Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ReqIF ファイルからの要件のインポート

多くのサードパーティ製要件管理アプリケーションが ReqIF™ 形式を使用して要件をエクスポートおよびインポートできます。ReqIF ファイルから "参照要件" と呼ばれるサードパーティ ソースへの参照として要件をインポートできます。参照要件は、slreq.Reference オブジェクトとして、または slreq.Requirement オブジェクトとして表される新しい要件セットの要件として表されます。使用するインポート モードの選択の詳細については、インポート モードの選択を参照してください。

インポート マッピングの選択

ReqIF では、要件を SpecObjects、リンクを SpecObjects 間の SpecRelations として表します。各 SpecObjectType は関連する SpecObject を指定し、SpecRelationTypes は各 SpecRelation を分類します。SpecObjectType および SpecRelationType は、要件とリンクの情報を保存するための属性を定義します。SpecObjects および SpecRelations にはこれらの属性の値が含まれます。

次の表は、Simulink® Requirements™ の要件とリンクの構成を ReqIF の対応する構成と比較しています。

項目Simulink Requirements での表現ReqIF での表現
要件

SpecObject

要件タイプ

SpecObjectType

要件の属性

  • SpecObjectType は属性を定義

  • SpecObject は属性値を含む

リンク

slreq.Link

SpecRelation

リンク タイプ

slreq.Link.Type (slreq.Link プロパティ)

SpecRelationType

リンクの属性

slreq.Link プロパティおよびカスタム属性

  • SpecRelationType は属性を定義

  • SpecRelation は属性値を含む

ReqIF のデータ編成の詳細については、Requirements Interchange Format (ReqIF) Version 1.2 の「Exchange Document Content」を参照してください。

ReqIF ファイルから要件とリンクをインポートする場合、インポート プロセスで、SpecObjectsslreq.Requirement オブジェクトまたは slreq.Reference オブジェクト (インポート モードによって異なる) にマッピングされ、SpecRelationsslreq.Link オブジェクトにマッピングされます。インポートされる要件タイプ、プロパティ、およびインポートされるリンク タイプは、選択するインポート マッピングによって異なります。

Simulink Requirements は、ReqIF を使用する以下のような一部のサードパーティ製アプリケーション用に組み込みのインポート マッピングを提供しています。

  • IBM® Rational® DOORS®

  • IBM DOORS Next

  • Polarion™

  • PREEvision

  • Jama

他の要件管理アプリケーションで生成された ReqIF ファイルから要件をインポートする場合は、汎用属性マッピングを使用できます。

要件をインポートした後に、属性マッピングを編集できます。Simulink Requirements での ReqIF 属性のマッピングを参照してください。

メモ

Polarion が行ったナビゲーション URL の変更によって、Polarion の要件から MATLAB® または Simulink の項目への移動に問題が発生した場合には、構成変更の適用が必要になる可能性があります。<polarion_installation>/polarion/configuration/ フォルダーにある polarion.properties ファイルを開き、localhost を外部で知られているサーバー名に置き換えて、以下の行を変更します。

  • repo=http://localhost:80/repo/

  • base.url=http://localhost:80/

インポート時の組み込みマッピングの使用

ReqIF ファイルをインポートし、ファイルを生成したサードパーティ製ツール用の組み込みマッピングを使用する場合、Simulink Requirements は、SpecObjectType に関係なく、[タイプ]Functional に設定された要件として SpecObjects をインポートします。SpecObjectTypes がサードパーティ製ツールの追加の属性を定義している場合、それらの属性は、Custom ID または IDSummaryDescription、リビジョン情報などの組み込み要件プロパティにマッピングされます。残りの属性は新しいカスタム属性にマッピングされます。要件のカスタム属性の詳細については、カスタム属性による要件のカスタマイズを参照してください。

要件をインポートした後に、SpecObjectTypes を要件タイプにマッピングできます。要件プロパティとカスタム属性に対する追加の SpecObjectType 属性のマッピングは編集することもできます。Simulink Requirements での ReqIF 属性のマッピングを参照してください。

組み込みマッピングを使用してリンクをインポートする場合、Simulink Requirements は、SpecRelation オブジェクトをリンクとしてインポートし、SpecRelationTypesSimulink Requirements のリンク タイプにマッピングします。ReqIF ファイルの SpecRelationType がインポート マッピングで定義されていない場合、そのタイプの SpecRelations[タイプ]Related to に設定されたリンクとしてインポートされます。リンク タイプの詳細については、リンク タイプを参照してください。

インポート時の汎用マッピングの使用

ReqIF ファイルをインポートし、汎用マッピングを使用する場合、Simulink Requirements は、SpecObjectType に関係なく、[タイプ]Functional に設定された要件として SpecObjects をインポートします。追加の SpecObjectType 属性は、要件プロパティの CustomID または IDDescription、および Summary にマッピングされ、残りは新しいカスタム属性にマッピングされます。要件のカスタム属性の詳細については、カスタム属性による要件のカスタマイズを参照してください。

要件をインポートした後に、SpecObjectTypes を要件タイプにマッピングできます。追加の SpecObjectType 属性のマッピングを編集して、目的の要件プロパティとカスタム属性と一致させることもできます。Simulink Requirements での ReqIF 属性のマッピングを参照してください。

汎用マッピングを使用してリンクをインポートすると、SpecRelations[タイプ]Related to に設定されたリンクとしてインポートされます。リンク タイプの詳細については、リンク タイプを参照してください。

要件のインポート

ReqIF ファイルの要件は仕様に属します。

  1. 要件エディターを開きます。MATLAB コマンド ラインで以下のように入力します。

    slreq.editor

  2. 要件エディターで、[インポート] をクリックします。

  3. [要件をインポート] ダイアログで、[ドキュメント タイプ][ReqIF ファイル (*.reqif または *.reqifz)] に設定します。

  4. [ドキュメントの場所] の横の [参照] をクリックし、ReqIF ファイルを選択します。

  5. [属性マッピング][ソース ツール] ドロップダウンで、目的の属性マッピングを選択します。インポート マッピングの選択を参照してください。

  6. [宛先][参照] をクリックします。ファイル名を入力し、新しい要件セットを保存する場所を選択して、[保存] をクリックします。

  7. インポートされた要件の更新を許可するかどうかを選択します。インポートされた要件を引き続きサードパーティ製ツールで管理する場合は、[外部ソースからの更新を許可] を選択します。要件を Simulink Requirements に移行する場合は、[外部ソースからの更新を許可] をオフにします。インポート オプションの詳細については、インポート モードの選択を参照してください。

  8. [インポート] をクリックして要件をインポートします。

インポートした要件では、要件の階層が維持されています。

複数の仕様をもつ ReqIF ファイルからの要件のインポート

複数のソース仕様を含む ReqIF ファイルをインポートする場合は、[要件をインポート] ダイアログの [ソース仕様] セクションでオプションを選択することができます。次のことが可能です。

  • 要件セットにインポートする単一の ReqIF ソース仕様を選択します。[要件をインポート] ダイアログの [ソース仕様] で、[単一の仕様をインポート] を選択し、リストから仕様を選択します。

  • ReqIF ソース仕様を 1 つの要件セットに統合します。[要件をインポート] ダイアログの [ソース仕様] で、[すべての仕様を 1 つの要件セットに統合] を選択します。

    [外部ソースからの更新を許可] を選択した場合、各仕様が個別のインポート ノードにインポートされます。各インポート ノードを個別に更新できます。それ以外の場合、各ソース仕様が親要件としてインポートされ、仕様のすべての要件がその子としてインポートされます。

  • 各 ReqIF ソース仕様を個別の要件セットにインポートします。[要件をインポート] ダイアログの [ソース仕様] で、[各仕様を個別の要件セットにインポート] を選択します。[フォルダー] の横にある [宛先] で、[参照] をクリックし、要件セットを保存する保存先フォルダーの場所を選択します。

    結果の要件セットのファイル名は、ソース仕様名と同じになります。選択した保存先に、ソース仕様のいずれかと同じ名前の既存の要件セット ファイルがある場合、そのファイルは上書きされます。

ヒント

大きな ReqIF ファイルの場合は、各ソース仕様を個別の要件セットにインポートすることを検討してください。こうすると、ファイルの競合が軽減され、個別の要件セットの差分を追跡することができます。

複数のソース仕様を含む ReqIF ファイルに使用するインポート方法を決定する際には、リンクをインポートするかどうかと、ReqIF にエクスポートし直す予定があるかどうかを考慮してください。詳細については、リンクのインポートおよび複数の仕様をもつ ReqIF ファイルに関する考慮事項を参照してください。

リンクのインポート

ReqIF ファイルを要件セットにインポートする際に、リンクをインポートすることもできます。リンクをインポートするには、[要件をインポート] ダイアログの [ソース リンク][リンクのインポート] を選択し、ReqIF ファイルからのリンクを保持します。インポート後、Simulink Requirements リンク セット ファイルに、要件間または外部 URL 間のリンクが含められます。

ReqIF ファイルでは、リンクを 2 つの SpecObjects 間の SpecRelation として表します。ReqIF ファイルに SpecObjects 間の SpecRelation が少なくとも 1 つ含まれている場合にのみ、リンクをインポートできます。

複数のソース仕様をもつ ReqIF ファイルからのリンクのインポート

複数のソース仕様をもつ ReqIF ファイルからリンクをインポートする場合、ソース仕様のインポート方法がリンクのインポートに影響します。それは次のようになります。

  • 単一の仕様を要件セットにインポートすると、Simulink Requirements は、その仕様の SpecObjects 間の SpecRelations のみをインポートする。これにより、インポート時に ReqIF ファイルからの一部のリンクが除外される場合があります。

  • 複数の ReqIF ソース仕様を 1 つの要件セットに統合すると、関連付けられているリンクは 1 つのリンク セットにインポートされる

  • 各 ReqIF ソース仕様を個別の要件セットにインポートすると、関連付けられているリンクは個別のリンク セットにインポートされる

Simulink Requirements での ReqIF 属性のマッピング

ReqIF では、要件は要件属性を定義する SpecObjectType をもつ SpecObject として表されます。ReqIF ファイルから要件をインポートすると、選択したインポート マッピングに従って、属性が要件プロパティまたはカスタム属性にマッピングされます。インポート マッピングの選択を参照してください。

要件をインポートした後に、SpecObjectType 属性マッピングを編集できます。要件をインポートした方法に応じて、 で表されるインポート ノード、または最上位の要件を選択します。[詳細] ペインの [属性マッピング] で、属性マッピングを編集できます。[マッピングの保存] をクリックすると、現在のマッピングを保存できます。[マッピングの読み込み] をクリックすると、保存済みのマッピングを読み込むことができます。詳細については、インポートされた要件の属性マッピングの編集を参照してください。

要件タイプへの SpecObjectTypes のマッピング

要件をインポートした後に、SpecObjectTypesSimulink Requirements の要件タイプにマッピングできます。

  1. 要件エディターで、ReqIF 要件を参照要件または要件のどちらでインポートしたかによって、 で表されるインポート ノード、または最上位の要件を選択します。

  2. [詳細] ペインの [属性マッピング] で、[オブジェクト タイプのマッピング] をクリックします。

  3. [オブジェクト タイプのマッピング] ダイアログが表示されます。[インポートした (外部) タイプ] には SpecObjectTypes のリストが表示され、[内部 (組み込みまたはカスタム) タイプ] には使用可能な Simulink Requirements の要件タイプのリストが表示されます。リストから要件タイプを選択して、各 SpecObjectType をマッピングします。要件タイプの詳細については、要件タイプを参照してください。[<カスタム サブタイプを追加>] を選択してカスタム サブタイプを追加することもできます。カスタム サブタイプの詳細については、要件およびリンクのカスタム タイプの定義を参照してください。

    カスタム サブタイプを追加するには、次を行います。

    1. [要件のサブタイプを追加] ダイアログで、[拡張する親タイプの名前] にカスタム要件サブタイプに含める要件タイプを設定します。

    2. [新しいサブタイプの名前] の横に、新しいカスタム サブタイプの名前を入力します。

    3. [説明] の横に、新しいカスタム サブタイプの説明を入力します。

    4. [OK] をクリックすると、カスタム サブタイプが作成されます。

  4. [OK] をクリックして、SpecObjectTypes を要件タイプにマッピングします。ダイアログに更新された項目数が一覧表示されます。

参考

関連するトピック