Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

カバレッジ オプションの指定

カバレッジ解析を開始する前に、カバレッジ記録のオプションをいくつか指定します。[アプリ] タブで [カバレッジ アナライザー] を選択します。

[カバレッジ] ペイン

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ] ペインで、シミュレーション時に計算されるカバレッジのオプションを設定します。

カバレッジ解析を有効にする

指定したカバレッジ結果をシミュレーション時に収集してカバレッジをレポートします。[カバレッジ解析を有効にする] を選択すると、以下のセクションの設定が可能になります。

解析の範囲

ソフトウェアがカバレッジ データを収集してレポートを生成するシステムを指定します。次のオプションがあります。

解析の範囲を指定するには、[カバレッジ解析を有効にする] を選択しなければなりません。

システム全体

既定では、システム全体のカバレッジ データを生成します。カバレッジ結果には、最上位のサブシステムと、サポートされているすべてのサブシステムおよびモデル参照が含まれます。

参照モデル

カバレッジ解析は、選択した参照モデルのカバレッジを記録します。既定では、Model ブロックのシミュレーション モードが [ノーマル][ソフトウェアインザループ (SIL)][プロセッサインザループ (PIL)] のいずれかに設定されているすべての参照モデルのカバレッジ データが生成されます。

Simulink® Coverage™ ソフトウェアがカバレッジ データを記録する参照モデルを指定するには、次を行います。

  1. [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ] ペインで、[カバレッジ解析を有効にする] を選択します。

  2. [モデルを選択] をクリックします。

  3. [カバレッジ解析用のモデルを選択] ダイアログ ボックスで、カバレッジを記録する参照モデルを選択します。最上位モデルを選択することもできます。

    モデル名の横のアイコンは、その参照モデルのシミュレーション モードを表します。シミュレーション モードが [ノーマル][SIL][PIL] のいずれかに設定されている参照モデルしか選択できません。

    複数の Model ブロックが同じモデルを参照していて、それらのシミュレーション モードが同じである場合、そのモデルのチェック ボックスを選択すると、同じシミュレーション モードに設定されているすべてのインスタンスのチェック ボックスが選択されます。

  4. [カバレッジ解析対象のモデルを選択] ダイアログ ボックスを閉じ、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスに戻るには、[OK] をクリックします。

サブシステム

カバレッジ解析は、選択したサブシステムに関して、シミュレーション中にカバレッジを記録します。既定では、モデル全体のカバレッジ データを生成します。カバレッジ レポートの範囲を特定のサブシステムに限定するには、次の手順に従います。

  1. [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ] ペインで、[カバレッジ解析を有効にする] を選択します。

  2. [サブシステムの選択] をクリックします。

  3. [サブシステムの選択] ダイアログ ボックスで、カバレッジ レポートを有効にするサブシステムを選択し、[OK] をクリックします。

解析に含める

[解析に含める] セクションには次の 2 つのオプションが含まれています。

  • MATLAB ファイル: モデル内の MATLAB® 関数で呼び出された外部関数のカバレッジを有効にします。MATLAB Function ブロック内または Stateflow® チャート内で MATLAB 関数を定義できます。

    [MATLAB ファイルのカバレッジ] オプションを選択するには、[カバレッジ解析を有効にする] を選択しなければなりません。

  • [C/C++ S-Function]: モデル内の C/C++ S-Function ブロックのカバレッジを有効にします。S-Function ブロックおよびそれらのブロック内の C/C++ コードについて、カバレッジ メトリクスがレポートされます。詳細については、S-Function のカバレッジ レポートの生成を参照してください。

    [C/C++ S-Function] オプションを選択するには、[カバレッジ解析を有効にする] を選択しなければなりません。

カバレッジ メトリクス

このツールで実行する構造カバレッジ レベルとその他の種類のテスト ケース カバレッジ解析を選択します (モデル カバレッジの種類を参照)。Simulink Coverage ソフトウェアは、指定したサブシステム、モデル、参照モデルについて、選択したカバレッジの種類を収集してレポートします。

構造カバレッジ レベルは、テスト ケース カバレッジ解析の厳格さの順で表示されます。

[カバレッジ メトリクス] には、[その他のメトリクス] も含まれます。

カバレッジ メトリクスを選択するには、[カバレッジ解析を有効にする] を選択しなければなりません。

[結果] ペイン

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ][結果] ペインで、カバレッジの結果の保存先を選択します。[カバレッジ][結果] ペインのオプションを設定するには、[カバレッジ] ペインで [カバレッジ解析を有効にする] を選択しなければなりません。

結果エクスプローラーの表示

シミュレーション後に、結果エクスプローラーを表示します。

モデルのカラーリングを使用してカバレッジの結果を表示

シミュレーション後、カバレッジ レベルに応じてモデル オブジェクトに色を付けます。薄い緑色で強調表示されたオブジェクトは、テスト時にフル カバレッジの対象となったものです。薄い赤色で強調表示されたオブジェクトのカバレッジは完全ではありません。モデルのカバレッジ結果の表示を参照してください。

メモ

カバレッジが有効な状態で、ツール バー ボタンを使用してモデルをシミュレートする場合は、この設定は使用されず、カバレッジ結果のモデルのカラーリングが、各シミュレーションの後に常に表示されます。結果エクスプローラーの [カバレッジの結果によりモデルを強調表示] をクリックして、モデル カバレッジの強調表示を有効または無効にすることもできます。結果エクスプローラーには、Simulink Coverage のコンテキスト タブからアクセスできます。コンテキスト タブは、[モデルの検証とテスト] の下で [カバレッジ アナライザー] アプリを開いたときに表示されます。詳細については、結果エクスプローラーからカバレッジ データへのアクセスを参照してください。

解析後にレポートを自動生成する

モデルのシミュレーション終了時に、生成された HTML カバレッジ レポートを MATLAB ブラウザー ウィンドウで開くかどうかを指定します。

ワークスペース変数の最後の実行を保存

最後のシミュレーション実行の結果をワークスペース内の cvdata オブジェクトに保存します。ワークスペース変数名は [cvdata オブジェクト名] で指定します。

cvdata オブジェクト名

最後のシミュレーション実行の結果の保存先となるワークスペース変数の名前。cvdata オブジェクト名を指定するには、[ワークスペース変数の最後の実行を保存] を選択しなければなりません。

各シミュレーション (var1、var2、...) で変数名をインクリメントする

新しい結果が生成されるたびにワークスペース変数名に数値を追加し、以前の結果が上書きされないようにします。このオプションを有効にするには、[ワークスペース変数の最後の実行を保存] を選択しなければなりません。

データ ファイル名の自動保存

カバレッジ データ結果の保存先のファイル名。既定の名前は $ModelName$_cvdata です。$ModelName$ はモデルの名前です。

出力ディレクトリ

カバレッジ データの保存先のフォルダー。既定の場所は、現在のフォルダー内の slcov_output/$ModelName$ です。$ModelName$ はモデルの名前です。

関連するトピック