ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

S-Function Builder を使用した C/C++ コードの実装

S-Function を自動的に作成することで、Simulink® ブロックに C/C++ コードを実装

S-Function Builder は、指定した仕様を使用して C/C++ コードを自動的に統合する Simulink ブロックです。S-Function Builder は、S-Function を使用するモデルで生成された S-Function のラッパーとしても機能します。

ブロック

S-Function BuilderC または C++ コードを統合して S-Function を作成する

トピック

Build S-Functions Automatically

Use the S-Function Builder to generate S-functions automatically from specifications that you supply.

S-Function Builder Dialog Box

Learn how to specify the attributes of an S-Function Builder block that is about to be built.

S-Function Examples

Create various types of S-functions and S-function features.

注目の例