Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

モデルの設計および互換性に関するガイドライン

HDL 互換 Simulink モデルの作成、クロック バンドル生成、ネイティブ浮動小数点のベスト プラクティス

HDL モデリング ガイドラインは、HDL Coder™ でのコード生成用の Simulink® モデル、MATLAB Function ブロック、および Stateflow® チャートの作成に関する推奨ガイドラインです。モデルの設計と互換性に関するガイドラインには、基本的なブロックの使用方法、クロック信号とリセット信号、バスとベクトル、およびサブシステムと階層設計についてのガイドラインが含まれます。

トピック

ガイドラインと重大度レベルのリスト

基本的なモデルの設計と互換性に関するガイドライン (ガイドライン ID 1.1)

DUT サブシステムと階層的なモデル化に関するガイドライン (ガイドライン ID 1.2)

バスとベクトルに関するガイドライン (ガイドライン ID 1.3)

クロック バンドルとネイティブ浮動小数点に関するガイドライン (ガイドライン ID 1.4 - 1.5)