Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

C/C++ コードを使用したアルゴリズムの実装

C/C++ コードを使用した新しいアルゴリズムの実装

開発したブロックを使用して C/C++ コードを Simulink® に実装します。以下の方法を使用してコードを実装できます。

  • C Caller ブロック — C 関数をインポートして C コードを Simulink に統合します。

  • C Function ブロック — Simulink モデルから外部 C コードを統合したり呼び出したりします。

  • S-Function — S-Function API と呼ばれる特殊な構文を使用して、Simulink エンジンと通信します。これらを使用して連続システム、離散システム、およびハイブリッド システムを作成できます。

  • S-Function Builder — 指定した仕様を使用してコードから S-Function を作成し、C/C++ コードを統合します。S-Function Builder はモデルで生成された S-Function のラッパーとしても機能します。

  • レガシ コード ツール — ルックアップ テーブル、一般関数およびインターフェイスなどの C/C++ 関数を Simulink モデルに統合します。

C Caller ブロックを使用して、状態のないモデルに C 関数を呼び出します。状態のない S-Function を作成するには、レガシ コード ツールを使用します。状態およびメソッドを扱う場合、S-function Builder または S-functions. を使用します。

注目の例