最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

bodeplot

追加のプロット カスタマイズ オプションを使用してボード周波数応答をプロットする

構文

h = bodeplot(sys)
bodeplot(sys)
bodeplot(sys1,sys2,...)
bodeplot(AX,...)
bodeplot(..., plotoptions)
bodeplot(sys,w)

説明

h = bodeplot(sys) は、動的システム モデル sys のボード線図のゲイン線図と位相線図をプロットし、プロット ハンドル h をプロットに返します。getoptionssetoptions コマンドを使ってプロットをカスタマイズするためにこのハンドルを使用することができます。

bodeplot(sys) はモデル sys のボード線図を描画します。周波数範囲と点数は自動的に選択されます。

bodeplot(sys1,sys2,...) は、複数のモデル sys1sys2、...のボード応答を 1 つのプロット上に描画します。各モデルに対して、色、ライン スタイル、およびマーカーを次のように設定することができます。

bodeplot(sys1,'r',sys2,'y--',sys3,'gx')

bodeplot(AX,...) は、ハンドル AX をもつ座標軸内にプロットします。

bodeplot(..., plotoptions) は、plotoptions で指定されたオプションでボード応答をプロットします。次のように入力すると

help bodeoptions 

使用できるプロット オプションの一覧が得られます。PhaseMatchingFreqPhaseMatchingValue の各オプションを使用する位相マッチングの例は、指定された周波数での位相の一致を参照してください。

bodeplot(sys,w) は、w によって指定される周波数のボード線図を描画します。w = {wmin,wmax} の場合、ボード線図は wmin から wmax までの周波数 (rad/TimeUnit 単位、TimeUnitsysTimeUnit プロパティで指定される、入力動的システムの時間単位) に対して描画されます。w が、ユーザーが rad/TimeUnit で指定した周波数のベクトル w である場合、その指定周波数に対するボード応答が描画されます。

対数間隔の周波数ベクトルを作成するためには、logspace を参照してください。

すべて折りたたむ

ボード線図を生成します。

sys = rss(5);
h = bodeplot(sys);

単位を Hz に変更して、位相プロットを抑制します。そのためには、プロット ハンドル h のプロパティを編集します。

setoptions(h,'FreqUnits','Hz','PhaseVisible','off');

setoptions を呼び出すと、プロットは自動的に更新されます。

動的システムのボード線図を作成します。

sys = tf(1,[1 1]); 
h = bodeplot(sys);

1 rad/s の位相を 750 度に固定します。そのためには、プロット プロパティを取得します。次に、位相が指定の周波数と一致するように、プロパティ PhaseMatchingFreq とプロパティ PhaseMatchingValue を変更します。

p = getoptions(h); 
p.PhaseMatching = 'on'; 
p.PhaseMatchingFreq = 1; 
p.PhaseMatchingValue = 750;

プロットを更新します。

setoptions(h,p);

最初のボード線図は、1 rad/s の周波数で -45 度の位相です。1 rad/s で位相が約 750 度になるように位相マッチング オプションを設定すると、2 番目のボード線図が出力されます。ただし、位相の取り得る値は -45 + N*360 であることに注意してください。ただし、N は整数なので、プロットは可能な位相の中で最も近い値、つまり 675 度 (計算式は 2*360 - 45 = 675) に設定されます。

次数 2 および 6 の同定された状態空間モデルの周波数応答を、その 2 σ の信頼領域と比較します。

load iddata1
sys1 = n4sid(z1, 2); 
sys2 = n4sid(z1, 6);

両方のモデルは、データを約 70% 近似します。しかし sys2 では、プロットに示されるように、周波数応答の不確かさが特にナイキスト周波数近くで高くなります。

w = linspace(8,10*pi,256);
h = bodeplot(sys1,sys2,w);
setoptions(h,'PhaseMatching','on','ConfidenceRegionNumberSD',2);

プロットを右クリックして [特性]、[信頼領域] を選択し、信頼領域の特性を有効化します。あるいは、showConfidence(h) と入力して信頼領域をプロットします。

入力/出力データから同定されたパラメトリック モデルの周波数応答を、同じデータを使用して同定されたノンパラメトリック モデルと比較します。データに基づいて、パラメトリック モデルとノンパラメトリック モデルを同定します。

load iddata2 z2;
w = linspace(0,10*pi,128);
sys_np = spa(z2,[],w);
sys_p = tfest(z2,2);

spatfest には System Identification Toolbox™ ソフトウェアが必要です。sys_np はノンパラメトリックと同定されたモデルです。sys_p はパラメトリックと同定されたモデルです。

両方のシステムを含むボード線図を作成します。

opt = bodeoptions;  
opt.PhaseMatching = 'on';
bodeplot(sys_np,sys_p,w,opt);

ヒント

単位などのプロットのプロパティを変更することができます。プロットのプロパティの変更方法の詳細は、プロットをカスタマイズする方法を参照してください。

R2006a より前に導入