ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

出力と診断統計量の概要

診断統計量LinearModel のプロパティと関数出力 regstats のフィールド名
クックの距離

  • Diagnostics プロパティの CooksDistance フィールドを参照してください。

  • 'cookd' プロット タイプで関数 plotDiagnostics を使用します。

cookd
係数の共分散と標準誤差CoefficientCovariance プロパティを参照してください。covb
係数の信頼区間関数 coefCI を使用します。該当なし
決定係数 (R-squared)Rsquared プロパティの Ordinary および Adjusted フィールドを参照してください。rsquareadjrsquare
Delete-1 の共分散の変化 (covratio)

  • Diagnostics プロパティの CovRatio フィールドを参照してください。

  • 'covratio' プロット タイプで関数 plotDiagnostics を使用します。

covratio
Delete-1 の係数推定値のスケーリングされた差分 (Dfbetas)

Diagnostics プロパティの Dfbetas フィールドを参照してください。

dfbetas
Delete-1 の近似値のスケーリングされた変化 (Dffits)

  • Diagnostics プロパティの Dffits フィールドを参照してください。

  • 'dffits' プロット タイプで関数 plotDiagnostics を使用します。

dffits
1 標本を取り除いたときの分散 (S2_i)

  • Diagnostics プロパティの S2_i フィールドを参照してください。

  • 's2_i' プロット タイプで plotDiagnostics を使用します。

s2_i
ダービン・ワトソン検定

関数 dwtest を使用します。

dwstat
F 統計量

  • コマンド ラインにおけるあてはめたモデルの表示で F-statistic vs. constant model の値を探します。

  • 関数 anova を使用します。

fstat
ハット行列

Diagnostics プロパティの HatMatrix フィールドを参照してください。

hatmat
てこ比
  • Diagnostics プロパティの Leverage フィールドを参照してください。

  • 'leverage' プロット タイプで関数 plotDiagnostics を使用します。

leverage
残差

  • Residuals プロパティの RawPearsonStandardized および Studentized フィールドを参照してください。

  • 関数 plotResiduals を使用します。

rstudresstandres
t 統計量

Coefficients プロパティの tStat 列を参照してください。

tstat

参考

| |

関連するトピック