Main Content

このページの内容は最新ではありません。最新版の英語を参照するには、ここをクリックします。

addSignal

ブロックの出力信号をモデル コード マッピングに追加する

R2020b 以降

    説明

    addSignal(myCodeMappingObj,portHandle) は、ブロックの出力端子ハンドルによって指定された信号を指定されたモデル コード マッピングに追加します。

    この関数は、ルートレベルの Inport ブロックから発生する信号には適用されません。

    addSignal(myCodeMappingObj,portHandle,Name,Value) は、ブロックの出力端子ハンドルによって指定された信号をモデル コード マッピングに追加します。これにより、コード ジェネレーターが信号データの C コードを生成するために使用するストレージ クラスおよびストレージ クラス プロパティの値が設定されます。モデルに接続している Embedded Coder ディクショナリがサービス インターフェイス構成を定義している場合は、測定インターフェイスのプロパティも設定できます。

    すべて折りたたむ

    モデル myConfigModel で、モデル コード マッピングから、ルックアップ テーブル ブロック Table1D および Table2D の出力信号をモデル コード マッピングに追加します。関数 coder.mapping.api.get を呼び出してオブジェクト cm を作成した後で、ルックアップ テーブル ブロックの出力端子へのハンドルを取得します。addSignal への呼び出しで出力信号をコード マッピングに追加します。

    cm = coder.mapping.api.get('myConfigModel');
    lut1D_ports = get_param('myConfigModel/Table1D','PortHandles');
    lut2D_ports = get_param('myConfigModel/Table2D','PortHandles');
    lut1D_outPort = lut1D_ports.Outport;
    lut2D_outPort = lut2D_ports.Outport;
    addSignal(cm,[lut1D_outPort,lut2D_outPort]);
    

    モデル myConfigModel で、モデル コード マッピングから、ルックアップ テーブル ブロック Table1D および Table2D の出力信号をモデル コード マッピングに追加します。関数 coder.mapping.api.get を呼び出してオブジェクト cm を作成した後で、ルックアップ テーブル ブロックの出力端子へのハンドルを取得します。出力信号をコード マッピングに追加し、addSignal への呼び出しで信号のストレージ クラスを ExportedGlobal に追加します。

    cm = coder.mapping.api.get('myConfigModel');
    lut1D_ports = get_param('myConfigModel/Table1D','PortHandles');
    lut2D_ports = get_param('myConfigModel/Table2D','PortHandles');
    lut1D_outPort = lut1D_ports.Outport;
    lut2D_outPort = lut2D_ports.Outport;
    addSignal(cm,[lut1D_outPort,lut2D_outPort],'StorageClass','ExportedGlobal');
    

    入力引数

    すべて折りたたむ

    関数 coder.mapping.api.get の呼び出しによって返されるコード マッピング オブジェクト (モデル コード マッピング)。

    例: myCM

    コード マッピングに追加する信号。信号のソース ブロックの出力端子のハンドルとして指定します。複数の端子ハンドルを指定するには、配列を使用します。

    例: portHandle

    データ型: port_handle | array

    名前と値の引数

    例: 'StorageClass' 'ExportedGlobal'

    コンマ区切りされた Name,Value の引数ペアを指定します。ここで、Name は引数名、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,…,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を指定できます。名前と値のペアの引数の順序は重要ではありません。

    指定された信号用に設定するストレージ クラス。事前定義済みのストレージ クラスまたはモデルに関連付けられた Embedded Coder ディクショナリで定義されているストレージ クラスの名前。C コード生成のための信号データの構成を参照してください。

    生成されたコード内で信号データを表す変数の名前。

    データ型: char | string

    データ要素および外部コードによって読み取られるグローバル データの定義を含む C ソース ファイルのファイル名。ストレージ クラス ExportToFile および Volatile に適用されます。

    データ型: char | string

    データ要素が生成コードで呼び出す get 関数の名前。ストレージ クラス GetSet に適用されます。

    データ型: char | string

    データ要素および外部コードによって読み取られるグローバル データの宣言を含む C ヘッダー ファイルのファイル名。ストレージ クラス ExportToFileGetSetImportFromFile、および Volatile に適用されます。

    データ型: char | string

    同じモデルの階層構造の他のモデルで使用されるグローバル データを所有するモデルの名前。グローバル データ定義は、所有者モデル用に生成されたコードに含まれます。ストレージ クラス ExportToFile および Volatile に適用されます。

    データ型: char | string

    モデル コンフィギュレーション パラメーター [配列のレイアウト][行優先] に設定されている場合、生成されたコード内で多次元配列として表されるデータ要素の次元を保持するかどうかを示すフラグ。ストレージ クラス ExportToFileGetSetImportFromFileLocalizable、および Volatile に適用されます。

    データ型: logical

    データ要素が生成コードで呼び出す set 関数の名前。ストレージ クラス GetSet に適用されます。

    データ型: char | string

    コード ジェネレーターが生成されたコード内でデータ要素の構造体を識別するために使用する名前。ストレージ クラス Bitfield および Struct に適用されます。

    データ型: char | string

    Embedded Coder ディクショナリで定義されたストレージ クラス プロパティ。指定可能な値は、ストレージ クラスの定義に応じて異なります。

    Embedded Coder ディクショナリで定義されている測定サービス インターフェイスの名前を含む string または文字ベクトル。信号、状態、およびデータ ストアの測定サービス インターフェイスを構成することで、データを測定用に生成コードで保持できます。ディクショナリの既定値を使用するには、'Dictionary default' を指定します。状態のデータをコードで保持する必要がない場合は、'Not measured' を指定します。

    測定サービス インターフェイスを構成するには、サービス インターフェイス構成を定義する Embedded Coder ディクショナリがモデルに接続されていなければなりません。詳細については、Configure Measurement Service Interfaces for Signals, States, and Data Storesを参照してください。

    データ型: char | string

    バージョン履歴

    R2020b で導入