ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

C Caller ブロックを使用した外部 C コードの統合

C 関数をインポートしたシンプルな外部 C コードの Simulink® への統合

C Caller ブロックを使用して C コードを Simulink モデルに統合します。C Caller ブロックはソースの C コードを解決し、Simulink モデルで利用する関数を抽出します。C Caller ブロックは、動的状態や変数のないモデルのみサポートします。動的状態や変数をモデルに含めるには、C/C++ S-Function の実装を参照してください。

C Caller ブロックを使用してコードを生成すると、Target Language Compiler (TLC) ファイルを記述する必要がなくなります。

ブロック

C CallerSimulink で C コードを統合

トピック

C Caller ブロックを使用した C コードの統合

C Caller ブロックを使用した Simulink モデルへの C コードの統合

注目の例