Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink エディター

モデルの作成とモデル プロパティの設定

説明

Simulink® エディターではシステム モデルを作成して設定できます。

Simulink エディターは、モデルを作成するためのツールです。ベクトル グラフィックス エディターでブロック線図の作業を行う標準的な方法に加え、ブロックの追加や接続に便利なショートカットも用意されています。さらに、データのインポート、モデルのシミュレーション、モデルのパフォーマンスの解析など、技術的な処理に必要なツールも Simulink エディターから利用できます。

Simulink エディター を開く

  • モデルを作成します。MATLAB®[ホーム] タブで、[Simulink] をクリックしてモデル テンプレートを選択します。

    もしくは、ライブラリ ブラウザーを既に開いている場合は [新規モデル] ボタン New Model をクリックします。

  • 既存のモデルを開きます。最近利用したモデルを開くには、MATLAB の [ホーム] タブで、[Simulink] をクリックします。

    もしくは、開くモデルの名前がわかっている場合は MATLAB コマンド ウィンドウでその名前を vdp のように入力します。

ヒント

MATLAB セッションで最初に開くモデルは、後のモデルよりも開くのに時間がかかります。既定の設定では、MATLAB の起動時間を短縮して不要なシステム メモリの消費を回避するため、最初のモデルを開くまで MATLAB で Simulink は起動されません。

最初のモデルを開く時間を短縮するには、MATLAB の起動時に Simulink も起動するように設定します。モデルまたはライブラリ ブラウザーを開かずに Simulink を起動する方法の詳細については、start_simulink のリファレンス ページを参照してください。

すべて展開する

Simulink エディターでモデルを作成するときは、一般的な手法でグラフィックス オブジェクトを操作できます。

Simulink エディターで実行できるアクションは次のとおりです。

  • クリック、Shift キーを押しながらクリック、およびドラッグによる選択

  • オブジェクトのサイズ変更 (ハンドルを使用) とオブジェクトの移動 (ドラッグ)

  • 切り取り、コピー、貼り付け

  • 最大 101 件の操作を元に戻す/やり直し

    メモ

    ブロック パラメーターの変更を元に戻すかやり直すと、視覚的なキューが表示され、影響を受けるパラメーターの現在の値を示します。一部のパラメーターの変更は、元に戻すコマンドまたはやり直しコマンドの影響を受けません。ブロック パラメーターへの変更を元に戻すかやり直したら、キューを使用して影響を受けるパラメーターを確認します。

    ごく一部のパラメーターは元に戻すことができません。これらのパラメーターを変更すると、プロパティ インスペクターまたはブロック ダイアログ ボックスで変更を行うときに、「元に戻す」の履歴が消去されます。

編集領域をズームおよびスクロールすることもできます。[モデル化] タブで [環境][ズーム] を選択し、使用するズームまたはビューを選択します。サポートされているタッチ ディスプレイ プラットフォームを使用している場合は、ピンチ操作によるズームやスワイプによるスクロールが可能です。サポートされているタッチ ディスプレイ デバイスには、Windows® 7 または Windows 8 認定のタッチ ディスプレイを備えた Microsoft® Windows プラットフォームや、Apple Magic Trackpad を備えた Macintosh プラットフォームなどがあります。

このエディターでは、それらに加えて、Simulink 独自のスクロール操作用のショートカットもサポートされています。対話型のモデル作成に使用するショートカットなどの操作については、Simulink でのモデル化用のキーボード ショートカットとマウス操作にまとめてあります。チュートリアルについては、モデルの対話的な作成と編集を参照してください。

Simulink エディターは一部のモデル設計の問題を視覚的に伝えることができます。強調表示されたブロックによって問題を知らせます。問題の説明を表示するには、強調表示されたブロックの上で一時停止してエラーまたは警告記号をクリックします。

Edit time error

診断ビューアーと同じように、エラーまたは警告の修正法が事前定義されている場合は、通知ダイアログ ボックスにアクションがリストされ、これらの変更を適用するための [修正] ボタンが含まれる場合があります。

Simulink は次のようなブロックのエラーおよび警告を検出できます。

  • Goto ブロックと From ブロックの不一致。

  • データ ストア ブロックの重複。[データ ストア名の重複] パラメーターの値によって、警告またはエラー記号を表示するかどうかが決まります。

[エラーと警告] オプションは既定で有効になっています。このオプションをオフにするには、[デバッグ] タブで [診断][編集時のエラーと警告] を選択します。

モデル ブラウザーを使用して、ツリー構造を用いたモデルの階層構造を移動します。ブラウザーを使用すると、モデルの編成を把握したり、システム内に存在するシステムを調べることができます。

モデル ブラウザーを表示するには、Simulink エディターの [モデル化] タブで [環境][モデル ブラウザー] を選択します。モデル ブラウザーの表示は、[モデル ブラウザーの非表示/表示] コントロール Hide/Show Model Browser をクリックして切り替えることができます。

Model Browser

モデル ブラウザーで、ライブラリまたはマスク サブシステムにリンクされているブロックを表示するかどうかを指定できます。Model Browser icon をクリックして、[ライブラリ リンク] または [マスク パラメーターがあるシステム] を選択します。これらのタイプのブロックの詳細については、リンク付きブロックマスクの基礎を参照してください。

モデルを作成する際に、モデル要素のパラメーターとプロパティを設定できます。たとえば、ブロックがどのように機能するかに影響するブロックのパラメーターとプロパティを設定できます。Stateflow® チャート、信号線、注釈などの視覚要素およびモデルのプロパティも設定できます。

ワークフローや目的に基づいて、次を使用してパラメーターとプロパティを設定します。

  • プロパティ インスペクター。現在の選択に基づいて作業および更新を行う間、エディターで開いたままになります。

  • ダイアログ ボックス。特定のブロックなどの要素に関連付けられています。

  • モデル データ エディターが開いたままになり、信号、状態およびアルゴリズム ブロックのパラメーター (ゲインやフィルター係数など) の情報をテーブル内に表示します。

パラメーターの値がブロック アイコン上に表示されているブロックについては、ブロックを選択し、値で一時停止して、値を直接編集することができます。詳細については、ブロック パラメーターの設定を参照してください。

関連する例

パラメーター

共通するユーザー ワークフロー タスクをサポートするために、[シミュレーション][デバッグ][モデル化][書式設定][アプリ] と呼ばれるタブに各タスクに対応する機能が提供されます。

[アプリ] タブに、Simulink 製品ファミリからのアプリケーションのギャラリーが提供されます。アプリは、新しいコンテキスト タブや別のウィンドウを開くか、コンフィギュレーション パラメーターへのショートカットである場合があります。

モデル コンポーネントを選択すると、役立つツールがコンテキスト タブに表示されます。たとえば、Subsystem ブロックを選択すると、[Subsystem ブロック] タブが表示されます。Stateflow チャートを選択すると、[ステート チャート] タブが表示されます。ブロックまたはチャートが選択されなくなると、コンテキスト タブは非表示になります。

クイック アクセス ツール バーには、保存、元に戻す、やり直しなどのよく使われるオプションが含まれます。

ギャラリーを開いた後、ボタンをお気に入りとしてマークできます。すぐにアクセスできるように、お気に入りのボタンはギャラリーの最上位に表示されます。

また、"コンテキスト メニュー" のコマンドも用意されています。コンテキスト メニューは、エディターのモデル要素や空白領域を右クリックすると表示されます。たとえば、ブロックを右クリックすると、クリップボード操作や配置操作など、ブロックの操作に関連するコマンドがメニューに表示されます。コンテキスト メニューでしか使用できないコマンドもあります。

[プロパティ インスペクター] ([モデル化] タブの [設計] の下) を開くと、[プロパティ インスペクター] ペインが開きます。プロパティ インスペクターは、既定の場所からドラッグしてエディターの別の場所にドッキングできます。プロパティ インスペクターのインターフェイスを折りたたむには、プッシュピンをクリックします。次の図はプロパティ インスペクターを表示するように選択されたブロックを示します。

Property Inspector

プロパティ インスペクターを使用すると、作業中にパラメーターとプロパティをすばやく設定できます。値は設定すると有効になります。ブロック パラメーターとプロパティの設定の詳細については、ブロックの追加とパラメーターの設定を参照してください。

メモ

別の方法として、[プロパティ] またはブロックの場合は [ブロック パラメーター] などの項目を右クリックして選択することにより、選択したモデル要素のダイアログ ボックスを開くこともできます。ブロックをダブルクリックすると、一般的にブロック ダイアログ ボックスが開きます (Subsystem ブロックおよび Model ブロックのいずれかのメニュー コマンドを使用します)。

プロパティ インスペクターとダイアログ ボックスは、選択された 1 つの要素に対して動作します。主な違いは、プロパティ インスペクターは選択するたびに更新されることと、ダイアログ ボックスには開いた要素のみについての設定が表示されることです。このことからダイアログ ボックスは次の場合に便利です。

  • モデルの階層構造の間を移動しているときに、モデルに移動して要素のパラメーターまたはプロパティの表示や設定を行う場合。

  • 類似した要素のパラメーターまたはプロパティを比較する場合。

  • ダイアログ ボックスにしか表示されない詳細設定の場合。

モデル データ エディター ([モデル化] タブで [モデル データ エディター] をクリック) を使用して、複数の信号、状態およびアルゴリズムのパラメーターを同時に設定します。データ型、初期値、物理単位などの特定のパラメーターとプロパティのみを設定できます。一度に 1 つのモデル要素について作業するには、プロパティ インスペクターを開きます。バッチ操作を実行するには、モデル データ エディターを開きます。

ブロックのプロパティとパラメーターの設定の詳細については、信号プロパティを参照してください。モデル データ エディターの使用については、モデル データ エディターを使用したデータ プロパティの設定を参照してください。

エディターの左側にあるパレットには、モデルの外観の変更とモデルの移動に使用できるコマンドのショートカットが表示されます。たとえば、パレットには注釈やその他の視覚的要素 (モデルのラベルを表示するボックス型の領域など) を追加するショートカットがあります。また、モデルの特定の部分をズームするためのズーム ボタンもあります。

エディター ウィンドウの左上隅にある [エクスプローラー バーの非表示/表示] ボタンに、モデルの階層構造のどこにいるかを示すバーが表示されます。

[モデル ブラウザーの非表示/表示] ボタンをクリックすると [モデル ブラウザー] ペインが表示されます。このペインを使用して、モデルの階層ビューを表示および移動できます。

右下隅にあるアイコンを使用するとモデルの追加のビューが開きます。これには、たとえば、モデル インターフェイスのトレースに役立つインターフェイス ビューなどがあります。コントロールをクリックするとそれらのビューが表示されます。

左下隅のバッジは、モデルにデータ ディクショナリなどの外部データ ソースがあるか、モデル ワークスペースにデータがあることを示しています。バッジをクリックし、メニューを使用してこれらのデータ ソースに移動します。

  • モデル エクスプローラーを [モデル ワークスペース] ノードが選択された状態で開くには、[モデル ワークスペース] リンクをクリックします。

  • モデル エクスプローラーをモデルの [外部データ] ノードが選択された状態で開くには、[外部データ] リンクをクリックします。

  • リンクされたデータ ディクショナリを追加または変更するには、ギア アイコンをクリックして [モデル プロパティ] ダイアログ ボックスの [外部データ] タブを開きます。

プログラムによる使用

すべて展開する

simulink は Simulink スタート ページを開きます。Simulink エディターを開くモデルまたはテンプレートを選択します。

R2006a より前に導入