ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

グラフィックス パフォーマンス

パフォーマンス改善のためのコードの最適化

関数

drawnowFigure を更新してコールバックを処理する
rendererinfoグラフィックス レンダラー情報
openglOpenGL レンダリングの制御

トピック

コードのボトルネックの検出

実行時間が最もかかる関数を特定するには、コード プロファイラーを使用します。

コード実行速度の影響要因

合計実行時間に寄与する 2 つの要因の影響を最小限に抑えることで、グラフィックス コードの実行速度を改善できます。

適切なオブジェクト作成方法

グラフィックス オブジェクトは、情報を格納し、特定イベントの発生をリッスンし、さらに存在する他のオブジェクトを変更して適応させることができる複雑な構造体です。

オブジェクトの再検索の回避

ハンドルを検索する場合、MATLAB® はオブジェクト階層を検索して一致するハンドルを検出しなければならず、時間がかかります。

画面更新

MATLAB グラフィックスは複数の実行スレッドを使用して実装されます。

プロパティの取得および設定

いくつかのプロパティは、他のプロパティの値と依存関係があります。

静的データの更新の回避

画面更新のたびにグラフィックス シーンを定義するデータの小さな部分しか変わらない場合は、変わるデータのみを更新することでパフォーマンスを改善できます。

低水準関数を使用した速度向上

グラフ化のパフォーマンスを最大化するには、低水準関数を使い、いくつかの自動機能を無効にします。

オブジェクトの効率的な変換

パフォーマンスを改善するには、グラフィックス ハードウェアがデータに変換を適用できることを利用します。

グラフィックスのシステム要件

MATLAB グラフィックスの一般的な機能の多くは、すべてのシステムでサポートされています。

低水準グラフィックス問題の解決

MATLAB では、システム上でグラフィックスを作成中に低水準問題が発生することがあります。