このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの概要

モデルのアクティブな "コンフィギュレーション セット" の設定値を指定するには、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを使用します。使用するソルバーのタイプやインポート/エクスポート設定など、モデルの実行方法を決定する値は、コンフィギュレーション セット内のパラメーターによって決定されます。詳細については、コンフィギュレーション セットを参照してください。

ダイアログ ボックスを開くには、Simulink® エディターの [モデル化] タブで、[モデル設定] をクリックします。

特定のカテゴリのパラメーターを表示するには、ダイアログ ボックスの左側にある [選択] ツリーでそのカテゴリをクリックします。ダイアログ ボックスの上部にある [検索] ボックスは、すべてのパラメーターのキーワード検索を実行します。この検索ツールは正規表現に対応しています。検索ボックスに . と入力すると、すべてのパラメーターのリストが表示されます。

省略記号をダイアログ ボックスの下部方向にマウスオーバーし、[詳細設定パラメーター] をクリックすることで、各カテゴリの [詳細設定パラメーター] にアクセスできます。

パラメーター名を右クリックして [これはなに?] を選択すると、次の情報が表示されます。

  • パラメーターについての簡潔な説明。

  • スクリプト内で使用できるパラメーター名。

  • パラメーターの依存関係。

[これはなに?] ダイアログ ボックスで [詳細情報を表示] をクリックすると、パラメーターに関する完全なドキュメンテーションを確認できます。