Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

要件管理インターフェイス

従来の RMI インターフェイスによってサポートされる要件のトレーサビリティ

従来の要件管理インターフェイス (RMI) を引き続き使用できます。

  • Simulink® Requirements™ には、Version 2017b 以降で使用可能な RMI が含まれています。

  • Simulink Check™ では、従来の RMI インターフェイス Version R2017a 以前が保持されています。Simulink Verification and Validation Transition を参照してください。

RMI を使用して以下を実行できます。

  • モデルベース デザイン要素を要件と関連付ける。

  • モデルベース デザイン要素間のリンクを作成する。

  • モデルベース デザイン要素から外部要件ドキュメントの要件に移動する。

  • 要件ドキュメント内の組み込みリンクから、対応するモデルベース デザイン要素に移動する。

  • 強調表示や定義したタグを使用してモデル内の要件リンクを確認する。

  • どのモデル オブジェクトがどの要件にリンクするかを示すレポートを作成する。