Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

start_simulink

ウィンドウを開かずに Simulink を起動する

説明

start_simulink は、モデル、スタート ページ、Simulink® ライブラリ ブラウザーを開かずに Simulink を起動します。これをスタートアップ スクリプトで使用することで、MATLAB® デスクトップからフォーカスを移すその他のウィンドウを用いることなく Simulink を起動します。たとえば、-r コマンド ライン オプションを使用するか、プロジェクトのスタートアップ スクリプトで MATLAB を起動するときに、MATLAB startup.m ファイルで start_simulink を使用します。MATLAB セッションではじめてモデルを開く場合、start_simulink の実行後の方がより迅速に開くことができます。

Simulink のスタート ページを開いてモデルを作成または開く場合は、代わりに simulink 関数を使用します。

ライブラリ ブラウザーを開く場合は、slLibraryBrowser を使用します。

すべて折りたたむ

-r コマンド ライン オプションを使用することで、MATLAB の起動時にどのウィンドウも開くことなく Simulink を開始できます。

Windows® で、以下のターゲットをもつデスクトップ ショートカットを作成します。

matlabroot\bin\win64\matlab.exe -r start_simulink

Linux® および Mac の場合、次のように入力します。

matlab -r start_simulink
R2015b で導入