Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

HDL モデリング ガイドラインの重大度レベル

HDL コード生成の各モデリング ガイドラインには、準拠要件のレベルに応じて異なる重大度レベルが割り当てられています。次の表に、それぞれの重大度レベルの意味を示します。

重大度レベル

カテゴリ必須強く推奨推奨情報
定義必ず従わなければならないガイドライン。作成されたモデルはこれらのガイドラインに 100% 準拠していなければなりません。優れた方法であると認められるガイドライン。作成されたモデルはこれらのガイドラインに可能な限り準拠すべきですが、100% 準拠する必要はありません。重要ではないが、生成コードの改善やターゲット デバイスでのコードの最適化のために推奨されるガイドライン。 モデル化の推奨事項やベスト プラクティスについて紹介することを目的としたガイドライン。
影響これらのガイドラインに違反すると、コードを生成できず、ターゲット ハードウェアで設計を合成できません。これらのガイドラインに違反すると、結果の質が低下します。これらのガイドラインに違反すると、下流の合成ツールでの生成コードの効率や使いやすさに影響することがあります。なし

関連するトピック