Main Content

C データと関数インターフェイス

モデル データの要素と関数を、モデルに依存しないコード定義にマッピング

コードの標準とガイドラインに準拠し、生成されたコードを外部コードと統合して、メモリ要件に対応するために、モデル データ要素とエントリポイント関数の表現をコード生成用に構成します。モデル データ要素と関数を構成するには、それらを製品で事前定義されたコード定義または Embedded Coder ディクショナリで作成されたコード定義にマッピングします。データ要素の場合は、カスタム ストレージ クラス デザイナーでパッケージに作成されたコード定義にそれらをマッピングすることもできます。

概要については、モデル インターフェイス要素の C コード生成の構成を参照してください。

ツール

コード マッピング エディター – CAssociate model elements with code definitions

オブジェクト

coder.mapping.api.CodeMappingC コード生成用のモデル データおよび関数インターフェイスの構成
coder.mapping.api.CoderDictionarySimulink データ ディクショナリ内にある Embedded Coder ディクショナリの既定値のコード設定のクエリおよび指定

関数

すべて展開する

model_initializeSimulink モデルの初期化コードが含まれる、生成された C/C++ エントリポイント関数
model_resetSimulink モデルのリセット コードが含まれる、生成された C/C++ エントリポイント関数
model_stepSimulink モデルの各ステップの実行コードが含まれる、生成された C/C++ エントリポイント関数
model_terminateSimulink モデルの終了コードが含まれる、生成された C/C++ エントリポイント関数

コード マッピングの作成および検索

coder.mapping.api.getモデルのコード マッピングの取得
coder.mapping.utils.createCreate code mappings object for configuring data and function interface for C and C++ code generation
findGet model elements for the category of model code mappings

既定の構成

getDataDefaultGet default storage class or storage class property setting for model data category
getFunctionDefaultモデル関数カテゴリに対する既定の関数カスタマイズ テンプレートまたはメモリ セクションの取得
setDataDefaultSet default storage class and storage class property values for model data category
setFunctionDefaultモデル関数カテゴリの既定の関数カスタマイズ テンプレートとメモリ セクションを設定する

関数の構成

getFunctionモデル関数に対するコード マッピングからのコード構成の取得
setFunctionモデル関数のコード マッピング情報の設定

ルートレベルの Inport および Outport の構成

getInportGet code and calibration configuration from code mappings for root-level inport
getOutportGet code and calibration configuration from code mappings for root-level outport
getDeploymentTypeGet deployment type of model
setInportConfigure root-level inports for code and calibration file (a2l) generation
setOutportConfigure root-level outport for code and calibration file (a2l) generation
setDeploymentTypeSet deployment type of model

パラメーターの構成

getModelParameterGet code and calibration configuration from code mappings for model parameters
setModelParameterConfigure model parameter for code and calibration file (a2l) generation

信号、状態、およびデータ ストアの構成

addSignalAdd block output signal to model code mappings
getDataStoreGet code and calibration configuration from code mappings for local or shared local data store
getSignalGet code and calibration configuration from code mappings for block output signal
getStateGet code and calibration configuration from code mappings for block state
removeSignalブロックの出力信号をモデル コード マッピングから削除する
setDataStoreコード生成とキャリブレーション ファイル (a2l) 生成用のローカル データストアまたは共有ローカル データストアを設定する
setSignalコード生成とキャリブレーション ファイル (a2l) 生成用のブロック信号データを設定する
setStateコードとキャリブレーション ファイル (a2l) の生成用のブロック状態の設定

Coder ディクショナリの構成

setDataDefaultSet default code settings for data category
getDataDefaultGet default code settings for data category
setFunctionDefaultモデル関数カテゴリの既定の関数カスタマイズ テンプレートとメモリ セクションを設定する
getFunctionDefaultモデル関数カテゴリに対する既定の関数カスタマイズ テンプレートまたはメモリ セクションの取得

トピック

構成の基礎

C データの構成

C 関数の構成

データ アクセスと初期化