最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

要件の定義

要件の作成、外部ドキュメントからの要件の作成、要件の階層の定義

Simulink® 内で、要件エディターまたは要件パースペクティブ ビューの [要件ブラウザー] ペインを介して要件を作成します。詳細なテキスト、イメージ、およびキーワードを追加して要件を記述します。子要件を追加して下位レベルの機能を指定します。Simulink キャンバスに要件と説明を表示して、モデルにコンテキストを追加します。

要件を Microsoft® WordMicrosoft Excel®、IBM® Rational® DOORS® および IBM Rational DOORS Next Generation などの外部アプリケーションからインポートします。Simulink Requirements™ は、ReqIF ファイルによるラウンドトリップ ワークフローもサポートします。要件エディターを使用するか外部ドキュメントと変更を同期することで、要件を修正します。

クラス

slreq.ReqSet Work with Requirements sets
slreq.Reference Work with external requirement proxy objects
slreq.Requirement Work with Requirement objects

関数

slreq.clearClear requirements and links from memory
slreq.convertAnnotationConvert annotations to requirement objects
slreq.editorOpen Requirements Editor
slreq.findFind requirement, reference, and link set artifacts
slreq.importImport requirements from external documents
slreq.loadLoad requirements/link set
slreq.newCreate requirements set
slreq.openOpen requirements set
slreq.resetViewSettingsReset saved view settings
slreq.importViewSettingsImport view settings
slreq.exportViewSettingsExport view settings

トピック

要件の作成

Simulink での要件の作成

要件を作成して階層を定義する。

要件の階層の定義

モデルに関連付ける要件の親子階層を定義する。

要件タイプ

要件タイプを選択する。

Simulink® Requirements™ API を使用した要件セット ファイルの作成

Simulink Requirements API を使用して要件セットのテンプレートを作成する。

要件のインポートおよび更新

サードパーティ ツールからの要件のインポート

外部のドキュメントおよびソフトウェアから要件をインポートする。

ReqIF ファイルによるラウンド トリップ ワークフロー

ReqIF ファイルを使用してワークフローをインポート、編集およびエクスポートする。

ReqIF ラウンド トリップ ワークフローのベスト プラクティスとガイドライン

ReqIF ラウンド トリップ ワークフローで最善の結果を得るためのベスト プラクティスとガイドライン。

属性マッピングの作成と編集

ReqIF™ のインポートとエクスポート用に属性マッピングを作成およびカスタマイズする。

インポートされた要件の更新

外部ドキュメントからインポートした参照要件を更新する。

Microsoft Word ドキュメントからの要件のインポートおよび更新

Microsoft Word ドキュメントで、要件のワークフローをインポートおよび更新する。

要件のエクスポート

以前のバージョンの Simulink Requirements への要件セットおよびリンク セットのインポート

以前のバージョンの Simulink Requirements への要件セットおよびリンク セットのエクスポートについて学習する。