最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

DQPSK 信号への RF 損失の追加

このモデルでは、差動直交位相シフト キーイング (DQPSK) によって変調された信号に RF 損失を適用します。RF 損失を実証および可視化するには、このモデルで適用されたレベルは過大であり、最新の無線の典型的なレベルを代表するものではありません。

ランダムな信号は DQPSK 変調されており、さまざまな RF 損失が信号に適用されます。モデルでは、RF Impairments ライブラリから損失ブロックを使用します。損失ブロックの後、信号は 2 つのパスに分岐します。1 つのパスは、復調の前に信号に DC ブロッキング、自動ゲイン制御 (AGC)、および I/Q 不均衡補正を適用します。信号は DQPSK 変調されているため、搬送波同期は必要ありません。2 番目のパスは、復調に直接進みます。復調後、両方の信号で誤り率の計算が行われます。コンスタレーションを解析するため、モデルには変調の後、補正の前、および補正の後にConstellation Diagramブロックが含まれています。

AGC を使用しない復調済み信号の誤り率は主に自由空間パス損失と I/Q 不均衡によって発生します。QPSK 変調は他の損失の影響を最小限に抑えます。

モデル例を開きその内容を調べる

モデル例 slex_rcvrimpairments_dqpsk を開きます。

After Modulation ダイアグラムは、きれいな基準 DQPSK 変調コンスタレーションを示しています。

送信された信号は、さまざまな RF 損失によって歪みが生じます。Before Correction ダイアグラムは、減衰および歪んだコンスタレーションを示しています。

補正パス上の信号は、DC BlockerAGC Block、およびI/Q Imbalance Compensatorブロックによって調整されます。After Correction ダイアグラムは、補正ブロック後の増幅および改善されたコンスタレーションを示します。

補正がある場合とない場合の信号の BER を表示します。

Error rate for corrected signal:   0.000
Error rate for uncorrected signal: 0.042

その他の調査

モデルを自分で実行するには、表示されているボタンを使用するか、MATLAB® コマンド プロンプトで open slex_rcvrimpairments_dqpsk と入力することによって例を開きます。RF 損失を調整し、モデルを再実行して、コンスタレーション ダイアグラムと誤り率の変化に注目します。復調の前にイコライザー段階を追加するためにモデルの変更を検討します。イコライズには、損失によって発生する歪みの一部を低減するための固有の機能があります。詳細は、イコライズを参照してください。