ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コンフィギュレーション セットを管理する

コンフィギュレーション セットをモデル内で作成する

  1. モデル エクスプローラーを開きます。

  2. [モデルの階層構造] ペインでモデル名を選択します。

  3. 新しいコンフィギュレーション セットは次のいずれの方法でも作成できます。

    • [追加] メニューの [コンフィギュレーション] を選択します。

    • ツール バーの [コンフィギュレーションの追加] ボタン をクリックします。

    • モデルのノードの下で [コンフィギュレーション] ノードを選択します。[コンテンツ] ペインで、既存のコンフィギュレーション セットを右クリックして、コンフィギュレーション セットをコピーして貼り付けます。

コンフィギュレーション セットをベース ワークスペース内で作成する

  1. モデル エクスプローラーを開きます。

  2. [モデルの階層構造] ペインで [Base Workspace] を選択します。

  3. 新しいコンフィギュレーション セット オブジェクトは次の方法で作成できます。

    • [追加] メニューの [コンフィギュレーション] を選択します。

    • ツール バーの [コンフィギュレーションの追加] ボタン をクリックします。

  4. コンフィギュレーション セット オブジェクトが [コンテンツ] ペインに既定の名前 Configuration で表示されます。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスでコンフィギュレーション セットを開く

モデル エクスプローラーでコンフィギュレーション セットを開くには、コンフィギュレーション セットのノードを右クリックしてコンテキスト メニューを表示し、[開く] を選択します。アクティブかどうかにかかわらず、すべてのコンフィギュレーション セットで [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスが開きます。コンフィギュレーション セットのパラメーターの値を設定するには、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを使用します。

コンフィギュレーション セットがアクティブかどうかは、ダイアログ ボックスのタイトル バーに示されます。

メモ

コンフィギュレーション セットには独自の [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスがあります。コンフィギュレーション セットの状態を変更すると、ダイアログ ボックスのタイトル バーがそれを反映して変わります。

コンフィギュレーション セットをアクティブにする

モデルに関連付けられているコンフィギュレーション セットのうちアクティブなセットは常に 1 つだけです。アクティブ セットは、モデル パラメーターの現在の値を決定します。モデルの実行中を除いて、アクティブまたは非アクティブなセットはいつでも変更できます。したがって、テストや量産などの目的に応じてモデルをすばやく設定し直したり、標準のコンフィギュレーション設定を新しいモデルに適用したりできます。

コンフィギュレーション セットをアクティブにするには、コンフィギュレーション セットのノードを右クリックしてコンテキスト メニューを表示し、[アクティブにする] を選択します。

コンフィギュレーション セットをコピー、削除、移動する

モデル エクスプローラーの [モデルの階層構造] ペインに表示されるモデル間でコンフィギュレーション セットを削除、コピー、移動するには、[編集] またはコンテキスト メニューのコマンドか、オブジェクトのドラッグ アンド ドロップ操作を使用します。

たとえば、モデル間でコンフィギュレーション セットをコピーするには、次の手順に従います。

  1. [モデルの階層構造] ペインで、コンフィギュレーション セットを含むモデルのノードを展開して、その下の [コンフィギュレーション] ノードを選択します。

  2. [コンテンツ] ペインで、コピーするコンフィギュレーション セットを右クリックします。

  3. コンフィギュレーション セットのコンテキスト メニューで [コピー] を選択します。

  4. コピーの作成先モデルのノードを展開します。

  5. [コンフィギュレーション] ノードを右クリックして、コンテキスト メニューから [貼り付け] を選択します。

オブジェクトのドラッグ アンド ドロップを使用してコンフィギュレーション セットをコピーするには、マウスの右ボタンを押しながらコンフィギュレーション セットをコピーの作成先モデルの [コンフィギュレーション] ノードにドラッグします。

ドラッグ アンド ドロップを使用して、モデルからモデルにコンフィギュレーション セットを移動させるには、マウスの左ボタンを押しながらコンフィギュレーション セットを目的のモデルの [コンフィギュレーション] ノードまでドラッグします。

メモ:

モデルのアクティブなコンフィギュレーション セットは移動も削除もできません。

コンフィギュレーション セットを保存する

コンフィギュレーション セットは MATLAB® 関数またはスクリプトとして保存できます。MATLAB 関数またはスクリプトを使用すると、モデルのコンフィギュレーション セットを共有およびアーカイブできます。コンフィギュレーション セットの MATLAB 関数またはスクリプトを比較することで、各コンフィギュレーション セット内の設定を比較することもできます。

モデル エクスプローラーからアクティブまたは非アクティブなコンフィギュレーション セットを保存するには

  1. モデルを開きます。

  2. モデル エクスプローラーを開きます。

  3. コンフィギュレーション セットを保存します。

    1. [モデルの階層構造] ペインで、以下の操作を実行します。

      • モデルのノードを右クリックして、[コンフィギュレーション]、 [アクティブなコンフィギュレーション セットのエクスポート] を選択します。

      • モデルのノードの下の [コンフィギュレーション] ノードを選択します。[コンテンツ] ペインで、コンフィギュレーション セットを右クリックし、[エクスポート] を選択します。

    2. [コンフィギュレーション セットをファイルへエクスポート] ダイアログ ボックスで、ファイル名とファイルの種類を指定します。.m 拡張子を指定すると、コンフィギュレーション セット オブジェクトを作成する関数がファイルに含まれます。.mat 拡張子を指定すると、コンフィギュレーション セット オブジェクトがファイルに含まれます。

      メモ

      このファイル名にはモデル名と同じ名前を指定しないください。このファイル名がモデルと同じ名前になっていると、ソフトウェアがファイルを読み込むときに、どのファイルがコンフィギュレーション セット オブジェクトを含んでいるかを識別できません。

    3. [保存] をクリックします。Simulink® はコンフィギュレーション セットを保存します。

保存したコンフィギュレーション セットを読み込む

MATLAB 関数またはスクリプトとして保存したコンフィギュレーション セットは読み込むことができます。

モデル エクスプローラーからコンフィギュレーション セットを読み込むには

  1. モデルを開きます。

  2. モデル エクスプローラーを開きます。

  3. [モデルの階層構造] ペインで、モデルを右クリックして、[コンフィギュレーション][インポート] を選択します。

  4. [コンフィギュレーション セットをファイルからインポート] ダイアログ ボックスで、コンフィギュレーション セット オブジェクトを作成する関数を含む .m ファイルまたは、コンフィギュレーション セット オブジェクトを含む .mat ファイルを選択します。

  5. [開く] をクリックします。Simulink はコンフィギュレーション セットを読み込みます。

    メモ

    • 無効なカスタム ターゲットを含むコンフィギュレーション セット オブジェクトを読み込むと、システム ターゲット ファイル (Simulink Coder)パラメーターが [ert.tlc] に設定されます。

    • システムで使用できないコンポーネントを含むコンフィギュレーション セットを読み込むと、欠落しているコンポーネントのパラメーターが既定値にリセットされます。

  6. 必要に応じて、そのコンフィギュレーション セットをアクティブにします。詳細については、コンフィギュレーション セットをアクティブにするを参照してください。

コンフィギュレーション セットのコンポーネントをコピーする

関数 copyattachComponent を使用して、あるコンフィギュレーションから別のコンフィギュレーションにコンフィギュレーション セット コンポーネントをコピーできます。

  1. コピーするコンポーネントが含まれているコンフィギュレーション セットを取得します。

    cs1 = getConfigSet('model_name','config_set_1_name');
  2. コピーするコンフィギュレーション コンポーネントを取得します。

    cc1 = getComponent(cs1,'component_name');
  3. コンフィギュレーション コンポーネントをコピーします。

    cc2 = copy(cc1);
  4. 目的のコンフィギュレーション セットを取得します。

    cs2 = getConfigSet('model_name','config_set_2_name');
  5. コンポーネントのコピーを目的のコンフィギュレーション セットに追加します。

    attachComponent(cs2,cc2);

    メモ:

    コピーは、目的のコンフィギュレーション セット内の同名のコンポーネントを置き換えます。たとえば、コンフィギュレーション セット A の Solver コンポーネントをコピーし、コンフィギュレーション セット B に貼り付けると、B の既存の Solver コンポーネントが置き換えられます。

コンフィギュレーション セットの比較

関数 visdiff を使用して 2 つのコンフィギュレーション セットを視覚的に比較できます。この関数は比較ツールを開き、2 つのファイルの相違点を示します。あるいは、モデルのペアを選択して比較できます。Simulink モデルの比較を参照してください。

  1. モデルに対して最初のコンフィギュレーション セットを取得します。既定では、コンフィギュレーション セットの名前は Configuration です。

    cs = getConfigSet('model_name','config_set_1_name');
  2. コンフィギュレーション セットを MAT ファイルに保存します。

    save('configSet1.mat','cs');
  3. モデルに対して 2 番目のコンフィギュレーション セットを取得します。既定では、コンフィギュレーション セットの名前は Configuration です。

    cs = getConfigSet('model_name','config_set_2_name');
  4. 2 番目のコンフィギュレーション セットを MAT ファイルに保存します。

    save('configSet2.mat','cs');
  5. ファイルを比較します。

    visdiff('configSet1.mat','configSet2.mat');

比較ツールを使用して MAT ファイルを比較する方法の詳細については、MAT ファイルの比較とマージ (MATLAB)を参照してください。

関連する例

詳細