ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

array2timetable

同種配列の timetable への変換

構文

TT = array2timetable(X,'RowTimes',rowTimes)
TT = array2timetable(X,'SampleRate',Fs)
TT = array2timetable(X,'TimeStep',dt)
TT = array2timetable(___,'StartTime',t0)
TT = array2timetable(___,'VariableNames',varNames)

説明

TT = array2timetable(X,'RowTimes',rowTimes) は、XrowTimes を timetable に変換します。XMN 列の配列で、rowTimes は datetime 値または duration 値の M1 列のベクトルです。X の各列は TT の 1 つの変数になります。rowTimes の時間値が timetable の行にラベル付けされます。TTMN 列の timetable です。

timetable の作成および使用の詳細については、timetableを参照してください。

TT = array2timetable(X,'SampleRate',Fs) は、サンプルレート Fs を使用して等間隔の行時間を計算します。Fs は 1 秒あたりのサンプル数 (Hz) を指定する正の数値スカラーです。最初の行時間はゼロ秒です。

TT = array2timetable(X,'TimeStep',dt) はタイム ステップ dt を使用して等間隔の行時間を計算します。dt は連続する行時間の間の時間の長さを指定する期間またはカレンダー期間の値です。最初の行時間はゼロ秒です。

TT = array2timetable(___,'StartTime',t0) は最初の行時間としてゼロ秒ではなく開始時間 t0 を指定します。この構文は、前述の 2 つの構文にある名前と値のペアの引数 'SampleRate' または 'TimeStep' のいずれかを使用して規則的な timetable を作成する場合に使用できます。

TT = array2timetable(___,'VariableNames',varNames) は出力 timetable の変数名を指定します。この構文では、前述の構文の入力引数のいずれかを使用できます。

すべて折りたたむ

配列を timetable に変換します。期間のベクトルを行時間として追加します。

X = rand(5,3);
Time = seconds(1:5);
TT = array2timetable(X,'RowTimes',Time)
TT=5×3 timetable
    Time       X1         X2         X3   
    _____    _______    _______    _______

    1 sec    0.81472    0.09754    0.15761
    2 sec    0.90579     0.2785    0.97059
    3 sec    0.12699    0.54688    0.95717
    4 sec    0.91338    0.95751    0.48538
    5 sec    0.63236    0.96489    0.80028

timetable のサイズを返します。TT には 5 行と 3 つの変数が含まれます。行時間のセットが 1 つのテーブル プロパティです。行時間は、テーブル変数に含まれません。

size(TT)
ans = 1×2

     5     3

サンプルレート 500 Hz を指定し、配列を timetable に変換します。

X = rand(5,3);
TT = array2timetable(X,'SampleRate',500)
TT=5×3 timetable
      Time         X1         X2         X3   
    _________    _______    _______    _______

    0 sec        0.81472    0.09754    0.15761
    0.002 sec    0.90579     0.2785    0.97059
    0.004 sec    0.12699    0.54688    0.95717
    0.006 sec    0.91338    0.95751    0.48538
    0.008 sec    0.63236    0.96489    0.80028

0.5 秒のタイム ステップを指定し、配列を timetable に変換します。

X = rand(5,3);
TT = array2timetable(X,'TimeStep',seconds(0.5))
TT=5×3 timetable
     Time        X1         X2         X3   
    _______    _______    _______    _______

    0 sec      0.81472    0.09754    0.15761
    0.5 sec    0.90579     0.2785    0.97059
    1 sec      0.12699    0.54688    0.95717
    1.5 sec    0.91338    0.95751    0.48538
    2 sec      0.63236    0.96489    0.80028

タイム ステップ 15 秒と開始時間 5 分を指定します。

X = rand(5,3);
TT = array2timetable(X,'TimeStep',seconds(15),'StartTime',minutes(5))
TT=5×3 timetable
      Time        X1         X2         X3   
    ________    _______    _______    _______

    5 min       0.81472    0.09754    0.15761
    5.25 min    0.90579     0.2785    0.97059
    5.5 min     0.12699    0.54688    0.95717
    5.75 min    0.91338    0.95751    0.48538
    6 min       0.63236    0.96489    0.80028

配列を timetable に変換します。行時間を datetime ベクトルとして指定します。timetable の変数名を指定します。

X = randi([70 90],5,3);
Time = datetime(2016,7,1:5);
varNames = {'Temp1','Temp2','Temp3'};
TT = array2timetable(X,'RowTimes',Time,'VariableNames',varNames)
TT=5×3 timetable
       Time        Temp1    Temp2    Temp3
    ___________    _____    _____    _____

    01-Jul-2016     87       72       73  
    02-Jul-2016     89       75       90  
    03-Jul-2016     72       81       90  
    04-Jul-2016     89       90       80  
    05-Jul-2016     83       90       86  

入力引数

すべて折りたたむ

入力行列。

データ型: double | single | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | char | string | categorical | datetime | duration | calendarDuration
複素数のサポート: あり

timetable の行に関連付けられた時間。datetime ベクトルまたは duration ベクトルとして指定します。各時間は、出力 timetable の行にラベルを付けます。rowTimes の時間値は、一意であったり、並べ替えられていたり、規則的な値である必要はありません。

サンプルレート。正の数値スカラーとして指定します。Fs は 1 秒あたりのサンプル数 (Hz) を指定します。

タイム ステップ。datetime スカラーまたは duration スカラーとして指定します。

データ型: datetime | duration | calendarDuration

開始時間。datetime スカラーまたは duration スカラーとして指定します。

  • t0 が datetime 値である場合、TT の行時間は datetime 値です。

  • t0 が duration である場合、行時間は duration です。

タイム ステップ dt がカレンダー期間の値である場合、t0 は datetime 値でなければなりません。

データ型: datetime | duration

出力 timetable の変数名。文字ベクトルの cell 配列または string 配列として指定します。varNames 内の名前の数は変数の数と等しくなければなりません。

出力引数

すべて折りたたむ

出力 timetable。timetable には、説明、変数の単位、変数名、行時間などのメタデータを保存できます。詳細については、timetable のプロパティの節を参照してください。

互換性についての考慮事項

すべて展開する

R2018b での開始は非推奨

拡張機能

R2016b で導入