ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

R2014b でのグラフィックスの変更点

旧リリースからコードを移行して Release 2014b で導入されたグラフィックス システムを使用

Release 2014b で導入された新しい MATLAB® グラフィックス システムは、改良されたインフラストラクチャ上に構築されており、以前のリリースのほとんどの機能をサポートしますが、いくつかの違いもあります。詳細は、R2014b でのグラフィックスの主な変更点を参照してください。

トピック

R2014b でのグラフィックスの主な変更点

R2014b からは、MATLAB グラフィックス システムは、新しいビジュアルの外観や新しいグラフィックス エンジンなど多くの強化機能をもつ改良されたインフラストラクチャ上に構築されており、グラフをカスタマイズするためのオプションが追加されました。

グラフィックス ハンドルが double からオブジェクトに変更

R2014b で導入されたグラフィックスの変更に対応するよう既存の MATLAB コードを変更します。

複数のリリースで機能するコードの作成

R2014b で導入されたグラフィックスの変更に対応するよう既存の MATLAB コードを変更します。

グラフィックスのシステム要件

MATLAB グラフィックスの一般的な機能の多くは、すべてのシステムでサポートされています。

トラブルシューティング

グラフィックス

プロットの各ラインの色が異なる理由

R2014b で導入されたグラフィックスの変更に対応するよう既存の MATLAB コードを変更します。

グラフのタイトルを小さくする方法

R2014b で導入されたグラフィックスの変更に対応するよう既存の MATLAB コードを変更します。

axis コマンドの使用時に軸の範囲が変化し続ける理由

R2014b で導入されたグラフィックスの変更に対応するよう既存の MATLAB コードを変更します。

グラフの一部が切り取られる理由

R2014b で導入されたグラフィックスの変更に対応するよう既存の MATLAB コードを変更します。

カラー バーと凡例が有効な Axes ハンドルではない理由

R2014b で導入されたグラフィックスの変更に対応するよう既存の MATLAB コードを変更します。

EraseMode プロパティを置き換える方法

R2014b で導入されたグラフィックスの変更に対応するよう既存の MATLAB コードを変更します。

一部のオブジェクトで Children プロパティが空である理由

R2014b で導入されたグラフィックスの変更に対応するよう既存の MATLAB コードを変更します。

Figure が同時に表示される理由

R2014b で導入されたグラフィックスの変更に対応するよう既存の MATLAB コードを変更します。

対数軸の指数値を取得する方法

R2014b で導入されたグラフィックスの変更に対応するよう既存の MATLAB コードを変更します。

目盛りラベル要素にアクセスするとエラー メッセージが返される理由

R2014b で導入されたグラフィックスの変更に対応するよう既存の MATLAB コードを変更します。

コールバックとアプリケーション データがコピーされない理由

R2014b で導入されたグラフィックス システムでのコールバックとアプリケーション データをもつオブジェクトのコピー。

オーバーロードされたグラフィックス関数の優先引数

MATLAB グラフィックス オブジェクトを最初の引数として受け入れるメソッドを定義するには、グラフィックス クラスとの関連でクラスの相対的優先順位を指定します。

低水準グラフィックス問題の解決

MATLAB では、システム上でグラフィックスを作成中に低水準問題が発生することがあります。

GUI 構築

一部のコンポーネントが欠けていたり、部分的に隠れたりしている理由

R2014b で導入されたグラフィックス システムで欠けている、または部分的に非表示となっている UI コンポーネントを修正します。

ResizeFcn の動作が変更された理由

R2014b で導入されたグラフィックス システムで ResizeFcn コールバック動作を復元します。

handle.listener がエラーを返す理由

R2014b で導入されたグラフィックス システムで機能するように、イベント リスナーを更新します。