ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コンフィギュレーション参照を管理する

コンフィギュレーション参照を作成して連結する

使用するには、コンフィギュレーション参照独立型のコンフィギュレーション セットを指していなければなりません。コンフィギュレーション参照を作成する前に独立型のコンフィギュレーション セットを作成するには、コンフィギュレーション セットをベース ワークスペース内で作成するを参照してください。

コンフィギュレーション参照を作成するには、以下のようにします。

  1. モデル エクスプローラーの [モデルの階層構造] ペインでモデルを選択します。

  2. [追加][コンフィギュレーション参照] を選択するか、または [コンフィギュレーション参照の追加] ツール をクリックします。

  3. 右ペインで、ベース ワークスペース内のコンフィギュレーション セット オブジェクトの [Name] を参照先として指定します。

  4. 先にコンフィギュレーション セット オブジェクトを作成しないでコンフィギュレーション参照を作成するよう選択すると、コンフィギュレーション参照が見つからないという警告が示されます。この場合、関連付けられていないコンフィギュレーション参照が作成されます。詳細については、関連付けられていないコンフィギュレーション参照を参照してください。コンフィギュレーション参照を関連付けるの説明に従ってください。

  5. 新しいコンフィギュレーション参照が、選択されたモデルの [コンフィギュレーション] ノードの [コンテンツ] ペインに表示されます。新しい参照の既定の名前は Reference です。

コンフィギュレーション参照を関連付ける

関連付けられていないコンフィギュレーション参照とは、有効なコンフィギュレーション セット オブジェクトを指定していないコンフィギュレーション参照のことです。

コンフィギュレーション参照を関連付けるには、以下のようにします。

  1. [モデルの階層構造] ペインで、[コンフィギュレーション] ノードを選択します。[コンテンツ] ペインで、関連付けられていないコンフィギュレーション参照を選択します。

    [コンフィギュレーション参照] ダイアログ ボックスが [ダイアログ] ペインに表示されます。

  2. 参照するコンフィギュレーション セットとして、ベース ワークスペースまたはデータ ディクショナリに既にあるコンフィギュレーション セット オブジェクトを指定します。コンフィギュレーション セット オブジェクトが存在しない場合は、コンフィギュレーション セットをベース ワークスペース内で作成するを参照してください。

    ヒント

    コンフィギュレーション参照の名前を指定できます。ただし、この深さを超えるコンフィギュレーション参照の入れ子は、エラーとなります。

  3. [OK] または [適用] をクリックします。警告アイコンが消えます。

コンフィギュレーション参照をアクティブにする

コンフィギュレーション参照を作成してモデルに連結したら、そのコンフィギュレーション参照をアクティブすることができます。

  • コンフィギュレーション参照のコンテキスト メニューから [アクティブにする] を選択します。

  • コマンド ラインの場合は、コンフィギュレーション参照を 2 番目の引数として指定し、setActiveConfigSet を実行します。

コンフィギュレーション参照がアクティブになると、[コンフィギュレーション参照] ダイアログ ボックスの [アクティブ] フィールドは yes に変わります。また、モデル エクスプローラーには、(Active) が付けられたリファレンス名も表示されます。

これで、アクティブな参照の独立型コンフィギュレーション セットから、モデルのコンフィギュレーション パラメーターを取得できるようになります。

参照モデル間のコンフィギュレーション参照の管理

モデルの階層構造内の複数の参照モデルの間でコンフィギュレーション参照を共有することができます。[コンフィギュレーション参照の伝播] ダイアログ ボックスを使用すると、最上位モデルのコンフィギュレーション参照を個々の参照モデルまたはモデルの階層構造内のすべての参照モデルに伝播することができます。このダイアログ ボックスは、以下の機能を提供します。

  • 最上位モデルの参照モデルのリスト。

  • 特定の参照モデルのみを伝播用に選択する機能。

  • 各参照モデルの伝播後に変換されたコンフィギュレーションのステータス。

  • 伝播後に変更されたパラメーターの表示。

  • コンフィギュレーション参照を元に戻し、参照モデルの前のコンフィギュレーション設定を復元する機能。

このダイアログ ボックスを開くには、モデル エクスプローラーの [モデルの階層構造] ペインで [コンフィギュレーション] ノードを選択します。[コンテンツ] ペインで、モデルのコンフィギュレーション参照を右クリックします。コンテキスト メニューから、[参照モデルへ伝播] を選択します。例については、参照モデル間でコンフィギュレーションを共有するを参照してください。

参照するコンフィギュレーション セットのパラメーター値を変更する

[コンフィギュレーション参照] ダイアログ ボックスで、参照コンフィギュレーション セットを開いて、パラメーター値を変更できます。スタンドアロンのコンフィギュレーション セットに変更を加えると、それを参照するコンフィギュレーション参照に影響します (これらの参照内でオーバーライドされるパラメーターを除く)。参照するコンフィギュレーション セットを取得するには、以下のようにします。

  1. Simulink® エディターのツール バーで [モデル コンフィギュレーション パラメーター] ボタン をクリックして、[コンフィギュレーション参照] ダイアログ ボックスを開きます。[コンフィギュレーション参照] ダイアログ ボックスに、参照するコンフィギュレーションの読み取り専用表示が表示されます。このダイアログ ボックスでは、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスで行う場合と同じ方法で、パラメーターの参照、検索およびパラメーターの状況依存のヘルプの取得を行うことができます。

  2. [コンフィギュレーション参照] ダイアログ ボックスの上部で [更新] アイコンの右側にあるドロップダウン リストを展開し、[参照するコンフィギュレーションを開きます] を選択します。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスが開きます。これで、コンフィギュレーション セットの場合と同じように、パラメーター値を変更して適用できます。

  3. [コンフィギュレーション参照] ダイアログ ボックスで適用された変更を確認するには、[更新] アイコンをクリックします。

コンフィギュレーション参照のパラメーター値の変更

スタンドアロンのコンフィギュレーションへのある参照で異なるパラメーター値が必要な場合、そのコンフィギュレーション参照のパラメーターをオーバーライドすることができます。パラメーターをオーバーライドすると、スタンドアロンのコンフィギュレーションを変更することなく参照の値を変更できます。オーバーライドされたパラメーターについては、参照コンフィギュレーション セットの値の代わりに、ローカルに割り当てた値が使用されます。たとえば、階層のモデルが、パラメーター [モデル参照][最上位モデルごとに可能なインスタンスの総数]Multiple に設定されているスタンドアロンのコンフィギュレーションを参照する場合があります。モデルを階層内で 1 回のみ参照する場合は、そのモデルのみのコンフィギュレーション参照のパラメーターをオーバーライドし、値を One に設定できます。そのモデルが複数回参照された場合は、Simulink によって違反が検出されます。

  1. Simulink エディターのツール バーで [モデル コンフィギュレーション パラメーター] ボタン をクリックして、[コンフィギュレーション参照] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. 変更するパラメーターを右クリックして、コンテキスト メニューから [オーバーライド] を選択します。これで、コンフィギュレーション セットの場合と同じように、パラメーター値を変更できます。左側のペインでは、各コンポーネントに含まれるオーバーライドされたパラメーターの数がコンポーネントごとに表示されます。

  3. [適用] をクリックして変更を維持するか、[キャンセル] をクリックしてパラメーターを参照された値に復元します。パラメーター値に対して行う変更は、パラメーターをオーバーライドおよび変更するコンフィギュレーション参照に対してのみ適用されます。参照コンフィギュレーション セットへのその他の参照には影響しません。

  4. オーバーライドされたパラメーターを参照コンフィギュレーション セットの値に復元するには、オーバーライドされたパラメーターを右クリックして、コンテキスト メニューから [元に戻す] を選択します。オーバーライドされたパラメーターは参照コンフィギュレーションの値にリセットされ、再度読み取り専用になります。

参照するコンフィギュレーション セットを保存する

コンフィギュレーション参照を使用してモデルのコンフィギュレーションを指定するモデルの場合は、モデルを閉じる前に、参照するコンフィギュレーション セットを MAT ファイルまたは MATLAB® スクリプトに保存しておく必要があります。

  1. モデル エクスプローラーを開いて、[モデルの階層構造] ペインで [Base Workspace] を選択します。

  2. [コンテンツ] ペインで、参照するコンフィギュレーション セット オブジェクトの名前を右クリックします。

  3. コンテキスト メニューから [エクスポート] を選択します。

  4. コンフィギュレーション セットを保存するためのファイル名を MAT ファイルまたは MATLAB スクリプトとして指定します。

ヒント

モデルを再び開いたときに、保存したコンフィギュレーション セットを読み込まなければなりません。そうしないと、コンフィギュレーション参照は関連付けられません。コンフィギュレーション セット オブジェクトを自動的に読み込むようにモデルを設定するには、カスタマイズされたモデルの動作のコールバックを参照してください。

保存した参照先コンフィギュレーション セットを読み込む

コンフィギュレーション参照を使用してモデルのコンフィギュレーションを指定するモデルの場合は、参照するコンフィギュレーション セットを MAT ファイルまたは MATLAB スクリプトからベース ワークスペースに読み込む必要があります。

  1. モデル エクスプローラーを開いて、[モデルの階層構造] ペインで [Base Workspace] を右クリックします。

  2. コンテキスト メニューの [インポート] を選択します。

  3. 保存したコンフィギュレーション セットのファイル名を指定して、[OK] を選択します。コンフィギュレーション セット オブジェクトがベース ワークスペースに表示されます。

ヒント

モデルを再び開いたときに、保存したコンフィギュレーション セットを読み込まなければなりません。そうしないと、コンフィギュレーション参照は関連付けられません。コンフィギュレーション セット オブジェクトを自動的に読み込むようにモデルを設定するには、カスタマイズされたモデルの動作のコールバックを参照してください。

関連する例

詳細