Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ReqIF ファイルへの要件のエクスポート

サードパーティ製の多くの要件管理ツールは、ReqIF™ とも呼ばれる要件交換形式を使用したデータ交換をサポートしています。Simulink® Requirements™ 内の要件は ReqIF ファイルにエクスポートできます。

エクスポート マッピングの選択

ReqIF では、要件を SpecObjects、リンクを SpecObjects 間の SpecRelations として表します。各 SpecObject は関連する SpecObjectType を指定し、SpecRelationTypes は各 SpecRelation を分類します。SpecObjectType および SpecRelationType は、要件とリンクの情報を保存するための属性を定義します。SpecObjects および SpecRelations にはこれらの属性の値が含まれます。

要件とリンクを ReqIF ファイルにエクスポートする場合、エクスポート プロセスで Simulink Requirements オブジェクトが SpecObjectsSpecRelations にマッピングされます。エクスポートされる SpecObjectTypeSpecRelationType の値は、選択するエクスポート マッピングによって異なります。

ReqIF のデータ編成の詳細については、Requirements Interchange Format (ReqIF) Version 1.2 の「Exchange Document Content」を参照してください。

Simulink Requirements は、ReqIF を使用する以下のような一部のサードパーティ製アプリケーション用に組み込みのエクスポート マッピングを提供しています。

  • IBM® Rational® DOORS®

  • IBM DOORS Next

  • Polarion™

  • PREEvision

  • Jama

汎用マッピングを使用することもできます。

"ReqIF ラウンドトリップ" とは、ReqIF ファイルから要件をインポートし、要件を編集して、ReqIF ファイルにエクスポートし直すことです。ReqIF ラウンドトリップ中に要件をインポートする際には、次のいずれかを使用して予期しない動作を回避します。

  • 汎用マッピング

  • インポートとエクスポートで同じマッピング

ReqIF ラウンドトリップの詳細については、ReqIF ファイルのインポートとエクスポートのラウンドトリップを参照してください。

Simulink Requirements で作成された要件をエクスポートする場合は、汎用マッピングを使用してください。

エクスポート時のインポート マッピングの再利用

ReqIF ファイルから要件をインポートする際には、Simulink Requirements で手動で、または SpecObjectType の値を要件タイプにマッピングすることによって要件タイプを変更できます。詳細については、要件タイプへの SpecObjectTypes のマッピングを参照してください。ラウンドトリップ中に、インポートに使用したものと同じ属性マッピングを使用して要件をエクスポートすると、エクスポートされた SpecObjectType の値は、インポート後に要件タイプに加えた変更に関係なく、元のインポートされた値に戻ります。

同様に、ReqIF ファイルからリンクをインポートする場合は、リンク タイプを手動で変更できます。ラウンドトリップ中にリンクをエクスポートし、インポートに使用したものと同じ属性マッピングを使用すると、エクスポートされた SpecRelationType の値は元のインポートされた値に戻ります。

エクスポート時の汎用マッピングの使用

汎用属性マッピングを使用して要件コンテンツを ReqIF ファイルにエクスポートすると、すべての要件、参照要件、および正当化は、SpecObjectTypeRequirement に設定された SpecObjects としてエクスポートされます。

汎用マッピングを使用してリンクを ReqIF ファイルにエクスポートすると、Simulink Requirements はリンクを、SpecRelationTypeSimulink Requirements のリンク タイプと同じ値に設定された SpecRelations としてエクスポートします。リンク タイプの詳細については、リンク タイプを参照してください。

要件の属性のエクスポート

SpecObjectType は要件の属性を定義します。各 SpecObject は、関連する SpecObjectType を指定します。SpecObject には要件の属性値も含まれています。詳細については、インポート マッピングの選択の表を参照してください。

ReqIF ファイルに要件の属性をもつ SpecObjectTypes が含まれており、ラウンドトリップ中に要件を ReqIF にエクスポートした場合、エクスポートされた SpecObject の属性値は、選択したエクスポート マッピングに関係なく、元のインポートされた値に戻ります。インポート後に属性を要件プロパティまたはカスタム属性にマッピングした場合でも、値は元に戻ります。インポート後の要件に対する属性マッピングの編集の詳細については、Simulink Requirements での ReqIF 属性のマッピングを参照してください。

要件を Simulink Requirements で作成して ReqIF ファイルにエクスポートする場合、エクスポート プロセスでは要件の ID、概要、およびカスタム属性のみがエクスポートされます。

要件のエクスポート

単一の要件セット、 で表される単一のインポート ノード、または単一の親要件とそのすべての子を ReqIF ファイルにエクスポートできます。

単一の親要件をエクスポートする場合、エクスポート プロセスでは、その親要件の上位から最上位までの要件もエクスポートされます。Simulink Requirements で作成された要件の場合は、単一の親要件のみをエクスポートできます。

要件コンテンツをエクスポートするには、次を行います。

  1. 要件エディターで、エクスポートする要件セット、インポート ノード、または要件を選択します。

  2. [エクスポート][ReqIF] をクリックします。

  3. [要件セットを ReqIF にエクスポート] ダイアログが表示されます。ダイアログで、[属性とタイプのマッピングをエクスポート] を、お使いのサードパーティ製ツールに合った属性マッピングに設定するか、[汎用] に設定します。詳細については、エクスポート マッピングの選択を参照してください。

  4. [追加でエクスポートするコンテンツ] で、[リンクのエクスポート] を選択してエクスポートする ReqIF にリンクを含めるか、選択を解除してリンクを省略します。

  5. [出力ファイル] に、エクスポートされた ReqIF ファイルの既定のファイル パスと名前が表示されます。ファイル パスまたは名前を編集するには、[参照] をクリックし、[保存] をクリックしてファイル パスと名前を保存します。

  6. [エクスポート] をクリックして、ReqIF ファイルをエクスポートします。

リンクのエクスポート

他の項目にリンクしている要件をエクスポートする際に、リンクを ReqIF ファイルにエクスポートできます。詳細については、要件のエクスポートを参照してください。

ReqIF では、リンクを SpecObjects 間の SpecRelations として表します。リンクを ReqIF ファイルにエクスポートする場合、エクスポートされる SpecRelationType は、使用するエクスポート マッピングによって異なります。詳細については、エクスポート マッピングの選択を参照してください。

Simulink Requirements 内の要件を Simulink ブロックなどのモデルベース デザインの項目にリンクしてから、その要件と関連リンクを ReqIF ファイルにエクスポートする場合、エクスポート プロセスで、リンクされた項目のプロキシ オブジェクトとして機能する SpecObject が ReqIF ファイルに挿入されます。

プロキシ SpecObjectSpecObjectType には、一般的にリンクされているいくつかの項目の記述値があります。

リンクされている項目SpecObjectType の値

  • Simulink モデル要素

  • Stateflow® モデル要素

  • System Composer™ モデル要素

Simulink Object

Simulink Test™:

  • テスト ファイル

  • テスト スイート

  • テスト ケース

  • 反復

  • 評価

Simulink Test Object

MATLAB® コード

MATLAB Code Range

Web ブラウザー URL

External Resource

Simulink データ ディクショナリ エントリ

Simulink DDEntry

  • 要件

  • 参照要件

Simulink Requirements object

その他すべての項目で、プロキシ SpecObjectSpecObjectTypeRequirement です。

メモ

エクスポートされたプロキシ SpecObjects には、サードパーティ製ツールでプロキシ オブジェクトの重複を避けるために使用できる永続 ID が含まれています。異なる ReqIF ファイルに同じ MATLAB または Simulink オブジェクトからのリンクが含まれている場合に、重複が生じる可能性があります。

関連するトピック