Main Content

このページの内容は最新ではありません。最新版の英語を参照するには、ここをクリックします。

Open Surface

開かれた路面の 3D 環境

説明

Open Surface シーンには、開かれた黒い路面の 3D 環境が含まれます。シーンのレンダリングには RoadRunner が使用されます。

Open Surface scene

設定

このシーンで運転操縦をシミュレートするには、次を行います。

  1. Simulink® モデルに Simulation 3D Scene Configuration ブロックを追加します。

  2. このブロックで、[シーン ソース] パラメーターを [Default Scenes] に設定します。

  3. 有効な [シーン名] パラメーターを [Open surface] に設定します。

レイアウト

シーンには、車両テストに使用できる線パターンが含まれます。シーンではワールド座標系を使用してオブジェクトの位置を特定します。

Top down view of Open Surface scene with origin and dimensions marked

ヒント

  • Vehicle Dynamics Blockset™ Interface for Unreal Engine® 4 Projects サポート パッケージがある場合は、このシーンを変更できます。サポート パッケージに付属の Unreal Engine プロジェクト ファイルでは、このシーンに BlackLake という名前が付けられています。

    シーンのカスタマイズの詳細については、車両運動のシミュレーションのための 3D シーンのカスタマイズを参照してください。

バージョン履歴

R2018b で導入

すべて展開する