最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB Compiler SDK 入門

MATLAB プログラムからのソフトウェア コンポーネントの作成

MATLAB® Compiler SDK™ では、MATLAB Compiler™ の機能が拡張され、MATLAB プログラムから C/C++ 共有ライブラリ、Microsoft® .NET アセンブリ、および Java® クラスを作成できます。これらのコンポーネントは、カスタム アプリケーションに統合した後、デスクトップ、Web およびエンタープライズ システムに配布できます。

MATLAB Compiler SDK には、アプリケーション コードと Excel® アドインを Web アプリケーションやエンタープライズ システムに配布する前に、それらをテストおよびデバッグするための MATLAB Production Server™ の開発用バージョンが含まれています。

MATLAB Compiler SDK からソフトウェア コンポーネントを使用して作成されたアプリケーションは、MATLAB を必要としないユーザーと使用料なしで共有できます。これらのアプリケーションは、コンパイルされた MATLAB アプリケーションか、またはコンポーネントの実行を可能にする共有ライブラリ セットである MATLAB Runtime を使用します。C および C++ ソース コードを MATLAB から生成するには、MATLAB Coder™ を使用します。

チュートリアル

アプリケーション配布について