Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

slLibraryBrowser

Simulink ライブラリ ブラウザーを開く

説明

slLibraryBrowser は、Simulink® ライブラリ ブラウザーを開きます。

Simulink ブロック ライブラリを読み込む場合は、代わりに load_system simulink を使用します。

ウィンドウを開かずに Simulink を起動するには、より高速な start_simulink を代わりに使用します。

slLibraryBrowser('open') はライブラリ ブラウザーを開きます。

slLibraryBrowser('noshow') は、ライブラリ ブラウザーを表示せずにメモリに読み込みます。これは、slLibraryBrowser('open') の以降の呼び出しを高速にする場合に使用します。

libraryhandle = slLibraryBrowser は、ライブラリ ブラウザー オブジェクトのハンドルを返します。

slLibraryBrowser('close') は、ライブラリ ブラウザーを閉じます。

すべて折りたたむ

slLibraryBrowser
slLibraryBrowser('close')
libraryhandle = slLibraryBrowser('noshow')
R2016a で導入