Main Content

MATLAB Compiler SDK

MATLAB プログラムからのソフトウェア コンポーネントの作成

MATLAB® Compiler SDK™ では、MATLAB Compiler™ の機能が拡張され、MATLAB プログラムから C/C++ 共有ライブラリ、Microsoft® .NET アセンブリ、Java® クラス、Python® パッケージ、および Docker® コンテナーベースのマイクロサービスをビルドできます。これらのコンポーネントは、カスタム アプリケーションに統合した後、デスクトップ、Web およびエンタープライズ システムにデプロイできます。

MATLAB Compiler SDK には、アプリケーション コードと Excel® アドインを Web アプリケーションおよびエンタープライズ システムにデプロイする前に、それらをテストしてデバッグするための MATLAB Production Server™ の開発用バージョンが含まれています。

MATLAB Compiler SDK のソフトウェア コンポーネントを使用して作成されたアプリケーションは、MATLAB を必要としないユーザーと使用料なしで共有できます。これらのアプリケーションは、コンパイルされた MATLAB のアプリケーションまたはコンポーネントの実行を可能にする共有ライブラリ セットである MATLAB Runtime を使用します。

MATLAB Compiler SDK 入門

MATLAB Compiler SDK の基礎を学ぶ

MATLAB 関数のパッケージ化

他の言語でコーディングされたアプリケーション内で使用するために MATLAB 関数をパッケージ化する

C 共有ライブラリの統合

パッケージ化された MATLAB 関数を C アプリケーションに統合する

C++ 共有ライブラリの統合

パッケージ化された MATLAB 関数を C++ アプリケーションに統合する

.NET アセンブリの統合

コンパイルされた MATLAB 関数を .NET アプリケーションに統合する

Java パッケージの統合

コンパイルされた MATLAB 関数を Java アプリケーションに統合する

Python パッケージの統合

コンパイルされた MATLAB 関数を Python アプリケーションに統合する

COM コンポーネントの統合

COM コンポーネントをアプリケーションに統合する

MATLAB Production Server による企業でのデプロイ

MATLAB コードのサーバー上での実行と、各種クライアント アプリケーションを使用したアクセス

MATLAB Runtime

コンパイルされた MATLAB 関数を使用するアプリケーションの配布