Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

モデル コンフィギュレーション パラメーター: モデル参照

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [モデル参照] ペインには、その他のモデルのインクルードを構成するためのパラメーターが含まれます。このパラメーターは Model ブロックで参照されます。

モデルの階層構造の最上位モデルについて [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを開くには、Simulink® ツールストリップで [モデル化] タブの [モデル設定] をクリックします。

現在の参照モデルについて [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを開くには、[モデル化] タブで [モデル設定] ボタンの矢印をクリックし、[参照モデル] セクションで [モデル設定] を選択します。

パラメーター説明

リビルド

このモデルからコードを更新、シミュレーション、生成する前に参照モデルに対するシミュレーションとコード生成ターゲットをリビルドするタイミングを決定するのに使用される方法を選択します。

リビルドの診断をしない

リビルドする必要があるモデル参照ターゲットが Simulink ソフトウェアで検出されたときに行う診断アクションを選択します。

並列モデルの参照ビルドを有効化

可能な場合にモデル参照階層の自動並列ビルドを使用するかどうかを指定します。

ビルドのための MATLAB ワーカーの初期化

並列ビルドで MATLAB® ワーカーを初期化する方法を指定します。

参照モデルの厳密なスケジューリング チェックを有効にする

このパラメーターは、参照モデルの以下のチェックを有効にします。

  • 参照されるエクスポート関数モデルでの Function-Call Subsystem のスケジューリング順序の一貫性

  • 参照されるエクスポート関数モデルまたは参照されるレートベース モデルの境界を越えたサンプル時間の一貫性

最上位モデルごとに可能なインスタンスの総数

別のモデルで発生できるこのモデルへの参照の数を指定します。

可変サイズの信号のサイズを伝播

可変サイズの信号の参照モデルへの伝播方法を選択します。

代数ループの発生の最小化

現在の参照モデルを含むモデルから、疑似代数ループの削除を試みます。

参照モデルの外のすべての信号のラベルを伝播

伝播信号の名前を Model ブロックの出力信号に渡します。

コード生成で固定サイズのスカラーのルート入力を値渡しで行う

このモデルを参照するモデルが、コード生成のためにそのスカラー入力をこのモデルに値で渡すかどうかを指定します。

モデルの依存関係

ユーザーが作成した依存関係を、[モデルの依存関係] パラメーターを使用して、既知のターゲット依存関係のセットに追加します。

並列プールの整合性チェックを実行

並列ビルドを開始する前に並列プールに対する整合性のチェックを実行するかどうかを指定します。

参照モデルにカスタム コードを含めるモデル参照アクセラレータのシミュレーション中には、Stateflow® または MATLAB Function ブロックとともにカスタム コードを使用します。

参考

関連するトピック