最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデルに対するモデル コンフィギュレーション パラメーターの設定

モデル コンフィギュレーション パラメーターは、使用するソルバーのタイプ、インポート/エクスポート設定、およびモデル動作を制御するその他の設定を指定することにより、モデルの実行方法を決定します。すべてのモデルに "コンフィギュレーション セット" があり、そこにはモデル コンフィギュレーション パラメーターとその指定された値が含まれています。新しいモデルを作成すると、モデル コンフィギュレーション パラメーターに既定値を指定した Configuration という名の既定のコンフィギュレーション セットがモデルに含まれます。

モデルのコンフィギュレーション パラメーターを表示および設定するには、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを開きます。Simulink® エディターの [モデル化] タブで [モデル設定] をクリックします。

パラメーター名を右クリックして [これはなに?] を選択すると、次の情報が表示されます。

  • パラメーターについての簡潔な説明。

  • スクリプト内で使用できるパラメーター名。

  • パラメーターの依存関係。

[これはなに?] ダイアログ ボックスで [詳細情報を表示] をクリックすると、パラメーターに関する完全なドキュメンテーションを確認できます。

パラメーターの名前、コマンド ライン名、値、または説明を使用してパラメーターを検索するには、ダイアログ ボックス上部の [検索] ボックスを使用します。この検索ツールは正規表現に対応しています。検索ボックスに . と入力すると、すべてのパラメーターのリストが表示されます。

コンフィギュレーション ペイン

コンフィギュレーション セットはペインにまとめられており、各ペインにはそのカテゴリに関連するパラメーターが含まれています。特定のカテゴリのパラメーターを表示するには、ダイアログ ボックスの左側にあるツリーで関連するペインをクリックします。省略記号をダイアログ ボックスの下部方向にマウスオーバーし、[詳細設定パラメーター] をクリックすることで、各ペインの [詳細設定パラメーター] にアクセスできます。

各ペインに表示されるパラメーターの詳細については、以下を参照してください。

Simulink と連携する MathWorks® 製品の中には、追加パラメーターが定義されているものがあります。たとえば、Simulink Coder™ に関連するパラメーターはモデル コンフィギュレーション パラメーター: コード生成 (Simulink Coder)ペインにあります。システムにそのような製品がインストールされている場合、コンフィギュレーション セットには、関連するコンフィギュレーション パラメーターとペインも含まれています。

関連するトピック