。このフォルダーのパスを見つけるには、次のコマンドを入力します。

fileparts(which('mexOpenCV')) 
visionopencv フォルダーには以下のファイルとフォルダーが含まれています。

ファイル内容
clibopencv フォルダー

OpenCV インターフェイス用の MATLAB clib パッケージに基づくプリビルド ユーティリティ関数。

mexOpenCV.m ファイル

MEX ファイルをビルドするための関数。

example フォルダーMEX ファイルを使用したテンプレート マッチング、前景検出器、Oriented FAST and Rotated BRIEF (ORB) の例。example フォルダー内の各サブフォルダーには、詳しい手順を示す README.txt ファイルが含まれています。
registry フォルダーレジストレーション ファイル。
README.txt ファイルヘルプ ファイル。

関数 mex はプリビルドされた OpenCV ライブラリを使用します。このライブラリは Computer Vision Toolbox 製品に付属しています。使用するコンパイラはライブラリのビルドに使用したコンパイラと互換性がなければなりません。MATLAB ホストの OpenCV ライブラリのビルドに使用されるコンパイラは次のとおりです。

オペレーティング システム 互換コンパイラ
Windows® 64 ビットMicrosoft® Visual Studio® 2015 以降 (Professional または Community エディション)
Linux® 64 ビットgcc-4.9.3 (g++)
Mac 64 ビットXcode 6.2.0 (Clang++)