Main Content

coder.mapping.api.CodeMapping

C コード生成用のモデル データおよび関数インターフェイスの構成

R2020b 以降

    説明

    コード マッピング オブジェクトおよび関連する関数を使用すると、Simulink® モデルのデータおよび関数の C コード生成を構成できます。モデル データ要素について、コード マッピングは、データ要素をストレージ クラスとストレージ クラス プロパティから成る構成に関連付けます。関数について、コード マッピングは、エントリポイント関数を関数カスタマイズ テンプレートから成る構成に関連付けます。モデル全体のデータ要素および関数のカテゴリに対して既定の構成を指定することにより、C コード生成用にモデルを準備する作業を軽減します。データ要素または関数を個別に構成することにより、既定の構成をオーバーライドします。小規模なモデルでは、各データ要素および関数を個別に構成するよう選択できます。Embedded Coder ディクショナリと接続されているモデルでは、そのディクショナリに定義されているサービス インターフェイスにモデル要素をマッピングできます。

    作成

    Simulink エディターの [アプリ] タブから [Simulink Coder] アプリや [Embedded Coder] アプリなどのコード生成アプリを選択すると、コード マッピングがまだ存在しない場合は coder.mapping.api.CodeMapping オブジェクトが作成されます。コード マッピングは、モデルのアクティブなコンフィギュレーション セット オブジェクトに格納されているコードのカスタマイズ設定に基づいて作成されます。コンフィギュレーション セット オブジェクトでは、データと関数に対してメモリ セクションを指定できます。

    coder.mapping.api.CodeMapping オブジェクトをプログラムで作成するには、関数 coder.mapping.utils.create を呼び出します。マッピングは、アクティブなコンフィギュレーション セット オブジェクトに基づいて、または別のコンフィギュレーション セット オブジェクトのメモリ セクションと共有ユーティリティに関する既定の命名規則構成に基づいて作成します。

    オブジェクト関数

    addSignalブロックの出力信号をモデル コード マッピングに追加する
    coder.mapping.api.getモデルのコード マッピングの取得
    coder.mapping.utils.createCreate code mappings object for configuring data and function interface for C and C++ code generation
    findGet model elements for the category of model code mappings
    getDataDefaultGet default storage class or storage class property setting for model data category
    getDataStoreGet code and calibration configuration from code mappings for local or shared local data store
    getDataTransferGet code configuration from code mappings for signal representing data transfer
    getDeploymentTypeGet deployment type of model
    getFunctionモデル関数に対するコード マッピングからのコード構成の取得
    getFunctionDefaultモデル関数カテゴリに対する既定の関数カスタマイズ テンプレートまたはメモリ セクションの取得
    getInportGet code and calibration configuration from code mappings for root-level inport
    getModelParameterGet code and calibration configuration from code mappings for model parameters
    getOutportGet code and calibration configuration from code mappings for root-level outport
    getSignalGet code and calibration configuration from code mappings for block output signal
    getStateGet code and calibration configuration from code mappings for block state
    removeSignalブロックの出力信号をモデル コード マッピングから削除する
    setDataDefaultSet default storage class and storage class property values for model data category
    setDataStoreコード生成とキャリブレーション ファイル (a2l) 生成用のローカル データ ストアまたは共有ローカル データ ストアを設定する
    setDataTransferSet code configuration in code mappings for signal representing data transfer
    setDeploymentTypeSet deployment type of model
    setFunctionモデル関数のコード マッピング情報の設定
    setFunctionDefaultモデル関数カテゴリの既定の関数カスタマイズ テンプレートとメモリ セクションを設定する
    setInportコードとキャリブレーション ファイル (a2l) の生成用のルートレベルの Inport の構成
    setModelParameterコード生成とキャリブレーション ファイル (a2l) 生成用のモデル パラメーターを設定する
    setOutportConfigure root-level outport for code and calibration file (a2l) generation
    setSignalコード生成とキャリブレーション ファイル (a2l) 生成用のブロック信号データを設定する
    setStateコードとキャリブレーション ファイル (a2l) の生成用のブロック状態の設定

    すべて折りたたむ

    モデル myConfigModel に対して、モデル データおよび関数をコード生成用に構成するための環境を作成します。この関数を呼び出した後に、「オブジェクト関数」にリストされている他の関数の呼び出しを使用して、モデル インターフェイス要素のコード生成の特性を構成します。

    coder.mapping.utils.create('myConfigModel');
    

    バージョン履歴

    R2020b で導入

    すべて展開する