Main Content

MATLAB Runtime

コンパイルされた MATLAB® 関数を使用するアプリケーションの配布

MATLAB Runtime (MCR) は、MATLAB のインストール バージョンがないシステム上でコンパイルされた MATLAB コードの実行を可能にする、共有ライブラリ、MATLAB コード、およびその他のファイルのスタンドアロン セットです。コンパイルされた MATLAB 関数を含むアプリケーションは、MATLAB Runtime ライブラリにアクセスする必要があります。

MATLAB Runtime を含むアプリケーション インストーラーを作成するには、インストーラーの作成に使用された MATLAB と、バージョンおよび更新レベルが両方一致する MATLAB Runtime インストーラーをダウンロードする必要があります。インストーラーなしでパッケージ化された MATLAB アプリケーションを配布するには、エンド ユーザーはアプリケーションのコンパイルに使用された MATLAB のバージョンが一致する (更新レベルは同じかそれ以降) MATLAB Runtime インストーラーをダウンロードする必要があります。詳細については、MATLAB Runtime のインストールと構成を参照してください。

関数

mcrinstaller現在のプラットフォームに対応する MATLAB Runtime インストーラーのバージョンと場所の情報を表示
mcrversionMATLAB のバージョンに対応する MATLAB Runtime のバージョン番号を返す

トピック

MATLAB Runtime

C/C++ 共有ライブラリ

.NET アセンブリ

Java パッケージ

Python パッケージ

COM コンポーネント

Parallel Computing Toolbox