最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

iopzplot

LTI モデルの I/O 組に対する極-零点配置図をプロットしてプロット ハンドルを返す

構文

h = iopzplot(sys)
iopzplot(sys1,sys2,...)
iopzplot(AX,...)
iopzplot(..., plotoptions)

説明

h = iopzplot(sys) は、動的システム モデル sys の入力と出力の各ペアの極と零点を計算し、プロットします。極は x で、零点は o でプロットします。また、プロット ハンドル h を返します。getoptionssetoptions コマンドを使ってこのハンドルを使用し、プロットをカスタマイズすることができます。次のように入力すると

help pzoptions 

使用できるプロット オプションの一覧が得られます。プロットのプロパティを変更する方法の詳細については、プロットをカスタマイズする方法 (Control System Toolbox)を参照してください。

iopzplot(sys1,sys2,...) は、1 つのプロットに複数の動的システム モデル sys1,sys2,... の零点と極を表示します。ユーザーは、次のようにして各モデルに別の色を設定できます。

iopzplot(sys1,'r',sys2,'y',sys3,'g')

iopzplot(AX,...) は、ハンドル AX をもつ座標軸内にプロットします。

iopzplot(..., plotoptions) は、plotoptions で指定されたオプションをもつ極と零点をプロットします。次のように入力すると

help pzoptions 

詳細が得られます。

関数 sgrid または zgrid を使用すると、減衰比および固有振動数が一定のラインを s 平面または z 平面にプロットできます。

LTI モデルの配列 sys に対して、iopzplot は、配列の各モデルの極と零点を、同一の図上にプロットします。

すべて折りたたむ

2 つの入力、2 つの出力の動的システムの極/零点配置図を作成します。

sys = rss(3,2,2);
h = iopzplot(sys);

既定では、このプロットにより独自の軸上に各I/O ペアの極と零点が表示されます。プロット ハンドルを使用して、単一の軸上のすべての I/O を表示します。

setoptions(h,'IOGrouping','all')

入出力データから推定された、6 次の状態空間モデルの極と零点を表示します。プロット ハンドルを使用して、同定されたモデルの極と零点の位置の信頼区間を表示します。

load iddata1
sys = ssest(z1,6,ssestOptions('focus','simulation'));
h = iopzplot(sys);
showConfidence(h)

場所が 1-σ 信頼領域内で複素数零点の場所とオーバーラップする複素共役極が少なくとも 1 組あります。ここから冗長が示唆されます。このため、与えられたデータでは低い次元 (4 次) のモデルの方がロバスト性が高い可能性があります。

sys2 = ssest(z1,4,ssestOptions('focus','simulation'));
h = iopzplot(sys,sys2);
showConfidence(h)
legend('6th-order','4th-order')
axis([-20, 10 -30 30])

4 次モデル sys2 では、極-零点配置の変動性が小さくなります。

R2012a で導入