Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデルの設定およびモデルの互換性のチェックのガイドライン

これらのガイドラインに従って、HDL コード生成と互換性のある Simulink® モデルを設定し、設計がコードを生成する準備ができていることを確認します。

各ガイドラインに準拠要件のレベルを示す重大度レベルが割り当てられています。詳細については、HDL モデリング ガイドラインの重大度レベルを参照してください。

ターゲット アプリケーションに基づく関数 hdlsetup のカスタマイズ

ガイドライン ID

1.1.5

重大度

強く推奨

説明

コード生成の前に、モデルを設定しなければなりません。モデルの設定には関数 hdlsetup を使用できます。関数 hdlsetup は、関数 set_param を使用して HDL コード生成用のモデルを設定します。この設定には、固定ステップ離散ソルバーの使用に関する設定やハードウェア タイプとして ASIC/FPGA を指定する設定などが含まれます。関数 hdlsetup でモデルに保存される設定を確認するには、次のコマンドを実行します。

edit hdlsetup.m

関数 hdlsetup でモデルに保存される設定には、ターゲット アプリケーションに適さない設定が含まれる場合もあります。そのような場合は、ターゲット アプリケーションに必要なコマンドだけを実行するように hdlsetup.m ファイルをカスタマイズできます。たとえば、コンフィギュレーション パラメーターの一部のソルバー設定を無効にし、代わりに端子のデータ型を表示するなどの特定のモデル パラメーターを有効にできます。

% following config parameters are disabled.
%     'Solver',                'fixedstepdiscrete', ...
%     'SaveTime',              'off', ...
%     'SaveOutput',            'off', ...
%     'DataTypeOverride',      'ForceOff',...

% Following model parameters are enabled.
set_param(model, 'ShowLineDimensions', 'on')
set_param(model, 'ShowPortDataTypes', 'on')
set_param(model, 'SampleTimeColors', 'on')
set_param(model, 'WideLines', 'on')

これらのコマンドで構成される、HDL コード生成に必要な HDL 固有の一部の設定を指定するカスタムの関数 hdlsetup を確認するには、ファイル myhdlsetup.m を開きます。

edit myhdlsetup.m

このカスタムの myhdlsetup ファイルでは、hdlset_param を使用して一部の HDL 固有のパラメーターもモデルに保存されます。

サブシステムの HDL 互換性のチェック

ガイドライン ID

1.1.6

重大度

強く推奨

説明

互換性チェッカーによって、指定されたシステムについて、互換性の問題 (サポートされていないブロックの使用や、無効なデータ型の使用など) のレポートが生成されます。

HDL 互換性のチェックを実行するには以下を行います。

  • UI で DUT サブシステムを右クリックし、[HDL コード][Check Subsystem for HDL compatibility] を選択します。

  • コマンド ラインで、関数 checkhdl を使用します。DUT Subsystem を選択し、次のコマンドを入力します。

    checkhdl(gcb)

モデルの HDL 互換性の確認も参照してください。

このコマンドを実行すると、HDL 互換性チェッカーによって、HDL コード生成チェック レポートが生成されます。このレポートは、ターゲット hdlsrc フォルダーに保存されます。レポートにエラーが表示されない場合、モデルが HDL コード生成と互換性があることを示します。

### Starting HDL Check.
### HDL Check Complete with 0 errors, warnings and messages.

メモ

checkhdl ですべての互換性の問題が検出されるとは限りません。HDL チェックがエラーや警告なしで完了した場合でも、HDL Coder™ でのコード生成時にエラーが生成されることがあります。

HDL Coder のモデル チェックの実行

ガイドライン ID

1.1.7

重大度

強く推奨

説明

DUT サブシステムが HDL コード生成と互換性があるかどうかを確認するには、HDL コード アドバイザーまたは [HDL Coder] の Simulink モデル アドバイザー チェックでチェックを実行します。

HDL コード アドバイザーを開くには、次を行います。

  • [アプリ] タブの UI から、[HDL Coder] を選択します。[HDL コード] タブが表示されます。DUT Subsystem を選択し、次に [HDL コード アドバイザー] をクリックします。

  • 解析する Subsystem のモデルのチェックを実行するには、Subsystem を右クリックし、コンテキスト メニューで [HDL コード][モデルの互換性チェック] を選択します。

  • コマンド ラインで関数 hdlmodelchecker を使用します。

    hdlmodelchecker(gcb)

このコマンドを実行すると、HDL コード アドバイザーが表示されます。

HDL コード アドバイザーのチェックは、必ずしもすべて実行する必要はありません。たとえば、モデルに single または double のデータ型が含まれていなければ、[ネイティブ浮動小数点のチェック] フォルダーのチェックを実行する必要はありません。各チェックの詳細を確認してモデルで実行するかどうかを判断するには、そのチェックを右クリックして [これはなに?] を選択してください。

参考

関数

モデリング ガイドライン

関連するトピック