ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

レガシ コードの統合

デバイス ドライバーや外部シミュレーション コードなど、既存の C または C++ 関数の統合

レガシ コード ツールを使用してデバイス ドライバー、ルックアップ テーブル、一般関数やインターフェイスなどの既存の C (または C++) 関数を Simulink® モデルに統合します。レガシ コード ツールを使用して、コンパイルに必要な S-Function、ファイル、およびパスの名前と、生成された S-Function のオプションを指定します。

関数 legacy_code を使用して S-Function を生成し、生成した S-Function をコンパイルおよびリンクして、生成した S-Function を呼び出すマスクを作成します。

legacy_code を使用する前に、MATLAB® インストールで C コンパイラがセットアップされているか確認します。

関数

legacy_codeレガシ コード ツールの使用

トピック

Integrate C Functions Using Legacy Code Tool

Use the Legacy Code Tool to generate S-functions automatically from existing C code.

S-Functions Incorporate Legacy C Code

Incorporate legacy C code using a handwritten C MEX S-function, the S-Function Builder, and the Legacy Code Tool.

MATLAB Function ブロックを使用した C コードの統合

MATLAB Function ブロックを使用した外部 C コードの呼び出しと、列挙型とバスの typedef を制御する方法

注目の例