Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

モデル要素間のトレーサビリティ

要件と Simulink® ブロック、Stateflow® 要素、Simulink Test™ テスト ケースなどのモデルベース デザイン要素との間のリンク作成および移動

要素管理インターフェイス (RMI) を使用して、次のように要件と Simulink モデル要素との間のトレーサビリティのリンクを作成し、トレーサビリティを確立します。

  • ライブラリ ブロックおよび参照ブロックを含む Simulink ブロック

  • データ ディクショナリ エントリ

  • Signal Builder ブロックの信号グループ

  • Stateflow 要素

  • Simulink Test テスト ケース

ある Simulink モデル オブジェクトから別のモデル要素への要件トレーサビリティ リンクを確立することもできます。

トレーサビリティ リンクを使用して、モデル要素からそれに関連付けられている要件に移動します。

関数

rmiInteract programmatically with Requirements Management Interface

トピック

モデル オブジェクトのリンク

Simulink オブジェクト間に要件リンクを作成する。

テスト ケースの要件ドキュメントへのリンク

Simulink Test のテスト ケースを要件ドキュメントにリンクする。

Simulink データ ディクショナリ エントリの要件へのリンク

Simulink データ ディクショナリ エントリを要件にリンクする。

要件および Simulink モデル オブジェクトへの Signal Builder ブロックのリンク

Signal Builder ブロック内の信号グループから要件ドキュメントへ、および Simulink モデル オブジェクトへのリンクを作成する。

ライブラリ ブロックと参照ブロックの要件リンク

要件管理インターフェイス (RMI) を使用した、ライブラリおよびモデル内での要件リンクの作成、管理。

モデルから要件への移動

モデル オブジェクトから、リンクされた要件への移動。

Simulink でモデル化された要件へのリンク

ステートと、シミュレーションの動作を検証するサブシステム間をリンクする。