ドキュメンテーション

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

Bus Creator ブロックを使用したバスの作成

ヒント

サブシステムに接続する多くのバス要素で構成されるバス信号を含むモデルについては、In Bus Element ブロックと Out Bus Element ブロックを使用することを検討してください。詳細については、サブシステム バス インターフェイスの簡略化を参照してください。

バス信号の命名

Bus Creator ブロックは、作成したバス上の各信号に名前を付けます。これにより、信号源を検索するときや (バス内の信号の参照を参照)、他のブロックに接続する信号を選択するときに、信号を名前で参照できます。

信号の命名方法として次のいずれかを指定します。

  • バスはバスに接続された信号の名前が継承される (既定の設定)。

    Bus Creator ブロックへの入力には一意の名前が必要です。重複した名前が存在する場合、Bus Creator ブロックは端子インデックス番号をすべての入力信号名に追加します。

  • 信号名の先頭の文字に小なり記号 (<) は使用しないでください。

  • 入力に名前がない場合は、Bus Creator ブロックがバス信号の名前を生成します。名前は signaln という形式になります。n は入力信号が接続された端子の番号です。

  • 各入力信号に特定の名前を付ける。

  • バス出力のデータ型がバス オブジェクトの場合、バス オブジェクトの対応する要素の名前がバス信号名として使用されます。

信号名を変更するには、ブロック線図上で編集するか、[信号プロパティ] ダイアログ ボックスで編集します。Bus Creator の [ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスが開いている間に信号名を変更した場合、[更新] をクリックして新しい名前をダイアログ ボックスに表示します。

バス内の信号の参照

Bus Creator ブロックのパラメーター ダイアログ ボックスの [バス内信号] リストには、ブロックに入力された信号のリストが表示されます。バスを通して入力された信号も含め、ブロックに入力されたすべての信号を確認できます。信号の横の矢印は、信号自体がバスであることを示します。矢印をクリックすると、そのバスの内容を表示できます。

[入力数] パラメーターを修正した場合は、[更新] をクリックして信号のリストを更新します。入力信号の名前を編集した後、[更新] をクリックしてリストを更新します。

ブロックに入力された信号のソースを確認するには、[バス内信号] リスト内の信号を選択して、その横の [検索] ボタンをクリックします。Simulink® は必要に応じて、信号ソースを含んでいるサブシステムを開き、ソースのアイコンを強調表示します。

バス内の信号の再配列

バス内の信号を再配列するには、[上] または [下] などのボタンを使用します。

[バス内信号] リスト内の連続する複数の信号を選択して並べ替えまたは削除を行うことができます。バス内のリーフ信号を再配列することはできません。たとえば、バス信号 Bus1 はリスト内で上下に移動できますが、Bus1 のバス要素を再配列することはできません。

編集が完了したら [適用] をクリックします。

メモ

Bus Creator ブロック内の要素または要素の順序を変更したときに入力バスが非バーチャル バスである場合、Simulink はモデルのコンパイル時に不整合エラーを報告します。

出力データ型としてバス オブジェクトを使用

Bus Creator ブロックでは、バス出力のデータ型としてバス オブジェクトを使用できます。バス オブジェクトを使用すると、明示的な信号インターフェイスによる厳密なデータ型指定が可能になります。モデル参照の境界を超えるバス信号をモデル参照で使用する場合は、バス オブジェクトを使用しなければなりません。詳細については、バス オブジェクトを使用する状況を参照してください。

Bus Creator ブロックを使用して非バーチャル バスを作成するには、これらの設定を使用します。

  • [出力データ型] パラメーターでバス オブジェクトを指定します。

  • [非バーチャル バスとして出力] を選択します。

参考

ブロック

クラス

関連するトピック