Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

属性マッピングの作成と編集

ReqIF™ 形式では、要件は SpecObject として表現されます。SpecObjectSpecObjectType をもち、これによって要件情報を保存するための属性が定義されます。SpecObjects にはこれらの属性の値が含まれます。

ReqIF ファイルから要件をインポートした後に、ReqIF 要件の属性を Simulink® Requirements™ の要件プロパティおよびカスタム属性にマッピングする方法をカスタマイズすることができます。このマッピングを保存して再利用することもできます。

インポートされた要件の属性マッピングの編集

要件エディターで、ReqIF ファイルから要件をインポートすることができます。詳細については、ReqIF ファイルからの要件のインポートを参照してください。

ReqIF ファイルから要件をインポートする際には、使用するインポート マッピングを選択しなければなりません。インポートされる要件タイプ、プロパティ、およびインポートされるリンク タイプは、選択するインポート マッピングによって異なります。詳細については、インポート マッピングの選択を参照してください。

ReqIF ファイルから要件をインポートした後に、インポートされた要件の属性マッピングを編集できます。

  1. 要件エディターを開いて ReqIF ファイルをインポートします。詳細については、ReqIF ファイルからの要件のインポートを参照してください。

  2. 参照要件または要件のどちらをインポートしたかによって、インポート ノードまたは最上位の要件を選択します。詳細については、インポート モードの選択を参照してください。

    属性マッピングは [詳細] ペインの [属性マッピング] で確認できます。

  3. [マッピング先] 列のドロップダウンからプロパティまたは属性を選択することにより、マッピングを編集します。

[マッピングの保存] をクリックすると、現在の属性マッピングを保存できます。マッピングは XML ファイルとして保存されます。[マッピングの読み込み] をクリックすると、保存済みのマッピングを読み込むことができます。

属性マッピングの名前または説明を変更するには、作成した XML ファイルをテキスト エディターで開き、<name> タグと <description> タグの値を変更します。

ReqIF ファイルを最初に作成したツールに基づいて、Simulink Requirements で属性マッピングのインポートを選択するには、以下を行います。

  1. テキスト エディターで属性マッピングと ReqIF ファイルを開きます。

  2. ReqIF ファイルで <REQ-IF-TOOL-ID> タグの値を見つけます。

  3. 属性マッピング ファイルで <name> タグの値が <REQ-IF-TOOL-ID> タグの値と一致するように変更します。

既定の ReqIF 要件タイプの指定

Polarion™ など、一部の外部の要件管理ツールは複数の要件タイプをサポートしています。この場合、属性マッピング ファイルを変更して、ReqIF へのエクスポート時に使用する既定の ReqIF 要件タイプを指定します。以下に例を示します。

<thisType>SpecObject</thisType>
<thisSubType>System Requirement</thisSubType>
<thisSubType> タグの値はエクスポートされた各 SpecObjectSpecObject タイプが System Requirement であることを示します。

ReqIF テンプレートの指定

Polarion や IBM® Rational® DOORS® など、一部の外部の要件管理ツールでは、ReqIF データ型、属性、および SpecObject タイプの定義の特定のセットが必要とされます。また、特定のタイプの ReqIF 仕様でなければならない場合があります。これらの定義は、外部の要件管理ツールで生成されたマッピング ファイルでテンプレート ReqIF ファイルの名前を指定して提供できます。ReqIF のエクスポート中に、Simulink Requirements はテンプレート ファイルをインポートし、それを使用して、外部ツールと互換性のある形式で ReqIF ファイルを生成しエクスポートします。

テンプレート ファイルを属性マッピング ファイル matlabroot/toolbox/slrequirements/attribute_maps と同じフォルダーに保存します。属性マッピングでテンプレート ファイルを指定するには、外部の要件管理ツールに対応する属性マッピング ファイルをテキスト エディターで開きます。テンプレート ファイルの名前と一致するように <templateFile> タグの値を変更します。

関連するトピック