Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

データと関数の構成

モデル データの要素と関数を、モデルに依存しないコード定義にマッピング

コードの標準とガイドラインに準拠し、生成されたコードを外部コードと統合して、メモリ要件に対応するために、モデル データ要素とエントリポイント関数の表現をコード生成用に構成します。モデル データ要素と関数を構成するには、それらを製品で事前定義されたコード定義または Embedded Coder ディクショナリで作成されたコード定義にマッピングします。データ要素の場合は、カスタム ストレージ クラス デザイナーでパッケージに作成されたコード定義にそれらをマッピングすることもできます。

概要については、モデル インターフェイス要素の C コード生成の構成を参照してください。

オブジェクト

coder.mapping.api.CodeMappingModel data and function interface configuration for C code generation

関数

すべて展開する

model_initializeSimulink モデルの初期化コードが含まれる、生成された C/C++ エントリポイント関数
model_resetSimulink モデルのリセット コードが含まれる、生成された C/C++ エントリポイント関数
model_stepSimulink モデルの各ステップの実行コードが含まれる、生成された C/C++ エントリポイント関数
model_terminateSimulink モデルの終了コードが含まれる、生成された C/C++ エントリポイント関数

コード マッピングの作成および検索

coder.mapping.api.getモデルのコード マッピングの取得
coder.mapping.utils.createCreate code mappings object for configuring data and function interface for C and C++ code generation
findGet model elements for the category of model code mappings

既定の構成

getDataDefaultGet default storage class or storage class property setting for model data category
getFunctionDefaultモデル関数カテゴリに対する既定の関数カスタマイズ テンプレートまたはメモリ セクションの取得
setDataDefaultSet default storage class and storage class property values for model data category
setFunctionDefaultモデル関数カテゴリの既定の関数カスタマイズ テンプレートとメモリ セクションを設定する

関数の構成

getFunctionGet code configuration from code mappings for model function
setFunctionSet code mapping information for model function

ルートレベルの Inport および Outport の構成

getInportGet code configuration from code mappings for root-level inport
getOutportGet code configuration from code mappings for root-level outport
setInportConfigure root-level inports for code generation
setOutportConfigure root-level outport for code generation

パラメーターの構成

getModelParameterGet code configuration from code mappings for model parameters
setModelParameterConfigure model parameter for code generation

信号、状態、およびデータ ストアの構成

addSignalAdd block output signal to model code mappings
getDataStoreGet code configuration from code mappings for local or shared local data store
getSignalGet code configuration from code mappings for block output signal
getStateGet code configuration from code mappings for block state
removeSignalブロックの出力信号をモデル コード マッピングから削除する
setDataStoreコード生成用のローカル データストアまたは共有ローカル データストアを設定する
setSignalコード生成用のブロック信号データを設定する
setStateコード生成用のブロック状態を設定する

ツール

コード マッピング エディターAssociate model elements with code definitions

トピック

構成の基礎

モデル インターフェイス要素の C コード生成の構成

生成された C コードのモデル データ要素および関数の表現を制御する。

Code Definition and Mapping Limitations and Considerations

Restrictions, constraints, and considerations that apply to code definitions and code mappings.

Configure Default C Code Generation for Categories of Data Elements and Functions

Apply default code generation configurations for categories of model data and functions across a model.

Manage Multiple Code Mappings for a Model

Design models that are platform-neutral and ready to deploy to different run-time environments.

Protect Global Data with const and volatile Type Qualifiers

Prevent data corruption and improve code safety by applying C type qualifiers const and volatile to global data in generated code.

Migration of Model Data Configurations to Code Mappings

How Simulink® migrates code definitions for models created before release R2020b to code mappings and related information to consider.

Migration of Memory Section and Shared Utility Settings from Configuration Parameters to Code Mappings

For models created before release R2018a, how Simulink migrates memory section and shared utility function configuration parameter settings to model code mappings.

C データの構成

Choose Data Configuration Approach

Make decisions about the design data used by your model based on your code generation requirements.

Configure Root-Level Inport Blocks for C Code Generation

Set the storage class and other relevant code generation properties for root-level Inport blocks.

Configure Root-Level Outport Blocks for C Code Generation

Set the storage class and other relevant code generation properties for root-level Outport blocks.

Configure Signal Data for C Code Generation

Set the storage class and other relevant code generation properties for signal data.

C コード生成のパラメーターの構成

パラメーターに対してストレージ クラスおよび関連するその他のコード生成プロパティを設定する。

Configure Block States for C Code Generation

Set the storage class and other relevant code generation properties for block states.

Configure Data Stores for C Code Generation

Set the storage class and other relevant code generation properties for data stores.

Choose Storage Class for Controlling Data Representation in Generated Code

Choose a storage class to apply to data elements in a model, such as signals, states, and block parameters.

Control Placement of Global Data Definitions and Declarations in Generated Files

Modularize the generated code and establish clear ownership of global data by controlling the file placement of each declaration and definition.

Finely Control Data Representation by Writing TLC Code for a Storage Class

For advanced control of data representation in the generated code, create custom storage classes by writing TLC code.

C 関数の構成

モデルのエントリポイント関数に対する C コード生成の構成

生成された C エントリポイント関数、構成オプション、それらとインターフェイスをとる方について学習する。

Control Data and Function Interface in Generated Code

Control how generated code exchanges data with a calling environment.

Configure Entry-Point Function Interfaces for Simulink Function and Function Caller Blocks

Customize entry-point function names and step function arguments for Simulink Function and Function Caller blocks.

非バーチャル サブシステムのモジュラー関数コードの生成

非バーチャル サブシステムのモジュラー関数コードを生成する。

Rapid Prototyping Model Functions

Generate rapid prototyping code.

C++ クラス インターフェイスの構成

Generate C++ Class Interface to Model or Subsystem Code

Generate a C++ class interface to code generated from a model or subsystem.

Generate Code for String Blocks by using the Standard C++ String Library

Generate C++ code for Simulink string blocks.

注目の例