Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ReqIF ラウンド トリップ ワークフローのベスト プラクティスとガイドライン

要件のカスタム ID の管理

  • 要件を参照要件としてインポートすると、Simulink® Requirements™ は、サードパーティの要件管理アプリケーションで生成された要件識別子を、要件のカスタム ID 属性にマップしようとします。カスタム ID と要件識別子の間の意図した属性マッピングが選択されていることを確認してください。

  • トレーサビリティを維持するために、要件のカスタム ID 属性は変更しないでください。

参照要件のコンテンツ更新のガイドライン

  • [更新] 操作により、ロック解除した参照要件に対する編集などのローカルの変更は、ReqIF ソース ファイルの値で上書きされます。[更新] 操作を行う前に、要件セットのファイルの保存、チェックイン、エクスポートのいずれかを行ってください。

  • [更新] 操作では、コメントと属性は保持されます。インポートしたカスタム属性は、要件セットを更新したときに復元されるため、削除しないでください。ReqIF のラウンド トリップ ワークフローを完全にするために、以前にインポートした属性をすべて含めてください。

参照要件のコンテンツ編集のガイドライン

  • [説明][根拠] などのリッチ テキスト属性では、特にテーブルなどの一部の書式設定が、ラウンド トリップ ワークフロー中に失われる場合があります。書式設定を保持するには、これらの属性を同じアプリケーションで編集してください。プレーン テキスト属性は、複数のアプリケーションで編集して構いません。

  • 要件エディターの [属性マッピング] ペインで、インポートした属性の名前を変更すると、[エクスポート] 操作中に外部要件ドキュメント内の対応する属性への接続が維持されます。

インポートされた要件への詳細追加のガイドライン

次を行うことにより、インポートした要件に詳細を追加できます。

  • 属性を追加する

  • 新しい要件を作成し、それに対してインポートした要件をリンクする

ローカルで作成した要件を、インポートした要件の子として挿入することはできません。新しく作成した要件をインポートした要件に関連付けるには、別の要件セットに追加してから、関連する要件をリンクさせます。

ReqIF ファイルへの要件エクスポートのガイドライン

  • 複数の ReqIF ファイルの要件を、同じ要件セットにインポートしないでください。ReqIF ファイルにはそれぞれ複数の仕様を含めることができ、それらは要件セットにおいて別々の最上位のインポート ノードの配下にインポートされます。インポート ノードはそれぞれ、仕様の名前に一致するカスタム ID をもちます。

  • ローカルで作成された要件を含む要件セットには、参照要件をインポートしないでください。ラウンド トリップ ワークフローの場合、以前にインポートした要件に対しては、以前のインポート設定を再利用します。

  • Simulink Requirements 内で作成した要件は、ReqIF にエクスポートする場合は更新できません。エクスポートしたファイルは、将来更新可能な新しい要件セットに対して、参照要件としてインポートします。作成した要件に対して作成されたリンクは、再インポートの際には保持されません。ローカルで作成した要件のエクスポートと再インポートは、リンクを作成する前に行ってください。

関連するトピック