Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

C データと C 関数の構成

モデル データの要素と関数を、モデルに依存しないコード定義にマッピング

コードの標準とガイドラインに準拠し、生成されたコードを外部コードと統合して、メモリ要件に対応するために、モデル データ要素とエントリポイント関数の表現をコード生成用に構成します。モデル データ要素と関数を構成するには、それらを製品で事前定義されたコード定義または Embedded Coder ディクショナリで作成されたコード定義にマッピングします。データ要素の場合は、カスタム ストレージ クラス デザイナーでパッケージに作成されたコード定義にそれらをマッピングすることもできます。

概要については、モデル インターフェイス要素の C コード生成の構成を参照してください。

ツール

コード マッピング エディターAssociate model elements with code definitions

オブジェクト

coder.mapping.api.CodeMappingC コード生成用のモデル データおよび関数インターフェイスの構成
coder.mapping.api.CoderDictionaryQuery and set the code settings of dictionary defaults in an Embedded Coder dictionary within a Simulink data dictionary

関数

すべて展開する

model_initializeSimulink モデルの初期化コードが含まれる、生成された C/C++ エントリポイント関数
model_resetSimulink モデルのリセット コードが含まれる、生成された C/C++ エントリポイント関数
model_stepSimulink モデルの各ステップの実行コードが含まれる、生成された C/C++ エントリポイント関数
model_terminateSimulink モデルの終了コードが含まれる、生成された C/C++ エントリポイント関数

コード マッピングの作成および検索

coder.mapping.api.getモデルのコード マッピングの取得
coder.mapping.utils.createCreate code mappings object for configuring data and function interface for C and C++ code generation
findGet model elements for the category of model code mappings

既定の構成

getDataDefaultGet default storage class or storage class property setting for model data category
getFunctionDefaultモデル関数カテゴリに対する既定の関数カスタマイズ テンプレートまたはメモリ セクションの取得
setDataDefaultSet default storage class and storage class property values for model data category
setFunctionDefaultモデル関数カテゴリの既定の関数カスタマイズ テンプレートとメモリ セクションを設定する

関数の構成

getFunctionGet code configuration from code mappings for model function
setFunctionSet code mapping information for model function

ルートレベルの Inport および Outport の構成

getInportGet code and calibration configuration from code mappings for root-level inport
getOutportGet code and calibration configuration from code mappings for root-level outport
setInportConfigure root-level inports for code and calibration file (a2l) generation
setOutportConfigure root-level outport for code and calibration file (a2l) generation

パラメーターの構成

getModelParameterGet code and calibration configuration from code mappings for model parameters
setModelParameterConfigure model parameter for code and calibration file (a2l) generation

信号、状態、およびデータ ストアの構成

addSignalAdd block output signal to model code mappings
getDataStoreGet code and calibration configuration from code mappings for local or shared local data store
getSignalGet code and calibration configuration from code mappings for block output signal
getStateGet code and calibration configuration from code mappings for block state
removeSignalブロックの出力信号をモデル コード マッピングから削除する
setDataStoreコード生成用のローカル データストアまたは共有ローカル データストアを設定する
setSignalコード生成用のブロック信号データを設定する
setStateコード生成用のブロック状態を設定する

Coder ディクショナリの構成

setDataDefaultSet default code settings for data category
getDataDefaultGet default code settings for data category
setFunctionDefaultSet default function customization template and memory section for model functions category
getFunctionDefaultGet default function customization template or memory section for model functions category

トピック

構成の基礎

モデル インターフェイス要素の C コード生成の構成

生成された C コードのモデル データ要素および関数の表現を制御する。

Code Definition and Mapping Limitations and Considerations

Restrictions, constraints, and considerations that apply to code definitions and code mappings.

Configure Default C Code Generation for Categories of Data Elements and Functions

Apply default code generation configurations for categories of model data and functions across a model.

Manage Multiple Code Mappings for a Model

Design models that are platform-neutral and ready to deploy to different run-time environments.

型修飾子 const と volatile を使用したグローバル データの保護

生成コードのグローバル データに C 型修飾子 constvolatile を適用することによるデータの破損の防止とコードの安全性の向上。

Migration of Model Data Configurations to Code Mappings

How Simulink® migrates code definitions for models created before release R2020b to code mappings and related information to consider.

Migration of Memory Section and Shared Utility Settings from Configuration Parameters to Code Mappings

For models created before release R2018a, how Simulink migrates memory section and shared utility function configuration parameter settings to model code mappings.

C データの構成

Choose Data Configuration Approach

Make decisions about the design data used by your model based on your code generation requirements.

Configure Root-Level Inport Blocks for C Code Generation

Set the storage class and other relevant code generation properties for root-level Inport blocks.

Configure Root-Level Outport Blocks for C Code Generation

Set the storage class and other relevant code generation properties for root-level Outport blocks.

Configure Signal Data for C Code Generation

Set the storage class and other relevant code generation properties for signal data.

C コード生成のパラメーターの構成

パラメーターに対してストレージ クラスおよび関連するその他のコード生成プロパティを設定する。

C コード生成のためのブロックの状態の構成

ブロックの状態について、ストレージ クラスと他の関連するコード生成プロパティを構成します。

Configure Data Stores for C Code Generation

Set the storage class and other relevant code generation properties for data stores.

生成されたコードでのデータ表示を制御するストレージ クラスの選択

信号、状態、ブロック パラメーターなどのモデル内のデータ要素に適用するストレージ クラスを選択する。

Control Placement of Global Data Definitions and Declarations in Generated Files

Modularize the generated code and establish clear ownership of global data by controlling the file placement of each declaration and definition.

ストレージ クラスの TLC コードの記述によるデータ表現の詳細な制御

生成コードにおけるデータ表現の詳細な制御のために、TLC コードを記述してカスタム ストレージ クラスを作成する。

C 関数の構成

モデルのエントリポイント関数に対する C コード生成の構成

生成された C エントリポイント関数、構成オプション、それらとインターフェイスをとる方について学習する。

生成コードでのデータと関数インターフェイスの制御

生成されたコードが呼び出し環境とデータを交換する方法を制御します。

Configure Entry-Point Function Interfaces for Simulink Function and Function Caller Blocks

Customize entry-point function names and step function arguments for Simulink Function and Function Caller blocks.

非バーチャル サブシステムのモジュラー関数コードの生成

非バーチャル サブシステムのモジュラー関数コードを生成する。

ラピッド プロトタイピング モデル関数

ラピッド プロトタイピング コードを生成します。

注目の例